2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

至福の初夏デザート「ストリングス・パフェ」チョコレートとメロンの新フレーバーを5月より提供

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのプレスリリース

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(所在地:東京都港区港南)26階、カフェ&バー「リュトモス」では、2021年5月1日(土)から6月30日(水)まで、「ストリングス・パフェ」の初夏のフレーバー2種を提供いたします。弊ホテルの新エグゼクティブペストリーシェフ 長田 学が自身の初「ストリングス・パフェ」のフレーバーにセレクトしたのは、希少なエクアドル産アリバ種のカカオ豆とこの時期に旬を迎える国産メロン。長田の得意分野であるチョコレートの魅力を余すことなく引き出す、“チョコレート ORIGIN”と、メロンとシチリア産ピスタチオとの芳醇なマリアージュを完成させた“メローネ MELONE”をご用意。ふたつのパフェとドリンクがセットになった“デュオ・パフェ”も引き続き販売します。天井高27メートルの開放的なホテルの美空間にて優雅なパフェタイムをお過ごしください。

“チョコレート ORIGIN”

 

南米・エクアドルのみに生息する固有種である希少なアリバ種のカカオ豆に出合い、その魅力に引き込まれた長田は、自身のスペシャリテにもこのカカオ豆を使ったメニューを考案しています。今回、「ストリングス・パフェ」のフレーバーとしてもこのカカオ豆を使用し、フルーティーな酸味が広がるカカオパルプのピューレやカカオ豆本来の味が楽しめるカカオニブなど、チョコレートは果実であることを再発見できるような、カカオ豆をまるごと堪能できるパフェに仕上げました。ジャスミンのような甘い香りをもち、ナッツのような苦みもあるこのカカオ豆をチョコレートクリーム、ガナッシュ、ムース、パンナコッタ、ソルベで表現し、アクセントとして、ジャスミンのアイスクリームやローズのジュレをペアリング。希少なカカオの魅力を探求いただける、こだわりパフェの誕生です。

“メローネ MELONE”

高貴な香りと味わいが特長の国産メロンに、“ナッツの女王”と言われるピスタチオ(シチリア産)を使用した初夏らしいパフェの登場です。香り高いメロンやピスタチオの味わいやジューシーでとろけるような口当たりを最初から最後までご堪能いただけるように構成しました。ライトグリーンやオレンジ、ホワイトカラーの色鮮やかな層には、マスカルポーネクリームをはじめ、ライム&シャンパーニュのジュレやパンナコッタ、ホワイトチョコレートをコーティングしたクッキークランブルやローストピスタチオを組み合わせ、口どけや風味、食感、舌触りなど、細部に至るまで完成度を追求しました。美味しく熟したメロンを心ゆくまで味わえる贅沢な一品です。

 

食べ比べをされたい方のために、選べるドリンクが付いたパフェ・ラバーに人気の“デュオ・パフェ”セットも引き続き販売。昼下がりのティータイムだけでなく、ディナー後の“〆パフェ”としてもお楽しみいただける珠玉のラインアップでお届けします。

「ストリングス・パフェ」“チョコレート ORIGIN”、“メローネ MELONE” 概要

  • 期 間:2021年5月1日(土)~ 6月30日(水)
  • 場 所:カフェ&バー「リュトモス」(26階)
  • 時 間:11:30~21:30(L.O. 21:00)
  • 料 金:※すべての表示料金は消費税込みで、15%のサービス料を別途申し受けます。
    • “チョコレート ORIGIN”、“メローネ MELONE” 各3,080円、
    • “デュオ・パフェ”(パフェ2種とドリンクのセット)6,050円 
  • ご予約・お問い合わせ:公式サイト または 03-5783-1258(レストラン予約直通

※画像はイメージです。

エグゼクティブペストリーシェフ 長田 学(おさだ・がく)

高校卒業後、フランスへ渡り、辻製菓専門学校フランス エスコフィエ校を卒業、「サロン・デュ・ショコラ」で注目を浴びたフランスの有名ショコラティエ「プラリュ(Pralus)」にて研鑽を積む。帰国後、製菓学校講師を経て、1999年パークハイアット東京に入社。2006年からはスーシェフとして従事。2013年4月よりオリエンタルホテル 東京ベイのペストリーシェフに就任。ホテル内全てのペストリーを監修した。2021年3月よりストリングスホテル東京インターコンチネンタル エグゼクティブペストリーシェフとして、人気のアフタヌーンティーやストリングス・パフェ、ブッフェをはじめとするスイーツを考案。また、宴会場にて実施されるイベントや披露宴などで提供するデザートやウエディングケーキの制作・監修にも携わる。「内海会」、「チョコレートを主体にしたピエスモンテ部門」銅賞(2003年)をはじめ、入賞多数。1975年生まれ。東京都出身。

【安心してご来館いただくために】
今般の新型コロナウイルスによる感染症予防として、お客さまに安心してご利用いただけるよう、ご来館時の体温測定(検温)、マスクの着用、そしてご入館時の手指の消毒をお願いしております。発熱されているお客さま、また体調の優れないお客さまは、ご入館をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。体調が優れないと感じられた場合は、お近くのスタッフまでその旨お申し出ください。皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。感染症対策に関する詳細は以下公式サイトをご覧ください。
https://intercontinental-strings.jp/jp/clean-promise

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルについて
東京・品川駅港南口直結のラグジュアリーホテル。インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツのひとつとして、お客さまひとりひとりに合わせたきめ細かなサービスによる心のこもったおもてなしで、他にはない優雅で心地よいホテル体験をご提供します。圧巻の眺望を誇る203の客室、活気溢れる4つのレストランとカフェ&バー、最新鋭の設備を備える宴会施設など充実した施設を擁しています。2019年には大規模な改装工事を行い、同年9月に開設したクラブインターコンチネンタルラウンジをはじめ、12月オープンのダイニングデスティネーション「ザ・スコア・ダイニング」など、ホテル名である「ストリングス(”弦楽器”の意)」を随所に感じていただけるような、音を奏でる空間に生まれ変わりました。新たなホテルコンセプトは「Tokyo, personally orchestrated. 一人ひとりのゲストに奏でる、東京という音色」。洗練されたトラベラーたちが集い、都会の旋律に心地よく身をゆだねる場所として、多くのゲストをお迎えしています。ホテルの詳細・最新情報は公式サイト、そしてSNSにてご紹介しています。
公式サイト:https://intercontinental-strings.jp/jp
Instagram 公式アカウント:https://www.instagram.com/strings_ic/
Facebook 公式アカウント:https://www.facebook.com/STRINGSICTOKYO/
Twitter 公式アカウント:https://twitter.com/STRINGSICTOKYO

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。