2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

首都圏単品No.1(※)「ジャン 焼肉の生だれ」の誕生秘話ムービーが完成。精肉売場にある理由、『生だから』に込めた作り手のこだわり「ジャン」ブランドムービーを公開

モランボン株式会社のプレスリリース

 モランボン株式会社(本社:東京都府中市 代表取締役社長:全 峰 碩)は、精肉売場で販売している「ジャン 焼肉の生だれ」「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口」のブランドムービーを3月25日(木)より公開いたしますので、その概要をお知らせします。
※日経POS「焼き肉のたれ」「チルド焼き肉のたれ」分類 千人当たり金額(首都圏)2020年1-12月

 

 

 

 

<制作背景> 
おいしさの秘密は「生」
原点である焼肉屋の味わいを重んじ、「生だから要冷蔵。要冷蔵だから精肉売場にあること」を伝えたい。

 1979年発売以来、多くのお客様からご愛顧いただいております「ジャン 焼肉の生だれ」。2019年の発売40周年のリニューアル以降も好評の声をいただいており、「同 240g」は対象カテゴリーで首都圏単品№1商品となっています。(※日経POS「焼き肉のたれ」「チルド焼き肉のたれ」分類 千人当たり金額(首都圏)1-12月)
 また、コロナ禍で生活者を取り巻く環境は大きく変化すると共に、外食自粛の流れから家の中での食事が重要視され、昨今ではホットプレートでのおうち焼肉需要も増えてきております。(弊社調べ)
 そこで、本格的なおうち焼肉を楽しめる「ジャン 焼肉の生だれ」の特徴を分かりやすく伝えるため、「焼肉屋発の商品であること」や「生にこだわる理由」を改めて伝えるブランドムービーを制作しました。
スーパーのたれ売場ではなく精肉売場の冷蔵ケースに置かれているその理由、「手作りの味わい、そのままに。」という作り手の想いなど、1つの物語本を読み解くかのような作品が完成しました。

▼動画公開URL  「ジャン 焼肉の生だれ編」「ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口編」https://www.moranbong.co.jp/jang/yakiniku/detail/id=4603

<商品特徴>
■ジャン 焼肉の生だれ 80g / 240g / 400g
作りたての“生の旨み”を実感できる焼肉の生だれです。
・焼肉屋の手作りの味を再現すべく、厳選された薬味・香辛料や果実を生のままブレンドした『生ブレンド製法』を採用し、作りたての風味豊かな味わいを実現しました。
・焙煎ごま油の香りと、なしとりんごの果実、薬味のコクを重ねた、生の旨みとすっきりとしたあと味が特徴です。
・13種の厳選素材のみをブレンドしているので、 化学調味料・保存料と呼ばれる添加物は一切使用していません。

  ■ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口 240g
作りたての“生の旨み”を実感できる、辛口タイプの焼肉の生だれです。
・焼肉屋の手作りの味を再現すべく、厳選された薬味・香辛料や 果実、熟成発酵させた自家製コチュジャンを生のままブレンドした『生ブレンド製法』を採用し、作りたての風味豊かな味わいを実現しました。
・もち米、米麹をじっくり熟成させたコチュジャンと、果実、薬味のコクを重ねた、生の旨みとコクのある辛さが特徴です。
・厳選素材のみをブレンドしているので、化学調味料・保存料と呼ばれる添加物は一切使用していません。

<商品概要>

  • 商品名  ジャン 焼肉の生だれ
  • 内容量    80g・240g・400g
  • 入り数    80g/1ケース=10パック    240g・400g/1ケース=10本
  • 保存方法 10℃以下で保存
  • 賞味期間 90日
  • 参考小売価格(税抜)80g/180円   240g/450円  400g/570円

   

 

  • 商品名  ジャン 焼肉の生だれ 熟成コチュジャン辛口
  • 内容量    240g
  • 入り数    1ケース=10本
  • 保存方法 10℃以下で保存
  • 賞味期間 90日
  • 参考小売価格(税抜)450円
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。