予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

メディアに引っ張りだこの有名中華料理店「赤坂璃宮」が、宮城県気仙沼市の返礼品として「ふるなび」で寄附受付を開始。

株式会社アイモバイルのプレスリリース

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場)が運営するふるさと納税サイト「ふるなび」( https://furunavi.jp/ )で、地域の特産品をPRすることを目的として、都内近郊の有名飲食店で調理した特産品を楽しむことのできる、飲食体験型返礼品の寄附受付を、新たに赤坂・銀座で大人気の中華料理店「赤坂璃宮」で開始いたしました。
宮城県気仙沼市のフカヒレをふんだんに使用した限定コース料理をお楽しみいただけます。

■ふるさと納税サイト「ふるなび」飲食体験型返礼品の概要
https://furunavi.jp/c/feature_restaurant

飲食体験型返礼品は、地域の魅力ある特産品をPRすることを目的として、飲食店舗で調理された地域の特産品を楽しめる”体験型ふるさと納税”となっております。
また、実施店舗は地域のPRを行う事業者として各自治体から公認されており、特産品を店舗で振る舞うことで、地域の応援を行っております。
ふるなびでは、この飲食体験型返礼品を通じて、地域の特産品の魅力をより知っていただくとともに、コロナ禍で疲弊した地域の事業者、さらには都内の飲食店舗を支援する取り組みとして、推進しております。

■新たに掲載を開始した店舗

  • 宮城県気仙沼市(けせんぬまし)

・宮城県気仙沼市×赤坂璃宮

気仙沼市の名産フカヒレを使用した料理 ※イメージ気仙沼市の名産フカヒレを使用した料理 ※イメージ

お店の外観お店の外観

お店の内観お店の内観

【“医食同源”をうたう広東料理の真髄を堪能】
テレビ出演や専門学校での講師など多方面で活躍する譚彦彬(タン ヒコアキ)氏がオーナーを務める『赤坂璃宮』。
四季折々の滋味溢れる日本の素晴らしい食材にフォーカスを当て、余計な調味料は使わず、スパイスや油をさりげなく控え、やさしく穏やかな味わいに仕上げております。
宮城県気仙沼市が誇るフカヒレを贅沢に使用した特別コースをお楽しみいただけます。
http://bit.ly/2Zj5oDC
 

譚シェフ譚シェフ

【赤坂璃宮の想い】
世界中の食材を繊細かつ大胆に使いこなし医食同源をうたう広東料理。
オーナーシェフの譚彦彬は1996年に赤坂璃宮がオープンして以来、地味豊かな日本の山海の幸を取り入れるとともに日本人の味覚に寄り添い、スパイスや油の使用を控えやさしく穏やかな味を演出しています。
広東料理の代表である中国産の特殊な食材も使用していますが、看板としている『フカヒレ』『叉焼』『海鮮料理』については国産ものにもこだわっています。
譚彦彬は以前より食材でお世話になっている各地域の方々に、何らかの形で貢献できないかと考えていましたので、今回の本企画に参画させていただきました。

【譚シェフプロフィール】
譚彦彬。1943年 横浜中華街生まれ。京王プラザホテル「南園」副料理長、ホテルエドモント「廣州」の料理長を経て、1996年9月より「広東名菜 赤坂璃宮」のオーナーシェフとなる。2004年10月「広東名菜 赤坂璃宮 銀座店」をオープン。広東料理、中国料理の域を超え、日本人の好みを知り尽くしている譚彦彬の美味な料理は、素材を厳選して、素材の味を最大限に引き出し、限りなく本場に近い広東料理にあくまでもこだわり、多くのファンを魅了している。

■ふるさと納税サイト「ふるなび」について( https://furunavi.jp/ )
「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2020年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を2年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年4月期_ブランドのイメージ調査

ふるさと納税業界では初となるふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/ )、あとからゆっくり寄附できるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」( https://furunavi.jp/catalog )ふるさと納税で旅行に行ける「ふるなびトラベル」( https://tp.furunavi.jp/ )、クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」( https://fcf.furunavi.jp/ )など寄附者へふるさと納税の認知啓蒙を目的としたふるさと納税関連サービスを多数展開しており、引き続き、ふるさと納税者及び契約自治体の、「ふるなび」サービス利用満足度の向上を目指してまいります。

また、ふるなびは現在、ふるさと納税を活用して、新型コロナウイルスの影響を受けている全国の自治体を支援する取り組みを行っております。

【アイモバイルについて】
アイモバイルは、『ひとの未来に貢献する”マーケティングを』というビジョンを実現するために、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」と、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
事業企画本部 自治体サービス事業部
TEL : 03-6674-5604
Mail: support@furunavi.jp

【地方を応援したい提携飲食店の募集について】
ふるなび飲食体験返礼品企画は地方を元気にするための取り組みとして実施しております。
本企画に賛同し、地方の特産品をふんだんに使用した特別コースをご提供いただける、飲食店を募集しています。
本企画にご興味をお持ちの飲食店舗様は、お気軽に以下の窓口までお問い合わせください。
※掲載条件や審査により、ご希望に添えない場合がございます。

ふるなび運営事務局 レストラン窓口
Mail: support_gourmet@furunavi.jp
営業時間: 10:00~18:30(土日祝日除く)

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。