2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

「掃除は誰の人生にも関係がある。だからこそ素晴らしい修行になる」僧侶・松本紹圭さんが思う掃除で心を整える方法

株式会社LUCY ALTER DESIGNのプレスリリース

シングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」は、お茶のサブスクリプション「TOKYO TEA JOURNAL」4月号で、掃除特集として僧侶・松本紹圭(まつもと・しょうけい)さんにインタビューしました。

新年度が始まる4月号の特集は「掃除」について。掃除には、仏道の修行に必要なもの全てが詰まっていると話す松本さん。それもそのはず、仏道の基本である「戒定慧(かいじょうえ)」の三学のうちのひとつ「戒」は、良き習慣を身につけるということなんだとか。

掃除は人間の生活に欠かせないもの、そして続けていかなければならないものですよね。掃除を生活のリズムに取り入れることの素晴らしさ、そこにまつわる松本さんの掃除に対する5つのポイントを紹介しています。
 

本誌では、朝の掃除前に仕込んで、掃除後に味わうお茶のレシピや、掃き清められた空間でゆっくり頂くレシピを提案。

思わず手に取りたくなる!愛すべき佇まいの「掃除道具」

特集では、掃除に関連して「掃除道具」の紹介ページも!長野県東御市御牧原の山の上に建つ人気の店「パンと日用品の店 わざわざ」さんがセレクトする掃除道具の中から、その一部をご紹介。
 

誌面では、素敵な掃除道具と一緒にどう保管するのがオススメか、嬉しいポイントもお知らせしています。

3月中のお申込みで「掃除号」が届く!

「TOKYO TEA JOURNAL」は、月額500円+送料で月替りのお茶2種類と、毎月テーマに沿った情報誌がポストに届く、紙と映像を横断する新しい食体験のサービスです。2021年4月号では、「掃除で心を整える」をテーマにお届けします。
煎茶堂東京オンライン「TOKYO TEA JOURNAL」ページよりお申し込みください。
https://shop.senchado.jp/pages/tokyoteajournal

 

僧侶/松本紹圭(まつもと・しょうけい)
1979年北海道生まれ。東京神谷町・光明寺僧侶。未来の住職塾塾長。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader。武蔵野大学客員准教授。東京大学文学部哲学科卒。インド商科大学院(ISB)でMBA 取得。お寺経営塾「未来の住職塾」など、既存の枠を越えて現代仏教の可能性を追求している。「Temple Morning」の情報はツイッター(@shoukeim)にて。note「方丈庵」も更新中。

TOKYO TEA JOURNALについて

「TOKYO TEA JOURNAL」は、月額500円(税込)※で月替りの茶葉2種類と、毎月テーマに沿った情報誌がポストに届く、紙と映像を横断する新しい食体験のサービスです。(※配送料300円(税込)が別途かかります)

内容物

  • シングルオリジン煎茶 4g×2袋
  • タブロイド情報誌 1冊

月替りのお茶を試せるだけでなく、情報や映像を一緒に楽しむことで、お茶を飲む時間そのものを豊かな体験にすることを目指しています。

過去号
VOL.23 天然の桜で染める
VOL.22 カカオはどこからやってくる?
VOL.21 落語で「人間」が好きになる
VOL.20 魅惑の、あんこ道
VOL.19 古くて新しい、津軽三味線の音
VOL.18 椎茸の底ヂカラ
VOL.17 自然への扉を開く
VOL.16 野点のススメ
VOL.15 ストーリーのある海苔を届ける
など

バックナンバーはこちらから
https://shop.senchado.jp/blogs/tea_life/ttj_backnumber

★毎月1日〜末日までのお申込みで、翌月にお届けいたします。(月に1回の定期便)
★商品はポストにお届けになります。
★気に入った商品は「15%OFF」でお得に購入いただけます。
★2ヶ月目以降について、お届けのスキップや退会をマイページより行うことができます。
※退会されますと、利用特典の適用はできません

煎茶堂東京について

2017年、銀座に創業したシングルオリジン煎茶専門店。日本初の「観て飲む」お茶の定期便(サブスクリプション)「TOKYO TEA JOURNAL」をリリースし、お茶を3メディア同時体験させるなどテクノロジーを用いた新しい日本茶を追求する。茶葉のパッケージデザインと割れない「透明急須」が2018年度グッドデザイン賞をダブル受賞。2020年に日本茶体験メニューを監修したJR東日本グループの「JAPAN RAIL CAFE」がオープン、JR九州の「36ぷらす3」の日本茶ワークショップ監修、九州7県の日本茶商品をコラボ販売。
https://shop.senchado.jp/

企画・商品デザイン: LUCY ALTER DESIGN
青柳智士と谷本幹人の2名のデザインユニット。2016年にコミュニティデザイン領域としてOffice & Remort Coffee Service「Garden」を開始。2017年に三軒茶屋に世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」、銀座にシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」をオープン。その年の「DSA空間デザイン賞」入選、「JCDデザインアワード」BEST100を受賞。2018年にデザインプロデュースとして静岡に焙煎温度別ティージェラートカフェ「MARUZEN Tea Roastery」、京都に梅体験専門店「蝶矢」をオープン。同年、自社でデザイン・開発を行った「透明急須」が「GOOD DESIGN AWARD 2018」「Red Dot Award:Product Design 2018」を受賞。
https://lucyalterdesign.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。