2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

【ふふ 熱海 「木の間の月」料理のお知らせ】 ふふ初の「鮨割烹 海の悠波(ゆうは)」がオープン シグニチャーメニューは貴重な「地金目」の中でも希少価値の高い“とろ金目”を使った鮨

カトープレジャーグループのプレスリリース

カトープレジャーグループ(東京本社/東京都千代田区・代表取締役兼CEO/加藤友康)は、ヒューリック株式会社との合弁会社であるヒューリックふふ株式会社が経営する「ふふ 熱海」の別邸「木の間の月」で提供する「鮨割烹 海の悠波(ゆうは)」についてお知らせいたします。

  • シグニチャーメニュー

- にぎり、炙り、お造り、潮汁で贅沢にいただく希少価値の高い「とろ金目」 -

伊豆半島などで獲れる“地金目”は、地元でも入手困難とされ高値が付きます。中でも伊豆稲取・下田、伊豆諸島で獲れた全体的に程よく脂がのっている1kg以上の地金目だけを『とろ金目』と呼び、希少価値のある高級魚と位置付けられています。うっすら桜色の身が特徴で、癖がなく上品な甘みがあり、まるで大トロのように口の中でとろけます。にぎりはもちろん、炭火の炙り、お造り、潮汁など、さまざまな調理法で贅沢にお召し上がりいただけます。
 

  • 五感で味わうふふの日本料理×熱海の地を贅沢に堪能する鮨

- シズル感の中で最高峰の味を堪能できる「鮨割烹 海の悠波(ゆうは)」 -

「ふふ 熱海」は2007年の開業以来、レストラン“夢音”で提供する日本料理や鉄板焼きの人気も高く、月替わりのコースを目的に多くのリピーターの方にお越しいただいています。河口湖、奈良、日光のふふでもそれぞれの地の食材を使ったお料理や演出でお愉しみいただいておりますが、「木の間の月」では、熱海の地ならではの鮮魚をより贅沢に味わっていただくため、ふふが誇る日本料理にシズル感を掛け合わせた「鮨割烹 海の悠波」を展開いたします。
最初の一品であるすっぽんのうまみを閉じ込めたスープが、次に続くお料理とお酒を期待させ、さらなる極みへと導きます。鮨と季節の料理を織り交ぜながらご提供する「海の悠波」のスタイルは、〆の潮汁に至るまで濃淡を愉しみながらこの地を感じていただける内容に仕上げます。ふふ熱海「木の間の月」でしか味わうことのできない鮨割烹を季節に合わせた料理人渾身のコースでご用意いたします。
 

  • 客席 

- 四季を愛でるプライベート空間 -

景色と共に食事をお愉しみながらプライベート性も高いカウンター席と個室景色と共に食事をお愉しみながらプライベート性も高いカウンター席と個室

すべての「ふふ」ではプライベート性を重視しており、レストランについても定評をいただいています。
10名掛けのカウンター席では、ハイバックチェアを用いることで、シズル感を愉しみつつもプライベート空間は保たれています。さらに4名様までに対応した2つのカウンター付の個室を設けております。
個室のカウンターにも専属の職人が担当し、お客様の目の前で鮨をにぎり、お料理をご提供いたします。
店内で印象的な一面のガラス窓から見える景色は、この地に長く根付く桜や新たに植樹した約20種類以上の花木が季節の移ろいを感じさせます。
カウンター板は、ヒノキ、イチョウ、クスノキを使用しており、その美しさは料理や器を引き立てます。
これらの木々は、熱海・来宮神社の天然記念物である樹齢2000年以上の大楠木や鎌倉時代に源頼朝と北条政子の恋の舞台となった伊豆山神社の大銀杏に由来しました。どちらもお客様から長く愛され良き縁が末永く続くことを願うという意味を込め採用しました。
 

  • ご滞在スタイルに合わせて選べる3つのレストラン

ふふ 熱海には、日本料理、鉄板焼き、そして木の間の月の「鮨割烹 海の悠波」の3つのレストランがあります。
どのレストランもプライバシーを保てるように配慮され、熱海の地だからこそ味わえる海鮮や季節の食材でおもてなしいたします。長期でご滞在の際には、3つのレストランからお選びいただくことができ、様々な滞在スタイルをお愉しみいただけます。

 

  • ソムリエ厳選のペアリングと共に

こだわりの有田焼の酒器やグラスにて、辛口ですっきりとした口当たりの地酒やソムリエが選ぶ話題のワインをペアリングでご提供いたします。また、月の満ち欠けで製造工程が決まる「ビオディナミ製法」を用いたオーガニックのワインもご用意し、木の間の月らしさを表現いたします。

■ふふ 熱海別邸「木の間の月」内レストラン「鮨割烹 海の悠波」概要
施設名   鮨割烹 海の悠波(すしかっぽう うみのゆうは)
席数    カウンター・・・8卓16席 / 個室・・・2卓8席
時間    8:00~10:00(最終受付) 夕食  18:00~20:30(最終受付)

 

  • 暮らすように過ごす客室

-全6室プライベートガーデンテラス付き滞在型・究極のラグジュアリーリゾート-

全6室の客室には、自家源泉の露天風呂、充実したバーコーナー、長期滞在に適した広いクローゼットを設け、暮らすようにお過ごしいただけます。中でも木の間の月を象徴するプライベートガーデンテラスは、暖炉のあるテラス、バーベキューを楽しめるテラス、ベッドルームから繋がるテラスなどお部屋によって異なり、直接植樹された約30種類にもなる花木により空の高さを感じさせ、上層階であることを忘れさせます。新緑の芽吹き、さらさらと流れる初川の音、キラキラと揺れる木々の葉、ふわりと吹く気持ちの良い風は「何もしない贅沢」な時間をさらに上質なものに仕上げます。

-月に由来する部屋の名前、月明かりをイメージさせる照明で木の間の月を満喫する-​
天空に輝く月の姿や形に魅せられた先人たちは、月夜の風情や季節に思いを馳せ、月に様々な名称をつけていました。木の間の月の客室も月の名称を付け、それぞれの月夜を思わせるような各部屋異なるトーンや設えでお客さまをお迎えいたします。月明りを彷彿させる照明の灯りに照らし出される花木の影で、月夜をより一層感じていただけます。
  ①ふふラグジュアリープレミアムスイート「天満月」  174.3㎡
  ②ふふラグジュアリープレミアムスイート「宵月」   146.2㎡
  ③プレミアムコーナースイート     「淡月」   112.6㎡
  ④プレシャススイート         「夕月」   93.5㎡
  ⑤プレシャススイート         「暁月」   89.0㎡
  ⑥プレシャススイート         「朗月」   91.3㎡

■ふふ 熱海別邸「木の間の月」概要
施設名     和 語:ふふ熱海 木の間の月
        英 語: FUFU ATAMI KONOMA NO TSUKI
        中国語:馥府熱海 木间之月
所在地     〒413-0016  静岡県熱海市水口町11-48
URL      https://www.atamifufu.jp/konomanotsuki/
予約TEL    0570-0117-22
客室      全6室 3タイプ  1室料金 ¥110,000~ ※1泊2食付
開業予定日   2021年4月20日
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。