2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

食品ロス削減アプリ「No Food Loss」JR東海グループに導入開始

株式会社エイチ・アイ・エスのプレスリリース

 株式会社エイチ・アイ・エスのグループ会社である みなとく株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:沖杉 大地 以下、みなとく)は、株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:中村 明彦)、ジェイアール東海フードサービス株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:小山 健)、株式会社ジェイアール東海ホテルズ(本社:愛知県名古屋市 代表 宮澤 勝己 以下、JR東海グループ3社)と連携し、みなとく が開発した食品ロス削減アプリ「No Food Loss」(以下、本アプリ)をJR東海グループが運営する一部店舗へ導入を開始し、4月1日(木)より店頭で販売する駅弁やパン、ケーキ等の食品ロス削減に取り組みます。

 小売店や飲食店では、廃棄が出ないよう仕入れ等を調整しているものの、当日の状況によっては一定の廃棄が発生してしまいます。本アプリは、このように、まだ食べられるのにやむなく店頭から下げられる「食品ロス」の情報を近くのユーザーに発信することができるクーポンサービスです。購入金額の一部は、開発途上国の子ども達の給食費として寄付されます。2019年2月にローンチした本アプリは、コンビニエンスストアや百貨店などで利用されており、これまでに累計20万食以上の食品ロスの情報をユーザーに発信し、約12万食の販売(2021年2月末時点)を行うことで食品ロス削減に繋げています。

 このたび、JR東海グループ3社では、本アプリの導入を通じて、賞味期限が迫った商品の割引情報が通知することで、アプリをダウンロードしたお客様は商品をお得にお買い求めいただき、且つ、食品ロスを減らす機会を創出することが可能となります。

 みなとく は、JR東海グループ3社と連携し、鉄道や駅をご利用いただくお客様へのサービスを向上させるとともに、食品ロス削減を促進し、CO2の削減や社会的責任への貢献を通じて、持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みを推進してまいります。

導入店舗

(1)おむすび処 米’n 八重洲南口店
導入場所:東京駅八重洲南口コンコース
営業時間:[通常]6:30~22:00
     [短縮]6:30~14:00 ※3/26現在
開始日 :4月1日(木)
対象商品:駅弁・おにぎり等
割引率 :50%
運営会社:ジェイアール東海パッセンジャーズ
 

(2)デニッシュバー JR名古屋駅店
   マーメイドカフェJR名古屋駅店
導入場所:名古屋駅中央コンコース
営業時間: デニッシュバー 10:00~21:00
      マーメイドカフェ 
      [通常]7:00~23:00
      [短期]7:00~21:00 ※3/26現在

開始日 :4月1日(木)
対象商品:デニッシュバー各種等
割引率 :30%
運営会社:ジェイアール東海フードサービス
※デニッシュバーは2020年11月から実証実験での導入実績有り

(3)名古屋マリオットアソシアホテル ロビーラウンジ「シーナリー」

導入場所:名古屋マリオットアソシアホテル15F
営業時間:11:00~19:00
開始日 :4月1日(木)
対象商品:「シーナリー」内「ペストリーブティック」の
     パン・ポーションケーキ・焼き菓子
     (テイクアウトのみ)
割引率 :20%~40%
運営会社:ジェイアール東海ホテルズ

※各店舗とも、当日の在庫状況によっては、割引情報が配信されない場合があります。
 また、配信する日時によって、割引率が異なる場合がございます。
※画像は全てイメージです。

■No Food Loss サービス概要
「No Food Loss」 ホームページURL:https://www.nofoodloss.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。