2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

ソフトあたりめフライ『いか天大王』 家飲み普及により年間出荷数量新記録260万袋超達成

株式会社マルエスのプレスリリース

関西を中心に、おつまみ、珍味などの食品製造販売を行っている株式会社マルエス(本社:大阪府堺市 社長:田中 稔朗)は、ソフトあたりめフライ『いか天大王(75g)』の2020年度年間出荷数量で新記録となる260万袋超えを達成、合わせて「日経POSセレクション2020の売上No.1(※1)」に選出いただきましたことをお知らせいたします。

ソフトあたりめフライ「いか天大王」 内容量:75g 希望小売価格:400円(税別) するめの胴部分のみを肉厚に伸ばし、薄い衣でフライしております。  しっかりとしたするめの旨み・歯ごたえの贅沢な本格いかフライです。  キャノーラ油100%でフライソフトあたりめフライ「いか天大王」 内容量:75g 希望小売価格:400円(税別) するめの胴部分のみを肉厚に伸ばし、薄い衣でフライしております。 しっかりとしたするめの旨み・歯ごたえの贅沢な本格いかフライです。 キャノーラ油100%でフライ

小袋タイプ(食べ切りサイズ) 内容量:42g 希望小売価格:250円(税別)気軽に楽しんでいただけるように小袋タイプを製造。ちょうど食べ切れるサイズに仕上げました。小袋タイプ(食べ切りサイズ) 内容量:42g 希望小売価格:250円(税別)気軽に楽しんでいただけるように小袋タイプを製造。ちょうど食べ切れるサイズに仕上げました。

 2020年度はコロナ禍により、当社事業と直結する飲食を取り巻く環境は、大きく変化を迫られる時代となりました。当社では、80以上の企業、メディア、団体が参加し協力した、世の中を元気にするキャンペーン「#イマデキ(※2)」に参加。今お客様に何ができるかを考え、安心快適に家の中でも飲酒・食事ができるよう、主力商品であるおつまみ、珍味の生産拡大を進め、「家飲み」「オンライン飲み会」の普及に微力ながら貢献して参りました。その結果として、今回の年間出荷数量新記録達成に繋がったと考えております。
 マルエスでは今後も、市場環境の急速な変化に対応、企業スローガンである「おいしかったの笑顔が好き」を実践し、美味しいこだわりのおつまみ、珍味を提供してまいります。

※1 「日経POSセレクション」は、日経POS情報を使用して、日経新聞社が作成する約2000の商品分類(カテゴリ)内で分類売り上げ1位の商品や売り上げ伸び率が高い商品を取り上げます。「売上No.1」は全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア等から収集した販売実績データ(日経POS情報)を基に、年間の来店客千人当たり金額で分類内1位の商品を選出するものです。

※2「#イマデキ」とは、新型コロナウィルスによって世の中が厳しい状況であっても、一人ひとりがその時々の「今だからこそできる取り組み」=「#イマデキ」を見つけ、前向きな気持ちで毎日を過ごせるようになってほしい。そんな願いを込めて、業種の壁を越え、さまざまな企業とメディアがひとつになり、関西からスタートした世の中を元気にするキャンペーン。

■ ソフトあたりめフライ「いか天大王」(徳用タイプ)前年同期出荷数比較
コロナ禍以前の2019年秋とコロナ禍の2020年秋を比較したところ出荷数17.5%増となりました。

■ ソフトあたりめフライ「いか天大王」商品概要

その他、関連商品として、小袋タイプを5つセットにした「いか天大王 5袋入ビッグパック」、国産するめを使い、口溶けの良い衣でフライしたワンランク上の「【こだわりプレミアム】やわらかいか天大王」、ピリッと辛口の味付けの「辛口いか天大王」など、バリエーション豊かにご用意しております。

マルエスのホームページショッピング 「おつまみカフェ」:https://www.otsumami-cafe.jp/

■参考資料: 「家飲み」「オンライン飲み会」に関する調査結果

出典: 楽天インサイト株式会社「コロナ禍における食生活に関する調査」
調査期間:2021 年 2 月 16 日(火)から 2 月 18 日(木)
対象:全国20~69歳の男女 1,000人

コロナ禍における食生活の変化について「外での飲み会の機会が減った」と回答した人が半数以上
コロナ禍においての食生活関連の変化について聞いたところ、「自宅外での飲み会の機会が減った」ことに対して「あてはまる(「とてもあてはまる」、「ややあてはまる」の合計値)」(51.8%)が半数を超え、「あてはまらない(「全くあてはまらない」「あまりあてはまらない」の合計値)」(29.6%)を上回る結果となった。

 

「オンライン飲み会」の参加経験者は約 2 割。
良かった点の 1 位は「遠方の相手とも食事しながら交流ができる」こと

約 2 割の人で「スーパーマーケットや食品店などでの食料品購入費用」が増加。
4割以上が「外食における飲食費用」が減ったと回答。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。