2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

発掘!50年前のコーヒー豆

株式会社 サザコーヒーのプレスリリース

ひたちなか市のサザコーヒー 代表取締役社長鈴木太郎の所有する倉庫から1971年のコロンビア産コーヒー生豆が10kg 発掘され、今月末まで予約で1杯50万円で飲める。

茨城県ひたちなか市のサザコーヒーで50年前のコーヒー豆発掘

発掘されたコーヒー生豆は通常より明らかに茶色く変色している。約10kg   地下にある映画館の舞台装置の倉庫にあったため保存状態は50年ものと思えないぐらい状態はいいという。発掘されたコーヒー生豆は通常より明らかに茶色く変色している。約10kg 地下にある映画館の舞台装置の倉庫にあったため保存状態は50年ものと思えないぐらい状態はいいという。

ひたちなか市のサザコーヒー 代表取締役社長鈴木太郎(50) の所有する倉庫から1971年のコロンビア産コーヒー生豆が10kg 発掘された、発掘されたのは同社前身の映画館時代の舞台用の地下物置で50年ぶりの大掃除まで誰も気が付かなかった。

サザコーヒーは1969年創業のコーヒー豆焙煎喫茶業のコーヒー会社だが、全身は「株式会社勝田宝塚劇場」という舞台装置のある映画館を戦中から営んでおり、昭和、平成を経て令和時代の大掃除でサザコーヒー創業時代のコーヒー生豆が発見された。サザコーヒー創業者の鈴木誉志男(80)は小さな頃にオバケが出ると言われあまり近づかなく、何でここに保管されていたのかわからないと話している。

発掘されたコーヒー豆の袋の印刷によると、コロンビア、ヤシイゲ村産コーヒーで、袋の中に奇跡的に新鮮な状態で発掘されたコーヒーの味は昭和時代を感じさせるスモーキーな甘味があると言う。

価格は50年ものなので1杯50万円する販売は予約が必要で今月末までという。
サザコーヒー本店 電話 029-274-1010

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。