2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

鬼崎海苔とかんずりのコラボレーション商品「かんずりのり」無印良品ネットストアで販売開始

株式会社山ヨ榊原商店のプレスリリース

愛知県常滑市鬼崎産の「初摘み海苔」に新潟県妙高市の唐辛子発酵調味料「かんずり」を塗って焼き上げた、完全無添加の焼き海苔。無印良品ネットストア「諸国良品」で販売開始。

報道関係各位
2021年4月1日
株式会社山ヨ榊原商店

株式会社山ヨ榊原商店(愛知県豊川市/代表取締役 榊原隆宏)は有限会社かんずり(新潟県妙高市/代表取締役社長 東條昭人)とコラボレーションした新商品「かんずりのり」を無印良品のネットストア「諸国良品」で2021年3月12日より販売開始しました。【URL】https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/T50001

かんずりのりの特徴
「かんずりのり」は愛知県常滑市の鬼崎地区で12月と一月のわずか二週間ほどしか採れない初摘み海苔に、新潟県妙高市の唐辛子発酵調味料かんずりを塗って焼きあげ、パリっとした食感と爽やかな辛さに、海苔とかんずりの旨味が引き立つ味わいに仕上げています。
多くの栄養素が含まれる海苔、発酵調味料のかんずりどちらも健康効果が高く、お子さまにも安心して食べていただくために、添加物・保存料を使用せず無添加にこだわりました。

かんずりのり誕生の背景
2019年株式会社良品計画が発行する書籍「産地に教わる」にて鬼崎のりとかんずりが掲載されました。本誌の取材をきっかけで、弊社と有限会社かんずりが繋がり、新商品開発に向け動き出しました。
海苔とかんずりのバランス、焼き加減、パッケージを試行錯誤し、約1年の開発期間を経て、2021年に「かんずりのり」が完成。株式会社良品計画のバイヤーが本商品に興味を持ち、様々な審査を経て同社のネットストア「諸国良品」での販売に至りました。

かんずりのりの使い方・利用シーン
ご飯やお酒のお供、麺料理・スープ・サラダのトッピングにオススメです。
毎日の食卓で使いやすく、湿気や酸化を防ぐチャック付きのスタンドアルミ袋を使用。

「かんずりのり」製品概要
価格:702円(税込)
内容量:8切48枚(板海苔6枚分)
販売方法:無印良品販売サイト「諸国良品」、有限会社かんずりの販売店、山ヨ榊原商店店頭にて販売

山ヨ榊原商店について
山ヨ榊原商店は明治18年に、東三河でのり問屋として創業。昔も今も自分達の目で見極め、自分達の口で食し、納得した美味しい海苔だけを提供し続けています。地元愛知の海苔にこだわり、味・香り・食感が格別の最高ランクの“高級海苔”を仕入れ・販売しています。愛知の海苔を活かした商品開発も進め、食品添加物の使用を控え、環境負荷の削減に取り組んでいます。

【会社概要】
会社名:株式会社山ヨ榊原商店
所在地:愛知県豊川市御津町下佐脇新屋59
代表者:榊原 隆宏
設立:明治18年
URL:https://yamayo-nori.jp
事業内容:海苔の製造・小売・卸販売

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
TEL:0120-582-804
e-mail:nori-yamayo@luck.ocn.ne.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
担当:榊原 隆宏
TEL:0120-582-804
e-mail:nori-yamayo@luck.ocn.ne.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。