2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

この春はプロセッコDOCロゼで華やかに

イタリア大使館貿易促進部のプレスリリース

世界最多の生産量・輸出量を誇るプロセッコDOCは、イタリアのライフスタイルを象徴するスパークリングワイン。そしてプロセッコDOCの故郷、ヴェネチア市は3月25日に創設1600年を迎えました。ヴェネチア市公式サポートワインであるプロセッコDOCは2021年、様々なイベントに参加して祝賀ムードを盛り立てます。
さて、日本はお花見のハイシーズン。プロセッコDOC保護協会は、昨秋に初出荷されたプロセッコDOCロゼをこの季節に欠かせないアイテムとして提案いたします。

プロセッコDOCロゼプロセッコDOCロゼ

「元来フレッシュでフルーティな味わいのプロセッコDOCはシーンを問わずカジュアルに楽しめるワインです。最近は日本での小売価格も抑えられ、以前に比べて使いやすくなりました。定番のマリアージュにこだわらず、お好きな食材と気軽にペアリングしてください。このペアリングの自由さが世界最多の出荷量を誇るスパークリングワインとなった理由のひとつです。
そして、この春は美しい色とフルーティな味わいのプロセッコDOCロゼがおすすめ。昨秋に日本への輸入が始まったニューフェイスです。
プロセッコDOCロゼに、「春」を意識して、菜の花、そら豆、山菜など少し苦みのある野菜や、蛤、稚鮎などの魚介類を合わせてみましょう。黒ブドウを加えて醸造したプロセッコDOCロゼには少し渋みがあり、苦みやクセのある食材とも相性抜群です。イタリア料理であればトマトソース仕立てのものがおすすめです。」(水口ソムリエ談)
プロセッコDOCロゼはボトルやラベルのデザインもよりスタイリッシュ。今年の春はプロセッコDOCロゼで家族やご友人との語らいの場を演出してください。

水口晃ソムリエ水口晃ソムリエ

水口 晃(みずぐち・あきら) 日本ソムリエ協会理事。
麹町「ラ・スカーラ」(現在は閉店)でソムリエ取得後、1997年に渡伊。修業を重ねて帰国後、南青山の「フェリチタ」、日本橋の「アル・ポンテ」などを経て、04年に「ラ・ブーチェ」開店に参加。09年から同店のオーナーとなる。02年にはイタリア貿易振興会(現・イタリア大使館貿易促進部)主催、第4回イタリアンワイン技能コンテストにて優勝。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。