2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

食品ロス削減事業【ロスゼロ】が、ハウス食品直営のスパイス料理店【クワエルスパイス】と協業。オンラインとオフライン両方で、食品ロス削減を目指す。

株式会社ビューティフルスマイルのプレスリリース

食品ロス削減通販事業【ロスゼロ】を運営する株式会社ビューティフルスマイル(大阪市西区・代表取締役:文美月)は、ハウス食品株式会社(大阪府東大阪市・代表取締役社長:工東正彦)が運営する「ハウス クワエルスパイス」と食品ロス削減に取り組みます。同社は、4月8日より、季節の余剰在庫となったスパイスケーキ2種類をECで販売。地の利(大阪)を生かし、オンラインとオフライン両方で消費者にアプローチします。

第一弾の商品として、4月8日12時~、クワエルスパイスで季節商品の余剰在庫となったスパイスケーキ2種類をロスゼロがECを通じて販売します。購入者は【店舗受取】を選択すると1300円が割引かれますます。創業以来一貫してスパイスを扱ってきたハウス食品の直営店・クワエルスパイスへの新たな来店を促進し、同店での食事の機会を増やすきっかけ作りを目指します。

消費者はクワエルスパイスを訪れ、同店を新しく知るだけでなく、スパイスケーキ代が割り引かれることで、さらにお得に食品ロスを減らすことができます。

 

それぞれのメリット【Win-Win-Win-Winの四方良し】

■ハウス クワエルスパイス
◎食品ロス削減….食品廃棄の焼却処分を避け、CO2の発生を抑制
◎新規顧客の来店促進…..新たな集客手段
◎SDGsの取り組み….サステナブルな取り組みが加速

■ロスゼロ
◎ハウス クワエルスパイスと消費者の橋渡しができる。

 ■消費者
◎お得に美味しいものが楽しめる。
◎食べるだけで、食品ロスが削減でき、社会貢献ができる。

《オフラインで受取る場合》
・送料分に該当する1,300円が支払総額から差し引かれ、さらに割安に。
・日本で唯一のクワエルスパイスを訪れることで、他メニューのイートインも楽しめる。

《オンラインで受取る場合》
・日本で唯一のクワエルスパイスで扱うスパイス食品を遠方でも楽しめる

■子供食堂等
ロスゼロから売上の一部を寄付(ロスゼロは東大阪市と包括連携協定済)スキーム

 

■販売詳細
◎販売開始日 2021年4月8日12時~
◎販売サイト【ロスゼロ内】  https://www.losszero.jp/shopdetail/000000000275

■HOUSE QWAEL SPICE概要

 

1913年に創業して以来、一貫してスパイスを扱ってきたハウス食品。創業の地である大阪で、 “スパイスで食生活をもっと豊かに、楽しく 暮らしにスパイスをくわえよう”をコンセプトに、スパイスの知識や調理加工技術を駆使したこだわりのカレーやスパイス料理を提供するお店「ハウス クワエルスパイス」を大丸心斎橋店 本館地下1階食品売場に出店。

■『ロスゼロ』サービス概要

 

2018年4月より、製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐ食品ロス削減フードシェアリングサービス『ロスゼロ』を運営。「もったいないを次の笑顔へ」をミッションとし、作り手のブランド棄損を起こさないようロスの理由や作り手の思いを丁寧に顧客に伝え、もったいないものをポジティブに消費してもらう「エシカル消費」を社会に提案。2021年からは未利用材料を使ってサステナブルな食品を製造、DtoCを開始。
収益の一部を大阪の子供食堂や福祉施設に寄贈。他にも、規格外食材を積極的に使った食堂イベント「ロスゼロ食堂」を開催するほか、食品ロスや環境に関する情報コンテンツを高校・大学生と共に作るなど人材育成にも注力している。大阪府「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業。東大阪市と包括連携協定を締結。
2020年第8回「食品産業もったいない大賞」審査委員長賞受賞。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。