2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

もう献立には悩まない!『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』アレンジの効く母の味。

株式会社世界文化ホールディングスのプレスリリース

基本の2品献⽴14セットをアレンジすれば、もう献⽴に悩まない! 世界⽂化社は、 書籍『⽯原洋⼦の2品献⽴ おかずはいつものくり返しでいい!』を4⽉10⽇(⼟)に発売します。

「今日の夕飯、何を作ろう。。。」食事作りの最初の苦労は、まずメニュー作りから始まります。冷蔵庫のストックを思い出し、家族が飽きないために考え、栄養バランスの偏りをなくして……などなど、悩みは尽きません。でも、毎⽇のメニューもベースが決まっていたら、面倒な食事作りが随分ラクになりませんか? 本書では、2週間分の2品献立をベースに、主菜と副菜のアレンジを多数紹介しています。2週間繰り返した後は、アレンジした主菜や副菜に変えていくと、新鮮な味をまた楽しむことができます。ボリュームアップするためのスープ、みそ汁、混ぜ・のっけご飯も紹介しているので、レパートリーは無限大!また、同じ調理工程なので、繰り返していくうちにレシピを見ないでササッとおいしい食事も作れるようになります!

 

  • 2品の献立をつくればOKの「2週間のおかずカレンダー」付き。

この本では、基本の2品献立14セットと、主菜のアレンジを紹介しています。主菜に具材がたくさん入っているので、シンプルな副菜を1品添えるだけでよく、バランスがいいから満⾜度の高い献⽴になっています。

 

  • 料理工程はそのままに、アレンジレシピ多数! 2週間目以降も大丈夫。

基本の料理工程はそのままに、具材を変え、味付けを変え、またボリュームを出す工夫など、ベテラン料理研究家・石原洋子先生が提案する日々のアレンジ方法をご紹介。基本の主菜をアレンジすれば、献立の幅がひろがり14セットでもマンネリしません。同時に、アレンジ力も身に付きます。
 

■著者/石原洋子(いしはらひろこ)
料理研究家。自由学園で学ぶ。卒業後は家庭料理、中国料理、フランス料理など各分野の第一人者に学ぶ。料理家のアシスタントを務めたのち独立。自宅で開く料理教室は45年以上になり、生徒さんが絶えず集まる人気が続いている。明るい人柄と、確かな技術に基づく指導に定評があり、テレビや雑誌、書籍で活躍中。著書には『料理は割合でおぼえましょう』、夫である根岸則雄さんとの共著『わが家のおかずサラダ』(共に世界文化社)ほか多数。

■目次
chapter1 肉がメインの献立
 しょうが焼き献立/肉巻き献立/肉だんご献立/レンジ蒸し献立/オイスター炒め献立 他
chapter2 魚介・豆腐・卵がメインの献立
 煮魚献立/グラタン献立/豆腐のとろみ煮献立/卵焼き献立 他 

 

【書籍概要】
『石原洋子の2品献立 おかずはいつものくり返しでいい!』
■著者:石原洋子
■発売日:2021年4月10日(土)
■定価:1,650円(税込)
■発行:株式会社世界文化ブックス
■発行・発売:株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418213015/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。