2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

デカフェの新星・玄米だけでつくる日本生まれの新しい飲みもの【玄米デカフェ】。

MNHのプレスリリース

2020年後半に実施したクラウドファンディングを経て、2021年3月からフルラインナップで発売をスタートした玄米デカフェ。カフェインを苦手とする方、カフェインの摂取を抑えたい方、また新たな飲みものとして生活に取り入れたい方まで、幅広くお楽しみ頂けます。
淹れ方はコーヒーと同様に、ドリップ、フレンチプレス、水出しなどで抽出でき、淹れ方によっても風味や味わいが変わります。
また、来週の2021年4月14日(水)~4月20日(火)まで、大阪・阪急うめだにて催事販売を行います。
催事では、「酒米の王」と称される兵庫県産「山田錦」の玄米デカフェを限定販売いたします。

日本有数の米どころ・庄内から、丹精こめてじっくり玄米だけを焙煎しています。

山形県庄内町は、コシヒカリやつや姫の祖先米として有名な「亀の尾」の生まれた町でもあります。

海も山も、田んぼも畑もある自然豊かな環境は、
夏は暑く、冬は寒い、そんな寒暖差の激しい土地でもあります。

それが、美味しい作物を育てる環境にもなっています。

玄米デカフェは、そんな庄内の工房からお届けします。
 

  • 玄米だけを焙煎してつくっています。

玄米デカフェの味わいは苦味はコーヒーのように感じられますが、お米のもつ甘さ、香りがあります​。
玄米だけを焙煎して作るからこそ、得られる味わいと風味です。
 

玄米から玄米デカフェへ玄米から玄米デカフェへ

  • 4月14日(水)から初の催事販売

4月14日(水)~4月20日(火)まで、大阪・阪急うめだにて、玄米デカフェ初の催事販売を行います。
催事では、定番の商品からギフトセットまでラインナップしてお待ちしております。
日替わりで試飲もご用意します。(※新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止する場合もあります)
 

  • 催事限定・山田錦の玄米デカフェ

催事限定で製造した、酒米の王「山田錦」の玄米デカフェもご用意しています。酒米の玄米デカフェは、甘みが強く、一方でサッパリした味わいになります。
どこでも販売していない山田錦の玄米デカフェは、催事だけでお求め頂けます。

◆玄米デカフェ・オフィシャルサイト:https://www.genmaidecafe.com/
◆阪急うめだ催事情報:https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/event/index.html

◆企業情報
株式会社MNH
本社:東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
東京コミュニティ工場:東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
庄内コミュニティ工場:山形県庄内町余目沢田108-1
WEB:https://www.mnhhappy.com/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。