2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

伊豆一の絶景カフェ「花の妖精」 熱海産の甘夏を使った新作パフェが登場

株式会社ホテルニューアカオのプレスリリース

株式会社ホテルニューアカオ(本社:静岡県熱海市、代表取締役社長:赤尾宣長)が運営するRestaurant&Sweets『花の妖精』では、熱海産の甘夏や静岡産の煎茶や抹茶を使った新作パフェを期間限定で販売いたします。

 

 

 広大な相模湾と錦ヶ浦の断崖を窓越しに眺めながら、優雅なランチやティータイムをお楽しみいただける絶景カフェ『Restaurant & Sweets 花の妖精』。
 

「花の妖精」外観「花の妖精」外観

 ランチにピッタリなイセエビカレーや、手作りスイーツをご用意しています。中でも一押しは、季節のフルーツを使ったこだわりのパフェ。

 4月8日からは、熱海産の甘夏や静岡県産の煎茶や抹茶を使った「甘夏と煎茶のパフェ」(1,540円税込)が登場します。
 

甘夏と煎茶のパフェ【1540円(税込)】甘夏と煎茶のパフェ【1540円(税込)】

 

 甘夏とお茶の爽やかで奥深い苦みを、パフェで表現しました。柑橘のソルベ、煎茶のソルベ、甘夏の焼酎マリネ、抹茶とヨーグルトのムース、抹茶のババロア、甘夏とエルダーフラワーのブランマンジェ、グラスの一番下に忍ばせたライムとレモングラスのジュレで最後はさっぱりとお楽しみいただけます。
 

 

甘夏農家の太田さん甘夏農家の太田さん

 甘夏は、熱海・伊豆山地区で100年以上続く農家さんから仕入れたものを使用します。
 

新鮮な果実の美味しさを感じていただくため、作り置きはしていません。

海と山に囲まれた伊豆山の自然の中で、太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った甘夏のみずみずしさを是非味わってください。

 パフェは季節ごとに変わり、1年で約10種類のパフェが登場します。旬のフルーツをふんだんに使い、パティシエが全て手作りにこだわったソルベやスイーツを合わせます。

《昨年のパフェ一例》
・熱海レモン
・いちご
・グレープフルーツ
・桃
・ぶどう
・栗
・りんご
 

桃のパフェ(7月頃)桃のパフェ(7月頃)

 

りんごのパフェ(12月頃)りんごのパフェ(12月頃)

 

 来月からは「バラと木苺のパフェ」、続いて「グレープフルーツとライチのパフェ」が登場予定です。
窓越しに見える錦ヶ浦の断崖と広大な相模湾の眺望を眺めながら、ゆったりと贅沢な時間をお楽しみ下さい。
 

店内からの眺め店内からの眺め

 

 

  • 店舗概要

『Restaurant & Sweets 花の妖精』

〒413-8555 静岡県熱海市熱海1993-65
TEL:0557-82-2200

○営業時間
  ティータイム 10:00~17:00(L.O.16:00)
  ランチタイム 11:00~15:30(L.O.15:00)
○定休日 火曜日・水曜日
○駐車場 6台 ( 無料 )
○公式Instagram
  https://www.instagram.com/cafe_yousei/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。