2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

春リニューアル第3弾 「食」の新店がいよいよオープン!さらに、新エリア「ミオガーデンテラス」誕生!

JR西日本SC開発株式会社のプレスリリース

 JR西日本SC開発株式会社(本社:大阪市北区梅田)が運営する大型ショッピングセンター「天王寺ミオ」は、2021年2月25日(木)から順次、約60店舗の大規模リニューアルを実施しております。この4月には、春リニューアルの総仕上げとして、テイクアウトの新業態をはじめ、話題の「食」の新店が続々オープンいたします。
このオープンに合わせて、本館1F南側に、ミオ館内でテイクアウトした商品をすぐにお召し上がり頂くなど、便利で開放的なオープンテラス型の新エリア「ミオガーデンテラス」が誕生します。また、同エリアにおいて、キッチンカー事業者と連携した地域の魅力発信、事業者支援の取り組みを開始いたします。

《 4月新店 オープニング情報 》
 15日(木)には繁盛店が手掛けるテイクアウトの新業態など4店舗、27日(火)にはコストパフォーマンスの高い人気の飲食店など4店舗がオープンします。新店のオープニング限定メニューなど、おすすめの情報をご案内いたします。

■4月15日(木)

 

 

■4月27日(火)

※掲載の価格はすべて税込みです。

《 4月15日(木)「ミオガーデンテラス」誕生 》
 「ミオガーデンテラス」では、約70席のスペースを設け、同時にオープンする新店の「作りたての惣菜」や「焼きたてのパン」など、ミオ館内でお買上頂いた商品を、緑に囲まれたオープン型テラスで、すぐにお召し上がり頂けます。またテラス内にはPOP UPスペースを設置し、オープン時には、関西初出店のバナナジュース専門店や地域で活躍するキッチンカーなどが登場します。お客様へは新しい発見や楽しさを、地域事業者の皆様へはこだわりの商品や地元の“良いモノ”を発信する場を提供することで、地域の更なる魅力向上に貢献してまいります。

 

■POP UPスペースイメージ ~オープン時の店舗ラインナップは別紙に記載~

 

■キッチンカー事業者と連携した地域の魅力発信・事業者支援の取り組み
 withコロナ、afterコロナでの取り組みとして注目されているキッチンカー事業において、出店場所の確保が大きな課題となっています。近年「住みたい街」としても人気の天王寺・阿倍野エリアの玄関口に、「新しい生活様式」に適した屋外空間を創出し、関西には少ないキッチンカーを活用した地域の魅力を発信するアンテナショップを展開。合わせて、キッチンカー事業で新たに挑戦する事業者を支援・マッチングする “モビマル”と連携し、店舗事業者の育成・サポート体制の構築を図ってまいります。

​■ゾーン概要

 

 

 これらの取り組みを通じて、天王寺ミオは今まで以上に地域の皆様に愛されるショッピングセンターを目指すとともに、より多くのお客様に一層ご満足頂き、魅力あるJR天王寺駅周辺エリアのまちづくり、活性化に貢献できるよう努めてまいります。

 ※天王寺ミオでは、お客様及び従業員の安全と健康を最優先し、業種別に定められている「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」等を踏まえた感染防止対策を各ショップと連携し、実施しております。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。