2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

伝統ある日本茶を新しいスタイルで楽しめるお茶専門店「山本山 フジヱラボ」、4月26日(月)に新宿髙島屋にオープン

株式会社山本山のプレスリリース

株式会社山本山(所在地:東京都中央区日本橋2-5-1、代表取締役社長:山本嘉一郎、以下「山本山」)は、2021年4月26日(月)に、上質なお茶を新しいスタイルで楽しめるテイクアウト専用のお茶専門店「山本山 フジヱラボ」(以下、「フジヱラボ」)を新宿髙島屋 地下1階デイリーマートにオープンします。

■ “日本最古の茶商”が考える新しいお茶の楽しみ方を提案するお茶専門店
元禄三年(1690年)に東京・日本橋で創業した山本山が、若者が集い、新しい文化が生み出されてきた街・新宿で、新しいお茶の楽しみ方を提案する「フジヱラボ」をオープンします。山本山の創業者である初代・山本嘉兵衛が抱いた「おいしいお茶を、多くの人に味わっていただきたい。」という想いを、今までにはないスタイルで実現する山本山にとって新しい試みとなるお店です。

「フジヱラボ」では、全国から選び抜いた上質な茶葉商品や、本格的なお茶を気軽に楽しめるティーバッグ商品を販売するほか、そのまま飲んでもおいしい抹茶や煎茶、ほうじ茶を材料に作ったドリンクやスイーツを提供します。オーダーを受けてからその場で丁寧に点てた抹茶を使った『山本山厳選 手点て抹茶ラテ』や『手点て抹茶ソーダ』、芳ばしいほうじ茶を爽やかに楽しむ『ほうじ茶ソーダ』など、「お茶でワクワクするひと時」をご提供します。
 

※写真はイメージです。

■ 上質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶の風味豊かなスイーツ
「フジヱラボ」では本格的な抹茶を贅沢に使ったスイーツもご提供します。原料となる抹茶は、碾茶(※抹茶の原料)の栽培と加工で歴史のある宇治の抹茶から、石臼で時間をかけて丁寧にひいて作られたものを厳選しています。その上質な宇治抹茶の旨みをソフトクリームで楽しめる『本格抹茶ソフト』や、抹茶のソフトクリームにあんこと白玉をトッピングした『本格抹茶パフェ』など、抹茶が主役のスイーツをお楽しみいただけます。

■ その時期にしか楽しめない「シーズンドリンク」
「フジヱラボ」では定番メニューの他に、季節にふさわしい味わいを楽しむ「シーズンドリンク」も提供します。オープン初日から5月末までご提供する「シーズンドリンク」は、山本山の抹茶に「柘榴」と「いちご」を合わせた『\Hello!/SHINJUKU LATTE』(ハロー!シンジュクラテ)です。最先端都市・新宿に因んで、プログラミング言語を初心者に紹介するために使われるプログラム「Hello World!」から着想を得て、「(フジヱラボが)ここからスタートする」という想いをこめて名付けました。口当たりまろやかな抹茶の味わいに柘榴といちごが爽やかなアクセントになった、新しい抹茶の楽しみ方をご提案いたします。

■ 主なメニュー(すべてテイクアウト)
 

  • メニュー名:山本山厳選 手点て抹茶ラテ(HOT/ICE)
  • 価格:680円(税込)

 

  • メニュー名:山本山厳選 ほうじ茶ラテ(HOT/ICE)
  • 価格:650円(税込)

 

  • メニュー名:手立て抹茶ソーダ
  • 価格:680円(税込)

 

 

  • メニュー名:本格抹茶ソフト(コーン/カップ)
  • 価格:450円(税込)

 

  • メニュー名:本格抹茶パフェ(コーン/カップ)
  • 価格:950円(税込)

 

  • メニュー名:\Hello!/SHINJUKU LATTE(4月〜5月限定ドリンク)
  • 価格:750円(税込)

■ 店舗情報
店舗名 :山本山 フジヱラボ
所在地 :東京都新宿区千駄ヶ谷5丁目24番2号 新宿髙島屋 地下1階
営業時間:午前10時30分〜午後7時30分
定休日 :不定休(新宿髙島屋に準じる)
電話番号:03-3358-2650

■ 会社概要
名称  :株式会社山本山
本社住所:東京都中央区日本橋2丁目5番1号 日本橋髙島屋三井ビルディング11階
創業  :元禄3年4月(1690年)
代表者 :代表取締役社長 山本嘉一郎
主な事業:日本茶及び海苔の製造加工・販売
WEB   :https://www.yamamotoyama.co.jp/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。