2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

衛生状態モニタリングシステム「ルミテスターSmart」がiF Design Award 2021を受賞

オプテックスのプレスリリース

オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)とキッコーマンバイオケミファ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松山 旭、以下「キッコーマンバイオケミファ」)が共同開発した衛生状態モニタリングシステム「ルミテスターSmart」が、世界3大デザイン賞の一つであるドイツのiF Design Award 2021を受賞しました。機器の操作性、アプリのUI、運用面をデザインし、さまざまな人に身近に利用してもらえる検査ツールで、世界の衛生管理に貢献しています。

https://www.optex.co.jp/news/2021/0421.html

受賞製品:「ルミテスターSmart」
 
受賞部門:プロダクトデザイン部門

製品概要:
オプテックスとキッコーマンバイオケミファが共同開発した「ルミテスターSmart」は、飲食店の厨房や食品工場、医療現場などにおいて人の目では確認できない汚れを測定し数値化する「ATP検査」による衛生状態モニタリングシステムです。「ふき取る・測る・結果を見る」の3ステップで約10秒で検査結果の確認ができます。その場で適時適切な対応策を実現し、衛生管理の向上により、食中毒などの健康被害を防止することが可能となります。また、長期間の計測もスマートフォンアプリとクラウド共有によって結果を即座に把握し、共有できるよう設計されているため、従来よりも多くの方々が清浄度を管理できるようになりました。
受賞しました製品詳細はこちらからご覧いただけます。→ https://biochemifa.kikkoman.co.jp/la/smart/

デザインの特長:
「ルミテスターSmart」は、凹凸のない滑らかで丸みを持たせた使いやすくシンプルなデザインで、背面には自立用スタンドを内蔵しています。表示部は検査結果の信頼性を印象づける黒色とし、操作部は白色を採用して清潔感を表現しました。これに映える鮮やかなオレンジ色のボタンは、圧迫感を与えず気軽に測定できる印象を与えます。心理的抵抗を取り除き、誰でも使いこなせるデザインに仕上げました。

iF Design Awardについて
iF Design Awardは、ドイツ・ハノーバーのデザイン団体であるiF International Forum Designが授与するデザイン賞で、67年にわたり全世界の工業デザインを対象に優れたデザインを選出しています。
ドイツのRed Dot Award、アメリカのIDA(International Design Awards)と並び、世界3大デザイン賞と呼ばれています。

iF Design Award 2021 ルミテスターSmart紹介ページ
https://ifworlddesignguide.com/entry/316309-lumitester-smart

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。