2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

緊急事態宣言の適用となる4都府県(東京、大阪、京都、兵庫)の当該店舗においては、2021年4月24日(土)・25日(日)「“Soup for all” day」の開催を、24日(土)のみとします。

株式会社スープストックトーキョーのプレスリリース

株式会社スープストックトーキョー(本社所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:松尾真継)は、2021年4月23日(金)に発令された「緊急事態宣言」の適用となる4都府県(東京、大阪、京都、兵庫)の当該店舗において、2021年4月24日(土)・25日(日)の2日間、好きなスープを好きなだけお選びいただき、自分だけの「誰にも似てない」組み合わせをお楽しみいただける「“Soup for all” day」の開催を、政府からの要請および各自治体からの要請に全面的に従い、24日(土)のみといたします。また、その他の店舗での25日(日)の開催についても、各自治体の要請に応じて実施いたします。
▶今後、各店舗の休業・営業時間に関して変更が生じる場合は、以下のサイトにて更新してまいります。https://www.soup-stock-tokyo.com/information/2021sfa/

なお、オンラインショップでは数量限定の“Soup for all”セットもご用意していますので、ご利用いただけますと幸いです。
楽しみにされていたお客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 

  • 私たちは「誰にも似てない」を応援します

スープストックトーキョーは「Soup for all!」という価値観のもと、年齢や国籍、宗教、性的指向・性自認、そして、ものの見方や感じ方、趣味趣向などに関わらず、目の前の一人ひとりの体温をあげることを大切にしています。

「“Soup for all” day」の開催は地域ごとに異なってしまいましたが、私たちの想いがたくさんの方に届き、「誰にも似てない」自分を大切にし、他者への理解を育むきっかけになりますように。
これからもスープストックトーキョーは「誰にも似てない」を応援します。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。