2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

コロナ渦の中で苦境と戦う家庭に笑顔を届ける為、5/1(土)2(日)ホームゲームで「フードドライブ」を開催します!~ 地域とファンの絆で貢献するSDGs ~

株式会社千葉ジェッツふなばしのプレスリリース

株式会社千葉ジェッツふなばし(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:田村征也)では、5月1日(土)、2日(日)ホームゲームにて、コロナ渦の中で苦境と戦う家庭に笑顔を届ける為、『フードバンクふなばし』と協業し「フードドライブ」活動を実施いたします。

「フードドライブ」とは、ご自宅にある食品で寄付できるものを、様々な事情により支援が必要な方たちに届けてもらう回収イベントになります。また、地域で食べ物を破棄せず有効活用することによってフードロス解消にも貢献します。 現在、日本の子どもの7人に1人、ひとり親世帯の子どもの半数以上が貧困状態にあり、船橋市においても同様に子どもたちが食に不安を抱えて生活している家庭が多く存在しています。

そして、昨今の新型コロナウイルスの影響拡大により、経済的な苦境と戦うご家庭の数も約2倍に増加し、より深刻な社会問題となっております。 そんな状況を千葉ジェッツふなばしの社会貢献活動「JETS ASSIST」を通して、少しでも多くの皆さまに知っていただき、この地域に住む方々が、よりハッピーで安心して暮らせる街づくりに貢献していきたいと考えております。たくさんのご参加を心よりお待ちしております。

【フードバンクふなばし 笹田さまコメント】
新型コロナウイルスの感染拡大にともない、船橋各地にも経済的な困難と向き合っている子育て家庭がとても増えております。皆様からご寄付いただいた食品は、温かいお気持ちと共に必要とされている方にお届けさせていただきます。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

【代表取締役社長 田村コメント】
フードバンクふなばしさまと協業し、「フードドライブ」を今シーズンも実施させていただきます。新型コロナウイルスの影響拡大により支援の必要な家庭が増加し、支援物資の確保がこれまで以上に重要な状況だという事をお聞きしました。それだけに、千葉ジェッツふなばしが地域とのハブになり、物資の寄贈、「フードドライブ」の機会提供、情報の発信など、精力的に協力していきたいと考えております。地域の子どもたちの健やかなる成長の為、皆さまご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 《フードドライブ実施概要》
【実施日時】 2021年5月1日(土)13:00~15:00 / 2日(日)13:00~15:00
【実施場所】 船橋アリーナ2F専用ブース
【参加特典】 保存食品を寄付いただいた方に、千葉ジェッツグッズ購入時に使用できる500円割引クーポン券を
お1人様1枚プレゼントいたします!

【フードドライブに適している保存食品について】
お米(精白米 / 胚芽精米 / 玄米 それぞれ前年度産まで)/ 缶詰 / 瓶詰 / のり / 佃煮
麺類(うどん / そば / そうめん / パスタ / マカロニなど)/ インスタント食品 / レトルト食品
調味料 / 食用油 ・非常食(アルファ米・乾パンなど)離乳食 / 粉ミルク
※缶詰食品大歓迎!!

【商品のお預かり条件】
・賞味期限が明記され、かつ2か月以上あるもの
・常温で保存が可能なもの
・未開封で、破損等なく中身が出ていないもの

【注意事項】
・生鮮食品、アルコール類、栄養ドリンクは一切お預かりできませんので予めご了承ください。
・一度、お預かりした物は、ご返品できませんので予めご了承ください。
・グッズ割引クーポンの配布は数に限りがございますので、お早めにお持ちください。
 

 

【昨シーズンの「フードドライブ」実施の様子】

 

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。