2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

【辛さが後からグッとくる】ご飯がすすむ「なすの辛味噌炒め弁当」が期間限定で登場!

イオン株式会社のプレスリリース

弁当・惣菜専門店「オリジン弁当」「キッチンオリジン」を展開しているイオングループのオリジン東秀株式会社(本社:東京都調布市/代表:沢村 弘也)は、5月2日(日)10時より、「なすの辛味噌炒め弁当」を期間限定販売いたします。

【公式アカウント】
Twitter https://twitter.com/origin_pr/
 

  • 江戸甘味噌の自然な甘さと香りがなすと相性抜群!

毎年期間限定で登場する「なすの辛味噌炒め弁当」。
今年は、辛味噌たれに『江戸甘味噌』や『豆板醤』を使用。『江戸甘味噌』は、味噌本来の自然な甘さと香りを、『豆板醤』は、後味にピリッと辛味を効かせています。
なすは乱切りにカットし、ジューシーな食感を楽しめます。
ご飯がすすむ「なすの辛味噌炒め」、ぜひご堪能ください。
 

  • 商品概要

なすの辛味噌炒め弁当 本体価格490(税込価格529.20円)

Dxなすの辛味噌炒め弁当 本体価格700(税込価格756円)

なすの辛味噌炒め(おかず料理) 本体価格390(税込価格421.20円)

 

  • 販売概要

実施店舗:オリジン弁当・キッチンオリジン全店
実施期間:2021年5月2日(日) 10時より
実施時間:各店舗の営業時間
店舗情報:https://pkg.navitime.co.jp/toshu/
※在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。
 

  • 弁当・惣菜専門店「オリジン弁当」「キッチンオリジン」について

オリジン弁当」は、1994年に、自分で自由に選べる量り売りのお惣菜がある新しいお弁当屋として誕生しました。店内調理にこだわり、毎日お店で作っている40種類以上のお惣菜をショーケースに並べ、30種類を超えるお弁当は、オーダーを受けて調理し、できたてをお渡ししています。ボリュームのあるお弁当、小さめのお弁当、おにぎり、そして野菜をたくさん使ったお惣菜やサラダなど、毎日飽きないラインナップです。忙しい毎日の食事に、またプラス一品としてオリジン弁当のお惣菜、お弁当をご利用ください。
キッチンオリジン」は、より女性のお客さまに親しみやすいような店舗デザインへ一新、同時にイートインコーナーを設置するなど、より使い勝手の良いお店として、2014年2月、東京都の池袋に誕生しました。店舗では、ボリュームのあるお弁当、小さめのお弁当、おにぎり、そして野菜をたくさん使ったお惣菜やサラダなどを美味しく召し上がっていただくために店内で調理しています。さらに、店舗によっては挽きたてコーヒーもご用意しています。お弁当を持ち帰って食べる。イートインスペースでサクッと食事。お客さまのライフスタイルに合わせて、ご利用ください。

※現在、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、お惣菜やサラダの量り売り販売につきましては、パック販売に切り替えて営業をしております。
 

  • 創業の思い

創業者 安沢英雄は常々「毎日食べても飽きないものを作ろう」と語っていました。地域に根ざし「家庭の台所代行業」として、日々の食生活の一端を担い、お客さまの健康に寄与したい、そんな思いから事業がスタートしました。
お母さんが家族のことを思って作る料理と同じように、安心で安全な商品提供を第一に考え、素材の味が楽しめるようにと取り組んでいます。だから、今でもオリジンでは毎朝、店内で調理を行い、鮮度を大切にしています。

これからも、弁当・惣菜専門店「オリジン弁当」「キッチンオリジン」は、ご来店いただくお客さまのために心を込めて調理し、提供することに努めてまいります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。