2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

出汁専門店×絵本作家  “WEB絵本「丘の上のおだし屋さん」”を公開  ~感染症対策で展覧会の代わりにWEB絵本で出汁の魅力を発信~

有限会社沼田のプレスリリース

有限会社沼田(本社:静岡県三島市、代表取締役:沼田豊一郎)の運営する出汁専門店「おだし香紡」は、2021年4月29日(木)から自社のWEBサイト上で“WEB絵本「丘の上のおだし屋さん」”を公開します。

WEB絵本「丘の上のおだし屋さん」

出汁文化には1000年以上の歴史があると言われていますが、昨今では食の多様化が進み、家庭からは出汁が使用される機会が減少しています。そのため、おだし香紡は店名に“おだしの香りを紡ぐ”という想いを込め、出汁の魅力を再認識していただくための様々な活動を続けています。今回、絵本作家えがしらみちこさんから出汁の水彩画を提供いただき、おだし香紡の店舗で展覧会を開催することで、出汁の魅力を発信する企画を進めていました。しかし、3月末からの新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、展覧会を無期延期とし、代わりにおだし香紡のWEBサイトで絵画を活用したWEB絵本を公開する運びとなりました。ポイントは下記の2点です。

■出汁をやさしく表現する絵本作家えがしらみちこさんの水彩画
絵本作家えがしらみちこさんとコラボすることで、これまで出汁に興味を持たなかった新たな層が出汁に興味を持つきっかけを作ります。また、難しく思われがちな出汁を透明感のある水彩画でやさしく表現することで、出汁を生活に取り入れることのハードルを下げることを狙いとします。

・絵本作家 えがしらみちこ(江頭路子)
絵本作家。1978年福岡生まれ。主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016 パパママ賞 第一位)、『いろいろおてがみ』(小学館 / 全国学校図書館協議会選定図書)、『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。『ありがとう』『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)

■実際に展覧会に参加するかのようなストーリー体験
とある家族が「丘の上のおだし屋さん(=おだし香紡)」を訪れ、多種多様な出汁に出会うというストーリーのWEB絵本に仕上げています。絵画は拡大表示が可能で、出汁の魅力を伝えるキャプション(説明文章)も添付しています。活動自粛が求められる中、おだし香紡で開催される展覧会に参加するかのような体験をご提供します。

■企画詳細
公開期間: 2021年4月29日(木)から新型コロナウイルスが収束するまで
URL   : https://odashi-koubou.com/ (出汁専門店「おだし香紡」WEBサイト内)
費用  : 無料

■出汁専門店「おだし香紡」
食品製造卸売業の有限会社沼田が2006年に開業した出汁の小売店。国産・無添加にこだわった80種類以上の出汁製品を取り扱う。2018年に四代目にあたる沼田行雄が参画。外資IT、MBA、戦略コンサルでの経験を活かし、おだしコンシェルジュ制度の設立、出汁の総合情報サイト「まいにち、おだし。」の開設、異業種とのコラボなど出汁の魅力を発信する活動に注力。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。