2021年話題スイーツ「マリトッツォ」がテイクアウトできる東京のお店11選

イーハトーブ東北 ‟つきたて餅“のような食感を楽しめるだんご 栗駒茶屋『義経千本桜だんご』4/29提供開始

株式会社パソナグループのプレスリリース

東北地方で観光事業を展開する株式会社イーハトーブ東北(本社:岩手県一関市、代表取締役 松本数馬)は、岩手県一関地方で約300種類の味があるといわれている伝統的な「もち食文化」の魅力発信を目的に、特殊製法によりまるで‟つきたて餅”の食感を楽しめる新メニュー『義経千本桜だんご』を、栗駒茶屋 本店(岩手県一関市)にて4月29日(祝・木)から提供開始します。

一関・平泉地域には江戸時代から続く「もち食文化」があり、旬の農産物を活かしたおよそ300種類の多彩なもちの食べ方があると言われています。

イーハトーブ東北がこの度提供を開始する「義経千本桜だんご」は、種類が豊富な伝統的なもち食文化の魅力発信を目的に、「あんこ」や「ごま」などの定番の味に加え、「あんこいちご」「ごまチョコバナナ」「みたらし紫芋モンブラン」「みたらしチーズソーセージ」等、バラエティに富んだ組み合わせで、見た目にも楽しい計14種類の味を提供いたします。地元産のうるち米を100%使用した無添加のだんごは、一関の大林製菓株式会社の独自製法により、‟つきたて餅”のような柔らかい食感を長期間楽しむことができます。また、店頭では棒状の団子を切る「糸切り団子」の実演販売もお楽しみいただけます。

「義経千本桜だんご」という商品名は、岩手県・平泉町が源義経の終焉の地とされていること、そして源義経が登場する人形浄瑠璃・歌舞伎の人気演目である「義経千本桜」になぞらえてネーミングしました。千本桜をイメージした「さくらあん」の提供や、だんごの熨斗(のし)に源義経のイラストを使用するなど、岩手県に伝わる歴史と食をかけあわせて発信してまいります。

イーハトーブ東北は、ユネスコ無形文化遺産でもあり、一関地方に古くから伝わる日本食である 「もち食文化」の魅力を発信すると共に、食を通じた東北地方の地域活性化を目指してまいります。

■『義経千本桜だんご』販売開始 概要

販売開始:
2021年4月29日(祝・木)

販売場所:
栗駒茶屋 本店(岩手県一関市厳美町字若井原162-3)

営業時間:
10:00~16:00(不定休)

料金:
・あんこ盛り、ごま盛り、みたらし盛り 各300円
・ずんだ盛り、黒みつきなこ盛り、くるみ盛り、さくらあん盛り 各350円
・あんこバター盛り、ごまこぼれ盛り、みたらしチーズソーセージ盛り 各450円
・あんこいちご盛り、あんこマスカルポーネキウイ盛り 各500円
・みたらし紫芋モンブラン盛り 600円
・串だんご 一本 110円~
・ドリンクセットA(あんこ、ごま、ずんだ)+ドリンク 680円
・ドリンクセットB(ずんだ、くるみ、さくらあん)+ドリンク 790円
※税込み価格、テイクアウトも可能

お問合せ:
栗駒茶屋 本店 Tel 0191-39-2855

URL:
https://kurikomachaya.com/

■『株式会社イーハトーブ東北』会社概要

会社名:
株式会社イーハトーブ東北

所在地:
本社) 岩手県一関市磐井町2-13

設立:
2017年2月16日

資本金等:
5,200万円  

代表者:
代表取締役 松本 数馬

事業内容:
① ツアーコンテンツ開発・旅行事業
岩手県一関市・平泉町をはじめとする地域に密着した観光ツアーの企画や、観光コンテンツの開発・提供
② 地元食材を活用した飲食店事業
旧旅館を改修し一関市の地元食材を使用した飲食店を運営
③ 古民家を活用した宿泊事業
古民家を改装し、農業や伝統工芸・伝統芸能を滞在コンテンツとした宿泊施設を運営

お問合せ:
株式会社イーハトーブ東北  Tel 0191-26-0015

URL:
ihatovtouhoku.com
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。