予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

暑くなる時期に食べたい和菓子の決定版!沖縄宮古島の雪塩を使用した『 杵つき塩餡豆大福』発売 【 亀屋万年堂 】

株式会社亀屋万年堂のプレスリリース

~すっきりとした余韻を楽しむ~

暑くなる時期には食欲が落ちることもしばしば・・・
そんな時はすっきりとした味わいの甘いものを食べて美味しく元気になりませんか?

株式会社亀屋万年堂(本社・工場:横浜市都筑区)は、暑くなる時期に食べたい和菓子の決定版!沖縄宮古島の「雪塩」を使用した夏の季節限定商品『杵つき塩餡豆大福』( 1個 194円(税込) /・季節限定販売 )を2021年5月13日(木)より亀屋万年堂直販店舗(東京・神奈川29店舗)にて販売いたします。

沖縄、宮古島の「雪塩」を加えたこしあんと赤えんどう豆入りの粗づき生地で包んだ季節限定の逸品です。


杵つき塩餡豆大福
杵つき塩餡豆大福

美味しさの理由とは・・・

夏のイチ押し商品の『杵つき塩餡豆大福』は素材にもこだわりが!

塩餡は北海道産の小豆を丁寧に炊き上げ、沖縄県宮古島産の「雪塩」を加えて練り上げています。ミネラル豊富な雪塩はまろやかな味わいで、味わいに深みがでます。

大福餅はコシが強く風味豊かでもち米の中でも最高級品といわれる新潟県産こがねもちにモチ粉を合わせることで、こだわりの食感に。杵つき塩餡豆大福では大福餅にも雪塩を使用しており、北海道産赤えんどう豆は餡と餅とのバランスを考えて蜜漬けにしたものを使用して味を引き立てています。

しっかりした歯ごたえの粗づき大福餅は塩餡に負けない存在感があり、すっきりとした余韻が後引く美味しさの塩餡と相性抜群。そのまま食べても美味しい赤えんどう豆も加わって、味わうほどにやめられない大福になっています。

亀屋万年堂の『杵つき塩餡豆大福』を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

商品情報

【商品名】
 杵つき塩餡豆大福
【販売期間】
 5月13日~8月末頃まで 
【販売価格】
 1個 194円(税込)
【販売店舗
  亀屋万年堂 直販店舗 ( 東京・神奈川29店舗 )

会社概要

【会社名】株式会社亀屋万年堂
【本社・工場】横浜市都筑区折本町470番地
昭和13年に東京・自由が丘の地にて創業して以来、お客様に親しまれるお菓子作りを理念に、地域の皆様と共に歩んで参りました。 代表銘菓お菓子のホームラン王「ナボナ」は昭和38年の販売以来のロングセラー商品です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。