予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

バター専門ブランド「カノーブル」が5月13日から東武百貨店池袋店B1にポップアップ出店。最新技術を駆使した和菓子やバターアイスクリーム、新作バターサンドなど新商品5型7アイテムを順次投入。

ナショナルデパート株式会社のプレスリリース

ナショナルデパート株式会社が展開するバターの新しい楽しみ方を提案するブランド「CANOBLE(カノーブル)」は、5月13日から5月19日まで東武百貨店池袋店B1にポップアップ出店し、期間内にバター和菓子やバターアイスクリーム、新作バターサンド、新作バターケーキなど新商品7アイテムを順次投入します。緊急事態宣言を考慮して新アイテムはECサイトにて5月21日から事後通販を開始。

食の最新技術と職人の技が詰め込まれた新作バター和菓子(画像は開発中のもの)食の最新技術と職人の技が詰め込まれた新作バター和菓子(画像は開発中のもの)

1年ぶりのポップアップのテーマは
「Singularity and Human Errors」

カノーブルとして約1年ぶりとなる都内百貨店でのポップアップは、この1年間でカノーブルとして取り組んできたバター製造の最新技術の開発や、職人の技術向上の成果を発表する場として捉え、ポップアップに「Singularity and Human Errors」というテーマを設定し、新たにラインアップする5型7アイテムを出店期間内にリリースし順次売場に投入します。

カノーブルがバター専門ブランドとしてこれまで開発に取り組んだ食品3Dプリンター「Topology」や、スマートバターVRデバイス開発を通して培った「食」の最新技術と職人の手仕事をミックスし、さらなる食の未来体験を提供するポップアップです。

シンギュラリティ&ヒューマンエラーズ
「Singularity and Human Errors」とは

人の何気ないミスや人体の意図しない挙動によって引き起こされた結果を「ミス」とするのではなく、プログラムされた機械ではない人間だけが起こせる偶然の進歩と捉えてさらなる新技術の開発につなげていく、ポップアップを出店できなかった1年間でカノーブルが蓄積してきたR&Dの思いを体現しています。

 

自社開発の食品3Dプリンター「Topology」自社開発の食品3Dプリンター「Topology」

 

環境に配慮した新しいパッケージシステム環境に配慮した新しいパッケージシステム

ポップアップ出店詳細
場所:東武百貨店池袋店B1 ハナサンテラス1
期間:2021年5月13日(木)〜5月19日(水)
営業時間:東武百貨店の規定に準ずる

ナショナルデパートR&D
工場・直売所:東京都目黒区八雲2−6−11
TEL:03-6421-1861
担当者:秀島康右

ナショナルデパート株式会社
本社工場:岡山県岡山市北区天神町9-2

Facebook https://www.facebook.com/nationaldepart/ 
Twitter https://twitter.com/nationaldepart
Instagram https://www.instagram.com/nationaldepart_co_ltd/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。