予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【ヒルトン東京】サマープティ・ブーランジェリー

ヒルトン東京ヒルトン東京のプレスリリース

野菜ブレッドで贈る夏のパンが主役のアフタヌーンティー『サマープティ・ブーランジェリー』野菜ブレッドで贈る夏のパンが主役のアフタヌーンティー『サマープティ・ブーランジェリー』

【2021年5月24日】    ヒルトン東京(東京都新宿区 総支配人ロジャー・ブランツマ)2階バー&ラウンジZATTAでは、6月11日(金)より、パンづくしのアフタヌーンティー『サマープティ・ブーランジェリー』を開催します。夏野菜をふんだんに用いたお食事パンやサンドイッチに加え、スコーンやグラススイーツ、前菜、スープがセットになり、お一人様¥5,100(土・日・祝日¥5,400)にて期間中毎日お楽しみいただけます。

たくさんの種類のパンを少しずつ色々食べたい!そんなパン好きへ贈る『プティ・ブーランジェリー』は、パンの名店でキャリアを積み、天然酵母や小麦、水、熟成のバランスを知り尽くしたヘッドベーカー湯田剛史(ゆだつよし)のこだわりパンでお届けします。

ラタトゥイユ・フォカッチャ、ローストコーンブレッド他ラタトゥイユ・フォカッチャ、ローストコーンブレッド他

トマトを練りこんだフォカッチャ生地に、パプリカ、ズッキーニ、オ二オン、トマトなどで作るラタトゥイユを乗せて焼き上げるもっちりした食感の「ラタトゥイユ・フォカッチャ」、塩ゆでした枝豆をクロワッサン生地に巻き、パイ仕立てでご用意する「枝豆スティックパイ」、牛乳で仕込んだ生地にローストしたコーンを練りこみ、仕上げにたっぷりのバターを染み込ませた星形パン「ローストコーンブレッド」、油で揚げずにオリーブオイルをかけて焼き上げるドーナッツ生地に甘口ビーフカレーを忍ばせた「カレードーナッツ」など、変化にとんだミニサイズのパンに食欲が進みます。

クロワッサン・ワッフルサンドクロワッサン・ワッフルサンド

サンドイッチには、クロワッサン生地をワッフルマシーンでサクッと焼き上げ、海老のカクテルをサンドした「クロワッサン・ワッフルサンド」やステーキとフォアグラをバンズでサンドし、トリュフソースで贅沢にいただく「ロッシーニバーガー」をお楽しみいただけます。

グラススイーツ&ラズベリーマリトッツォグラススイーツ&ラズベリーマリトッツォ

その他にも「ラズベリーのマリトッツォ」、ホテル1階「マーブルラウンジ」のスイーツビュッフェより2種類のグラススイーツ、フレッシュグレープに加え、前菜、スープもセットになっているので、おしゃれなランチやアフタヌーンティーとしてはもちろん、軽めのディナーとしてもおすすめです。

別途料金にてスペシャルカクテルもご用意しています別途料金にてスペシャルカクテルもご用意しています

ドリンクは、「ローズ&ビューティー」や「ハイビスカスベリー」など、プレミアムティーブランド、Art of Teaの紅茶を含むドリンク20種類よりお好きなものをお楽しみいただけます。

アプリコットスコーン、 クロワッサンワッフルサンド、ロッシーニバーガー他アプリコットスコーン、 クロワッサンワッフルサンド、ロッシーニバーガー他

『サマープティ・ブーランジェリー』 概要
会場:                    
バー&ラウンジZATTA (ヒルトン東京2F)
期間:                    
6月11日(金)~8月末を予定
営業時間:              
11:30am – 8:00pm
※ご予約は11:30am~、2:30pm~、6:00pm~の3部制となります。
料金:                     
お1人様 ¥5,100(土・日・祝日¥5,400) ※税金、サービス料を含む
ご予約:                    
ウェブサイト  https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/afternoon/zatta-2106

ヘッドベーカー湯田剛史(ゆだつよし)ヘッドベーカー湯田剛史(ゆだつよし)

ヘッドベーカー 湯田剛史(ゆだつよし)
1974年生まれ。東京調理製菓専門学校高度技術経営科を卒業後、95年にホテルニューオータニに入社。ベーカリーの基本を習得し、主任昇進後は、レストランフェアにてアラン・デュカス氏やピエール・エルメ氏との仕事にも従事しました。2007年からはホテルエピナール那須にヘッドベーカーとして勤務し、地産地消をテーマに、契約農家が作る野菜やハーブを用いたパン作りを多く経験しました。その後2011年にベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢に入社。パン作りの基本に立ち返り、小麦、水、発酵を学ぶと共に、自家製酵母パンの製造を担当しました。ヒルトン東京には2014年10月に入社。ペストリー部門ヘッドベーカーとして、レストランで提供するパンやロングセラー「バナナブレッド」作りを担当しています。

【ヒルトン・クリーンステイ対策】
新しい日常に合わせ、十分に間隔を保った店内でゆったりとお食事をお楽しみいただけます。ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/

ヒルトン東京について
ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界119の国と地域に6,500軒以上(100万室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。「2020年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2020年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ(https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/)」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・17軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億1500万人以上を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。 最新の情報はこちらをご覧ください。
http://newsroom.hilton.com,https://www.facebook.com/hiltonnewsroom,https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton,https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。