予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

2021年飲みたい日本のワイナリーがわかる!!日本ワインのつくり手を讃える日本ワイナリーアワード®︎は、今年もオンライン表彰式を2021年6月4日(金)に一般向けに公開します。

一般社団法人 日本ワイナリーアワード協議会一般社団法人 日本ワイナリーアワード協議会のプレスリリース

近年、世界で評価される日本ワイン。世界中から日本のつくり手(ワイナリー)が注目されています。そんな日本ワインのつくり手を表彰する『日本ワイナリーアワード®︎』を今年も開催します。
また本年の特別審査員は、株式会社菊の井代表取締役 村田吉弘様です。
昨年度5つ星に輝いたワイナリーの中には、量販店で気軽に手に入る日本ワインを生産しているところも多く、家飲みスタイルが広がる中、日本ワインを飲むきっかけづくりへ。

日本国内において日本ワインの普及活動を行う「一般社団法人 日本ワイナリーアワード協議会」(所在地:東京都墨田区、代表理事:遠藤利三郎、以下「日本ワイナリーアワード協議会」)は、全国の優れた日本ワインをうみだすつくり手を表彰する「第4回日本ワイナリーアワード®︎2021」を2021年6月4日(金)に開催いたします。

また、協議会では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年同様、オンラインでの表彰式を併催いたします。表彰式終了後、「日本ワイナリーアワード®︎」の公式WEBサイトにて結果も公表いたします。

  • 日本ワイナリーアワード®︎とは?

日本ワイナリーアワード®︎2020受賞ワイナリーのワイン日本ワイナリーアワード®︎2020受賞ワイナリーのワイン

毎年、日本国内において日本ワインを生産しており、日本ワイナリーアワード協議会が定める一定の基準を満たすワイナリーを全国の審査員が評価します。
【審査方法】
地方区および全国区審査員が、対象となるワイナリーから評価に値するワイナリーを厳選し、全国区審査員全員で協議し決定。
【審査対象】
審査対象は原則として設立より5年以上経過した国内ワイナリーとする。2021年は、258場が対象。
※ワイン用の良質なぶどうを収穫できるのは、ぶどうを植えてより最低3年後と言われており、さらに醸造したワインの熟成期間も考慮し、植え付けより5年以上とする。
※同一法人で複数の醸造施設を持つワイナリーは、基本一つのワイナリーとして考える。また同一資本だが別個の法人である場合は、基本的にそれぞれが独立したワイナリーと考える。
※委託醸造ワイナリーについては、5年以上の生産歴があり最新のヴィンテージで年間1,000本(750ml換算)以上生産しているワイナリーを審査対象とする。
【審査基準】 ※一例
・赤や白などスタイル別で品質にばらつきはないか
・複雑性、濃縮感などのバランスに優れ、高貴さを持つか
・収穫年に左右されず品質の安定感があるか
・テロワールを表現できているか
・コストパフォーマンスに優れているか
・ワインが一貫して個性を持っているか
【審査員】
個別の銘柄の品質を試飲により評価するのではなく、ワイナリーとしての評価を求める。
そのため審査員は試飲能力に優れ、世界各地のワインに精通するのみならず、原則として10年以上にわたり、下記の条件いずれかに該当する者とする。
【1】日本ワインを広く取り扱う酒販店の代表または仕入れ担当者
【2】日本ワインを広く取り扱う飲食店の代表または仕入れ担当者
【3】日本ワインに関する著作・記事のある者
 

  • 第4回日本ワイナリーアワード®︎2021について

【会名称】
日本ワイナリーアワード®︎2021
【開催日】
2021年6月4日(金) 14:30~15:00(予定)
【会場】
東京會舘7Fクインス 東京都千代田区丸の内3-2-1
【内容】
アワード受賞ワイナリーの発表・表彰、フォトセッション ほか
【オンライン会場】
YouTubeにてLive配信
    <LIVE配信URL>https://youtu.be/RXlcpVduF9I
※新型コロナウイルス感染症の情勢により、日時および会場は変更する場合がございます
【公式WEBサイト】
https://www.japan-winery-award.jp/
【後援】
農林水産省、観光庁
【協賛】
株式会社グローバル、リーデル・ジャパン(RSN Japan 株式会社)
【2021特別審査員】
株式会社 菊の井 代表取締役 村田吉弘様
 

  • 昨年は15のワイナリーが5つ星に輝く!2021年の5つ星は果たしてどこのワイナリーが受賞する!?

 

日本ワイナリーアワード2020®︎の模様日本ワイナリーアワード2020®︎の模様

2021年は日本全国の対象ワイナリー258場を全国の審査員が厳選し、評価いたしました。果たしてどこのワイナリーが5つ星を獲得するのか?当日まで楽しみにお待ちください。
■第3回日本ワイナリーアワード®︎2020/5つ星獲得ワイナリー
【北海道(2場)】
・ドメーヌ・タカヒコ
・山﨑ワイナリー
【山梨県(7場)】
・勝沼醸造
・機山洋酒工業
・サントリーワインインターナショナル
・メルシャン
・ダイヤモンド酒造
・中央葡萄酒
・丸藤葡萄酒工業
【山形県(3場)】
・酒井ワイナリー
・高畠ワイナリー
・タケダワイナリー
【長野県(2場)】
・小布施ワイナリー
・Kidoワイナリー
【大分県(1場)】
・安心院葡萄酒工房

※なお、本アワードでは会場で代表撮影を行います。取材記事等でご使用になりたい場合、下記問い合わせ先より「取材記事用撮影画像希望」の旨を記載いただき、メールにてご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。