予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

食×就労体験×交流カフェがオープン!

特定非営利活動法人Homedoor特定非営利活動法人Homedoorのプレスリリース

認定NPO法人Homedoorは、設立10周年を記念しカフェ「おかえりキッチン」をスタートいたします。住まいや仕事を失い、絶望的な気持ちになった時こそ、温かい健康的な食事で明日への活力を取り戻してもらいたい。そんな想いで2021年6月1日からオープンいたします!

 

■おかえりキッチンとは
当法人は大阪市北区を中心に活動しているホームレス状態の方をはじめとする生活困窮者らの支援団体です。2018年には18の個室型宿泊施設「アンドセンター」の運営を開始し、さらにこの度、当センター横に新たな試みとして「食×就労体験×交流」をテーマとしたカフェの運営を開始します。

 

【CONCEPT1:食事提供】
コロナの影響で2020年度の相談者数は前年度比約1.5倍と急増しており、相談者の年齢層は10~80代と幅広い世代の方が不安を抱えて生活相談に来訪されます。世代を問わず利用者の方にまずは温かく健康的なご飯を食べて一息ついて頂きたいと考えています。
 

 

 

【CONCEPT2: 就労支援+アフターフォロー】
アンドセンターの利用は短期間のため、限られた期間の中での関係構築、
濃密なサポートが重要となります。おかえりキッチンで就労体験をすることで就労準備に加え、気軽に会話をしたり本音を話してもらう場づくりを行い、今後のステップに向けた話し合いの糸口にしていきます。
また、就労体験をされた方に計10食分の食事券「おかえりチケット」を
お渡しすることで再訪の仕組みをつくり、継続的なフォローをしていきます。

 

【 CONCEPT3:地域に開かれた「コミュニティカフェ」】
ホームレス問題はそのイメージから、関わりにくい印象を与えてしまうこともあり、おかえりキッチンを運営することで気軽にHomedoorとの接点を地域の方々に持って頂くことも狙いの一つです。近所の方が気軽に集えるカフェを運営することで、地域のコミュニティデザインを手がけていく場としても活用していきます。
 

 

■おかえりキッチン概要
名称:おかえりキッチン
開業日:2021年6月1日(火)10:00〜
営業時間:月〜金  10:00~18:00(ランチ11:30~14:30)

■運営団体・認定NPO法人Homedoorについて
2010年より「ホームレス状態を生み出さない日本」を目指し、ホームレス状態の方や生活困窮者を対象に仕事や宿泊施設の提供、相談事業などを行っており、サイクルシェア・HUBchari事業を中心に当事者の特技を生かした仕事づくりにも力を入れています。コロナの影響で相談者は増え続けており、2020年度は年間1112名の新規相談がありました。

代表:川口加奈(かわぐち・かな)世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)のGlobal Shapers、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」、Forbes誌による日本を変える30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN」など受賞多数

本件に関する問い合わせ
認定NPO法人Homedoor(担当:谷野)    
住所:大阪市北区本庄東1-9-14(おかえりキッチンすぐ横)
電話:070-4426-8613   メール:okaeri-kitchen@homedoor.org
おかえりキッチン Webサイト : http://www.okaerikitchen.homedoor.org/      
法人Webサイト:https://www.homedoor.org

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。