予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

次世代のシーフード『グリーンサーフブランド』、 日本テレビの特集番組で紹介! 今夏、第一弾を発売予定!

あづまフーズ株式会社のプレスリリース

あづまフーズ株式会社(所在地:三重県三重郡菰野町大字永井3095-45 代表取締役社長:中島隆)で扱う、次世代のシーフード『グリーンサーフブランド』が、日本テレビの特集番組【櫻井翔×池上彰 教科書で学べない 今そこにある危機(番組公式サイト: https://www.ntv.co.jp/kyokasyo5/ )】で紹介されました。2021年夏には同ブランドの第一弾が発売予定です。

次世代のシーフード『グリーンサーフ』

▼商品概要
今回、次世代のシーフードブランド『GREEN SURF』というブランド名で展開を予定している、プラントベースシーフードが取り上げられました。
見た目はマグロやサーモンに見えるものの、植物性の澱粉を主原料として製造した、ヘルシーな食材となっております。
http://www.azumarche.jp/

ブランドロゴ『GREEN SURF』

▼グリーンサーフブランド(未来の寿司ネタ?次世代のシーフードの特徴)
持続可能な開発目標(SDGs)を達成すべく新たな試みとしてチャレンジした製品です。
近年では魚介類の乱獲や海洋汚染問題・地球温暖化などを原因として、国内外での水産資源の水揚げ量が年々減少しております。グリーンサーフブランドの提供を通して、身近な問題にもなっている水産資源の枯渇回避のための一助になればと願っています。
この機会にぜひ、#未来の寿司ー新しい寿司をご賞味ください。
生魚が苦手で食べられない方や、妊婦さんなど体への配慮のために控えている方にも美味しく味わって頂ければ、非常に嬉しく思います。

▼海外での取り組み
当社は米国、カナダ、欧州など、SDGs先進国の海外にも拠点を持っており、動物性タンパク質を一切使用しない製品を複数取り扱っております。代表商品としては、大豆で作成した疑似肉『ブランド名:SOY MEISTER(ソイ マイスター)』を日本国内でのブームに先駆けて提供して参りました。

ブランドロゴ『SOY MEISTER』

海外は日本国内よりも先進して、ベジタリアンやヴィーガン・SDGsの文化が進んでおり、そのような市場に向けた商品開発・提供を2014年より行っています。
南半球オーストラリアでは、「照り焼き豆腐ロール」として、ヴィーガン、グルテンフリーの寿司ネタとして、ご愛用頂いております。また、カナダTop Tier Food社との業務提携は、「Waygu」ブランドとして大手の寿司のメニューとしても検討され、コロナ禍でも2020年の北米輸出実績は、5トンを超えております。
https://fooddiversity.today/article_81164.html

▼あづまフーズ株式会社について
当社は創業依頼、多様化する食のニーズとして、「美味しいこと」「安心・安全であること」に加え、「世の中に新しい価値(商品)を生み出すこと」を理念に持ち続けております。
例えば、皆さんの中で馴染み深い商品として『たこわさび』がありますが、実は、たこわさびも当社が世界で初めて製造した商品です。もともとは罰ゲーム用の商品として開発したのですが、今ではすっかりお酒のお供として多くの方にご愛顧いただいております。
このように、多くの目線や角度から物事を捉え、常に世にはない新しい商品開発を現在も続けております。

▼商品情報
発売時期:2021年 夏
販売場所:公式オンラインショップ「あづまルシェ」
商品価格:近日HPやオンラインショップなどにて情報公開
商品種類: まるでマグロ
      まるでサーモン
      まるでイカ
     *商標登録出願中

まるで本物!未来のお寿司!

ホームページ: https://www.azumafoods.co.jp/
通販サイト : http://www.azumarche.jp/
Instagram  : https://www.instagram.com/soy_meister/
Twitter   : https://twitter.com/azumafoodsjp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。