予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【ぐるなびリサーチ部】2021年「父の日」に関する調査

株式会社ぐるなびのプレスリリース

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は2021年の「父の日」について調査しました。主な結果は以下の通りです。

【調査結果ポイント】
■今年の父の日に贈るプレゼントは「お酒」が最も多く36.3%。
■今までに貰って嬉しかったプレゼントは「何を貰っても嬉しい」に次いで「お酒」が30.7%。
■父の日の過ごし方はコロナ前と比べ、2割が変化があったと回答。
■コロナ前と比べ、プレゼントの手渡しは8.5ポイント減少、一方で宅配便は8.5ポイント上昇。

コロナ禍の家飲み需要が「父の日」に影響?!プレゼントは「お酒」が人気傾向!

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

今年の「父の日」、「贈る側」が予定しているプレゼント傾向を見ると、「お酒」が4割弱と最多に。コロナ前と比べてお家で晩酌をすることが増えたお父さんに喜んでもらおうと、選ぶ方が増えているのかもしれません。また、健康に対する意識の高まりもあり「健康を意識した食品・飲料」が2割弱とお酒に次いで多くなりました。
一方で「受け取る側」が「これまでもらって嬉しかったプレゼント」を見てみると、「贈る側」と同様に「お酒」が3割以上と多くなりました。ただ、「贈る側」で2番目に多かった「健康を意識した食品・飲料」は、 「受け取る側」では残念ながらランク圏外。「贈る側」がお父さんの身体を気遣ってセレクトしたプレゼント、喜んでもらえるとよいですね。
次に「コロナ禍でのプレゼントの渡し方の変化」に注目してみますと、コロナ前と比べると、プレゼントを「手渡し」する人の割合は8.5ポイント低くなり、宅配便などで送る人が同じく8.5ポイント増えました。直接会いに行けなくても、「プレゼント」は宅配便で届けて、日頃の感謝の気持ちを伝える予定の人が多いのかもしれません。

 

 

【調査概要】
■調査期間:2021年6月2日(水)~4日(金)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。