予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

絵文字で気持ちを伝えるお餅「EMOCHI(えもち)」 を2021年6月16日 “和菓子の日”に発売開始いたします

株式会社 九重本舗玉澤のプレスリリース

株式会社九重本舗玉澤(本社:宮城県仙台市、代表取締役:近江貴生)は、『WA!GASHIプロジェクト(※1)』と共同で、絵文字で気持ちを伝えるお餅 「EMOCHI(えもち)」 を開発。”和菓子の日”でもある2021年6月16日公式オンラインショップ及び直営店(藤崎店、エスパル店)販売開始いたします。

 

公式Webサイト https://www.tamazawa.jp/products/detail.php?CN=318212

公式オンラインショップ https://tamazawa.thebase.in/items/45785579

伝統の和菓子づくりのと日本の文化絵文字”の融合
 九重本舗玉澤は延宝参年(西暦1675年)に仙台藩のご城下・国分町に「御用御菓子司」として開業。創業から346年、独自の製菓技法を代々受け継ぎ、常に新しさと革新を求め続け、いまでは定番菓子となっている「九重」や冬季限定の「霜ばしら」といった時代を切り拓く独創的な和菓子をお届けしてまいりました。新たな取り組みとして、日本発祥のポップカルチャーであり現代のデジタル・コミュニケーションには欠かせない絵文字をモチーフにした新しい生菓子「EMOCHI(えもち)」を創りました。表情豊かな10種類のバリエーションを、白あん・ゆずあん・みそあんの3種のお味でご用意しております。

絵文字 + 気持ち + お餅 = EMOCHI(えもち)

特徴1 日本発祥の文化としての”絵文字
 絵文字は、いまや世界中で使われている日本発祥のコミュニケーションツールです。メールやチャットの言葉だけでは伝えきれない気持ちやそのニュアンスも、絵文字を添えることで伝えることができます。これは、古くから和菓子が果たしてきた役割と似ています。相手を慮り、とする日本人のおもてなしの心を、オリジナル制作の絵文字の姿をしたお餅として表現いたしました。

特徴2 様々なギフトシーンご利用可能多彩な表情とメッセージ
 10種類ご用意いたしました。贈る相手やシーンに合わせて表情をお選びいただくことで、驚きと笑顔が生まれる楽しい贈り物としてご利用いただけます。さらに、一言メッセージを添えられる8種類のメッセージカードをご用意いたしました。無地タイプもご用意しておりますので、お客様ご自身で手書きのメッセージを添えていただくことも可能です。

特徴 創業346年の伝統と職人の業
玉澤に代々伝わる餅菓子をベースに、職人がひとつひとつております。3種類の餡(白あん、ゆずあん、みそあん)を外郎(ういろう)で包み込んだ生菓子です。和菓子ならではのやさしい甘みをお楽しみください。

 

生菓子EMOCHI(えもち)3個入【選べるセット】 1,512円(税込)

※以下より3つを選択
1. 笑(白あん)
2. 爆笑(白あん)
3. にっこり(ゆずあん)
4. チュッ(ゆずあん)
5. ハート(白あん)
6. ぺろり(白あん)
7. ベー(みそあん)
8. ぴえん(ゆずあん)
9. びっくり(みそあん)
10. マスク(みそあん)

生菓子EMOCHI(えもち)3個入【おすすめセット】 1,512円(税込)
Aセット
・びっくり(みそあん)
・笑(白あん)
・ぴえん(ゆずあん)

Bセット
・にっこり(ゆずあん)
・ハート(白あん)
・びっくり(みそあん)

Cセット
・ぺろり(白あん)
・ぴえん(ゆずあん)
・べー(みそあん)

生菓子 EMOCHI(えもち)10個入【全種類セット】3,996円(税込)

※店舗販売は仙台市内の直営店(藤崎店、エスパル店)では週末数量限定販売を予定しております。
※消費期限は製造日より4日間です。
※オンラインショップでは別途送料を頂戴しております

―九重本舗玉澤―
九重本舗玉澤は1675年(延宝参年)創業の東北宮城 仙台市にある和菓子屋です。弊舗の商号にもなっている明治時代から続く「九重(ここのえ)」をはじめとして、全国菓子大博覧会 最高賞を受賞した「霜ばしら」、定番商品「ゆべし」や「しおがま」など、 季節や街の伝統を感じていただける御菓子をご用意しております。三百余年の長きに渡って守り続けて参りました和菓子作りの業と伝統、そして創業より大切にしてきた革新と進化の追求によって創られてきた弊舗の御菓子を、皆さまに楽しみいただけますと幸いです。
全国銘産菓子工業協同組合 加盟店 http://www.ajiwai.or.jp/list/index.html
全国和菓子協会 会員 https://www.wagashi.or.jp/wagashikyokai/zenkoku/

―104 Business Design Office (マーケティングパートナー)―
事業開発、ブランディング、マーケティングコミュニケーション領域を中心に、企業のビジネス支援を展開しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

商品開発チームのご紹介
EMOCHIは、九重本舗玉澤とWA!GASHIプロジェクトで共同開発しました。

 

(※1)
WA!GASHIプロジェクト
WA!GASHIプロジェクトは、 和菓子がもつ知られざる魅力を発掘し、アッと驚くような新しい商品を開発するプロジェクト。食習慣や生活様式の変化の中で忘れられつつある和菓子の魅力に光をあて、現代の人たちのコミュニケーション様式にぴったりなWA!GASHIを生みだすことで、和菓子をもっと身近なものにしていきます。
WA!GASHIプロジェクトサイト:http://wagashi.love/

プロジェクトメンバー:

RABBIT inc. クリエイティブディレクター 増田総成
「いいもので、いいこと。」をブランドビジョンに掲げ、アートディレクションを軸に、商品開発やコミュニケーションデザインを通じて、本質的なブランド価値を創出し、世の中に還元するクリエイティブ・ブティックです。
 

HACKTS プロデューサー 松本洋人
博報堂関西支社内のプロジェクトチーム「HACKTS」は、大学や研究機関、技術系スタートアップ、伝統工芸などと協働しながらイノベーションをもたらすクリエイティブチームです。関西エリアを中心に、優れた研究資産や伝統技術などを発掘し、クリエイティブアイデアを掛け合わせることでプロダクトやサービスを開発。生活に新しい価値をもたらすことを目指します。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。