予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

新店舗「炭火焼 炎舞家ENBUYA」が新橋・汐留エリアに2021年6月21日に本格グランドオープン!和と洋を融合した料理と雰囲気のある店内で、ビジネス、ご接待、デート、記念日、お祝いにも最適。

株式会社プラスゲートジャパンのプレスリリース

2021年5月10日にサイレントOPEN後に緊急事態宣言の自粛要請を受け、自粛休業していた新店舗「炭火焼 炎舞家ENBUYA」が、お酒の提供を開始できる事を機にワインや日本酒とのマリアージュを愉しめる炭火焼コースのお店として本格グランドオープンする。
東京都の要請通り、酒類の販売は要請が解除されてからとなる。

当店は、フランス修行経験のあるシェフと和食一筋25年の料理人が創作する炭火焼フュージョン和食のお店。旬の魚介と野菜を中心に、ジビエや高級黒毛和牛の炭火焼までをご用意したコース中心で、名物〆の「トリュフ土鍋ご飯」は至福のひと時を演出いたします。

ゆったりした板前カウンターは全8席。接客と料理のクオリティーを保つため、1日4組8名様までに限定しております。

おつまみとお酒をちょい飲みできる、ウェイティングバー6席もございます。

ビジネス会食からご接待、デート、お祝いの席に最適なイノベーティブ炭火焼コースをご堪能いただけます。

<オープン記念のコースは2種類>
・山海SANKAI:5,000円(税込5,500円)※通常7,700円相当
魚介と赤鶏さつま、ジビエの炭火焼コース(〆のトリュフ土鍋ご飯付き)
・田子牛TAKKO-GYU:8,000円(税込8,800円)※通常11,000円相当
ジビエと青森ブランド田子牛の炭火焼コース(〆のトリュフ土鍋ご飯付き)

<お飲み物>
・ノンアルコールビール5種以上
・グラスシャンパン
・グラスワイン赤白各3種以上
・ボトルワイン多数(リストをご用意)
・杜氏の頂点 農口尚彦研究所の日本酒(時期により銘柄が変わります)
・奥能登の女杜氏の逸品 谷泉(時期により銘柄が変わります)
・鈴鹿山脈の孤高の杜氏の傑作 作(時期により銘柄が変わります)
・厳選した焼酎10種類程度(順次、増やして参ります)
・他、厳選した日本酒(リストをご用意)
・幻のプレミアム焼酎「森伊蔵」「村尾」「魔王」
・自家製 檸檬サワー
ほか、ビール・サワー・ハイボール・各種焼酎もございます。

完全個室もご予約でご用意しております。1日限定2組の贅沢な空間をお愉しみください。

<食材の情報>
・赤鶏さつま
一説には弥生時代から日本に生息していたと言われる赤鶏を、改良した「純国産系のにわとり」で、「赤鶏さつま」は麦を配合した植物性たんぱく質のみの飼料で通常の鶏よりも長い期間飼育している。そのため臭さがなくシャキッとした歯ごたえがあり、風味が良く、味の良さにこだわっています。国内で育種改良された純国産高級鶏種。

・田子牛(たっこぎゅう)
「幻の牛肉」と言われる青森の田子牛は、奥羽山脈(おううさんみゃく)からの澄んだ湧き水と広大な牧草地で肥育され、四季・朝昼夜の寒暖差によって、きめ細やかで締りがあり、光沢の良い牛肉に仕上がります。当店へ送られてくる田子牛は和牛農家 立花康夫さんが丹精込めて育て上げた逸品。

・ダチョウ肉(ブランド名:クイーンズオーストリッチ)
「クイーンズオーストリッチつくば牧場」で肥育されている国産駝鳥。牧場主の加藤“駝鳥”貴之氏は当店オーナーと長年の付き合いがあり、牧場にも訪問して肥育環境を確かめている。牧場主の加藤氏は勤め人時代からダチョウ肉に惚れ込んでおり、自らのミドルネームに「駝鳥」と入れて名乗っており、全国の駝鳥牧場主とも交友関係のある人物で、自分が目指す肉質を求めて牧場の開業まで行きついた。
質の良い赤色の肉は赤身牛肉や鹿肉を思わせるクオリティーで、高たんぱくで低カロリーかつ栄養価が高い。

厳選した食材で創る料理と入手困難な極上なお酒と共に、優美なひと時をお過ごしいただけます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。