予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

くまもと海のふりかけプロジェクト 2021 ~菊池川水系編~を開催しました!

海と日本プロジェクト広報事務局のプレスリリース

海と日本プロジェクトinくまもとは、くまもと海のふりかけプロジェクト 2021~菊池川水系編~を2021年6月29日と7月6日に開催しました。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

イベント概要
・有明海とつながる地域の地下水や川について学び、地下水を育む地域の食材をつかってふりかけを作る
・2021年6月29日(火)、7月6日(火)
・合志市立西合志第一小学校
・参加人数13人
・合志市教育委員会、公益財団法人くまもと地下水財団、株式会社通宝

地下水・地域の食材を学び、海について考える
海とつながる身近な暮らしについて学ぶため、6月29日、西合志第一小学校の5年1組はくまもと地下水財団の村惠章広さんを講師に迎え、有明海につながる地下水のことや、地下水を守るために大切な作物や農地、水田について学びました。子ども達は、模型を使った水の流れに興味津々。自分たちの地域と有明海とのつながりについて「自分ごと」として考える機会になりました。

ふりかけを作って給食に
7月6日は「海を育む」ふりかけ作りにチャレンジ。今年で3年連続となる「ふりかけプロジェクト」は海と少し離れた地域から海を考えるという観点を加えました。各自でふりかけパッケージのデザインをして、グループで商品名を考えました。ふりかけの具材には、地元産ほうれん草や高菜を使い、複数の具材を調合してオリジナルのふりかけを作り、給食のご飯の上にかけて食べました。
黙食をする子ども達ですが満面の笑みを浮かべて地域の恵みの詰まったふりかけご飯を味わいました。今回の調合をベースにして株式会社通宝が商品化し11月の全国ふりかけグランプリ会場で販売する予定です。

団体概要
団体名称:海と日本プロジェクトinくまもと実行委員会
本社所在地 :熊本市西区二本木
電話番号:096-359-9022
代表 :実行委員長 木村敬
設立:2016年3月3日
URL:https://kumamoto.uminohi.jp/
活動内容:熊本の豊かな海を未来に引き継ぐため、次世代を担う子供たちや若者を対象に、海に親しみ、その素晴らしさ・豊かさを知り、大切にする心を育てる運動を興し推進する。

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。