予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

日本屈指の茶師により厳選された高級茶葉をふんだんに使ったプレミアムな抹茶スイーツが登場!「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」300円(税込330円)

株式会社FOOD & LIFE COMPANIESのプレスリリース

 株式会社あきんどスシロー(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:堀江 陽)は、“スシローカフェ部”の新商品として、180年以上続く京都宇治の老舗茶舗「森半」とコラボレーションし、日本屈指の茶師が厳選した高級茶葉をスシロー専用にブレンドした、この夏“必食”の新作スイーツ「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」を、7月21日(水)より全国のスシローにて期間限定で販売いたします。

老舗茶舗の宇治抹茶かき氷・イメージ画像①老舗茶舗の宇治抹茶かき氷・イメージ画像①

 「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」は、「森半」こだわりの抹茶の味がしっかりと楽しめるように何度も試行錯誤を重ねた末に完成した新商品です。かき氷でひんやり、さっぱりしつつも、お茶の風味と、最大の特長でもある抹茶の濃さを存分に味わうことができるので、抹茶好きの方にぜひ食べていただきたい、“スシローカフェ部”が自信を持ってお届けする一品となりました。

 こだわりのひとつは抹茶アイスです。茶師が厳選した高級茶葉を使用したアイスは、抹茶の風味をより強く感じられるよう完成までに何度も試行錯誤を重ねました。抹茶アイスに加えて、スシローこだわりのあんこ、店内で茹でて切り付けるわらびもち、そして白玉をトッピングすることで、贅沢なかき氷に仕上げました。また、かき氷の決め手となる抹茶シロップは、抹茶本来の色が非常に美しい緑であるため、この綺麗な色味を最大限活かし、お客様に見た目の美しさもお楽しみいただけるよう、茶葉の旨みや甘みがたっぷりと含まれている贅沢な“一番茶”を厳選し、店内でシロップを作ることで抹茶のきれいな発色・香りをご堪能いただけるように仕上げました。

 これまでも“スシローカフェ部”では、抹茶を使用した商品を開発しご好評をいただいておりましたが、進化を止めることなく、より新しい抹茶スイーツを探し求めていた中で、長い歴史を持つ「森半」とコラボレーションし、本格宇治抹茶を使用した新商品「老舗茶舖の宇治抹茶かき氷」を完成させることができました。これからの暑い季節にぴったりな新商品ですので、ぜひこの機会にお近くのスシローにてお召し上がり下さい。

 

  • 「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」 商品概要

 

老舗茶屋の宇治抹茶かき氷(練乳無)老舗茶屋の宇治抹茶かき氷(練乳無)

■商品名:「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷(練乳無)」
■価 格:300円(税込330円)
■発売日:7月21日(水)~

 

老舗茶屋の宇治抹茶かき氷(練乳)老舗茶屋の宇治抹茶かき氷(練乳)

■商品名:「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷(練乳)」
■価 格:330円(税込363円)
■発売日:7月21日(水)~

※期間限定商品のため、なくなり次第終了となります。
※お持ち帰り不可。
※写真はイメージです。
※本リリースに記載している商品につきましては、一部店舗では品目・価格が異なります。
※状況によりお持ち帰りのみの営業、または営業時間の変更がございます。

 

  • <新商品のこだわり>

 

老舗茶舗の宇治抹茶かき氷・イメージ画像②老舗茶舗の宇治抹茶かき氷・イメージ画像②

 

イメージ画像①イメージ画像①

日本屈指の茶師・菊岡氏がスシローのためにブレンドしたこだわりの茶葉を使用

 

イメージ画像②イメージ画像②

一番摘みの高級茶葉を使用した抹茶アイスは、濃厚な抹茶の旨みを感じる贅沢な一品

 

イメージ画像③イメージ画像③

抹茶本来の美しい緑色をお楽しみいただけるよう、店内で仕込むひと手間加えたシロップを使用

 

  • 日本屈指の茶師 菊岡 勝

 

日本屈指の茶師 菊岡 勝日本屈指の茶師 菊岡 勝

 1998年と2002年と2度、全国茶審査技術競技大会に優勝し、名実ともに日本屈指の茶師として活躍中。「森半」の原料調達責任者として日本全国を巡る。

 

  • 緑茶の三大名所“京都宇治”で180年続く老舗茶舗「森半」とは

 森半は天保7年(1836年)に創業した、共栄製茶株式会社の起源にもなる宇治のお茶ブランドです。宇治は周囲の丘で育てられたお茶で有名で、多くのお茶会社やお茶屋がここにあります。

 最も大切にしたのは、長い歴史に裏打ちされた品質へのこだわりと茶文化の継承。その精神を今も受け継ぎ、緑茶の様々な商品を作っています。茶葉、抹茶などの粉末商品、ティーバック、抹茶スイーツなど、伝統ある商品を大切にしながらも、新しい商品を多数作り出しています。

 森半は高品質で安心できる商品との高い評価を受け、国内で販売するだけでなく、海外へも輸出しています。
 

「森半」画像「森半」画像

 

  • “スシローカフェ部”とは

 “スシローカフェ部”は「そそる、べつ腹。おどれ、ココロ。」をテーマに、おすしを食べた後でも美味しく食べられるスイーツを開発・販売しています。月に約2回実施しているフェアに合わせた新商品や季節限定のスイーツ等、パティシエを含めた女性を中心としたメンバーが日々最新の情報を集めて新しい商品をご提供できるように試行錯誤しています。

“スシローカフェ部”2代目パティシエ“月輪ひかり”について

月輪ひかり月輪ひかり

 幼少期から父親と一緒にケーキ作りをし、「ケーキ屋さんになること」が夢で、製菓学校を経て一流ホテルに就職し、ウエディングケーキなどの作成を担当。菓子製造技能士(2級)の試験結果が優秀で、大阪地区で優秀賞を獲得。その後、一流ホテルのレストラン専属パティシエとして採用され意欲的に新商品を開発後、スシローに入社し、スシローカフェ部2代目パティシエに起用される。新風を巻き起こすスイーツを目指して現在奮闘中。

——————————————————————–
【「森半」からのコメント】
 今回、スシロー様とコラボをするにあたり、こだわりの宇治抹茶の風味・旨み・色味をしっかりと味わっていただけるものを試行錯誤し、“スシローカフェ部”様と一緒に作り上げることができました。茶葉の中でも贅沢な一番茶を選定し、スシロー様用にブレンドをいたしました。宇治抹茶シロップや抹茶アイスには、スシロー様専用のこだわり抜いた抹茶が使用されております。全国600店舗以上あるスシローで、ここまでこだわった商品を出すことができることは非常に嬉しく、多くの方に改めて抹茶の美味しさを実感いただく機会になればと思います。

【“スシローカフェ部”からのコメント】
 “スシローカフェ部”では今までもたくさんの抹茶スイーツをご提供してきました。その度にたくさんのお客様からご好評の声をいただいておりましたが、今回は老舗茶舗の「森半」様とコラボすることができ、こだわりの宇治抹茶を使用した商品をご提供できることを非常に嬉しく思っています。この「老舗茶舗の宇治抹茶かき氷」は、抹茶アイスに、こだわりの抹茶シロップがかかったかき氷が楽しめます。時間が経つとアイスが溶けて、シロップと合わさり、また新しい抹茶の味をお楽しみいただくことができる商品です。ぜひこだわりの商品をお楽しみください。
——————————————————————–

 

  • スシロー衛生面への取り組み

 新型コロナウイルス感染拡大の前よりスシローでは徹底した衛生対策を実施してまいりました。適切なタイミングでの現場確認者による目視確認をした上での手洗いの実施や、目視を含めた身だしなみチェック、体調管理チェックの実施・記録、体調不良者の出勤禁止等の取り組み等、弊社内にある衛生管理の専門チームが定める社内ルールのもとで徹底した衛生管理に取り組んでおります。また、キッチン内の出入りの際の手袋着用・交換はもちろん、食品に触れた手袋は一定のタイミングでの交換を徹底しております。あわせて、30分に1回キッチン内にて流れる衛生確認の放送に従いアルコール消毒による清掃を行う等、清潔で安全な環境を維持することに努めてまいりました。

 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、店舗内において各所にアルコール消毒液の設置、テーブルやタッチパネル等の都度拭き上げ等による清掃・除菌を行い、セルフレジ等の非対面システムの導入を進める等、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、あらゆる対策に取り組んでおります。
 

安心・安全の取り組み①安心・安全の取り組み①

安心・安全の取り組み②安心・安全の取り組み②

『安全・安心の取り組み』について
詳しい取り組みは下記HPをご覧ください。
https://www.akindo-sushiro.co.jp/umaisushiwo_anzenni

【『うまいすしを安全に』 イメージムービー】

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。