予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

めんどうだったお買い物や料理が、今日から100倍楽しくなる! 「お店でいちばん美味しい野菜」が見つかる新感覚クイズの本が誕生!

株式会社飛鳥新社のプレスリリース

株式会社飛鳥新社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大山邦興)は書籍『野菜がおいしくなるクイズ』を7月16日に発売しました。“天才野菜博士”としてメディアでも活躍中の緒方湊さん(中学2年生)の初となる著書で、「おいしい野菜の見分け方」をクイズ形式で紹介しています。クイズで遊ぶだけで「料理が上手になる/お得な買い物ができる/体が健康になる」だけではなく、「夏休みの自由研究」や「野菜嫌いの克服」などお子さんにもピッタリな内容が詰まった、家族で読みたい一冊です。

『野菜がおいしくなるクイズ』緒方湊・著/飛鳥新社『野菜がおいしくなるクイズ』緒方湊・著/飛鳥新社

【内容紹介】

あなたには、こんなお悩みありませんか?

「本当は料理がめんどうくさい」
「買い物に行っても献立が決まらない!」
「いつもあまった野菜を捨ててしまう…」

そんな悩みを解決できる【野菜クイズ】が誕生しました!
史上最年少の10歳で野菜ソムリエプロに合格し、
1300種類以上の野菜を食べてきた著者・緒方湊さんが、
スーパーマーケットやキッチンで役立つ「野菜の新常識」をクイズでお伝えします。

「みなとプロ」の愛称でテレビでも人気の著者「みなとプロ」の愛称でテレビでも人気の著者

 

 

本書内では、著者が探偵になってクイズのヒントを出してくれる本書内では、著者が探偵になってクイズのヒントを出してくれる

 

【クイズの特徴】

◎おいしい野菜の「見分け方」を厳選して紹介しています
◎絵と写真で「見分け方」を覚えるから、外出先でいつでも思い出せます
◎栄養価の高い「旬なもの」を選べて、お得な買い物ができます
◎いつもの料理が、栄養がある健康的な料理にグレードアップします
◎簡単な調理でも「味の濃い逸品」になり、献立の悩みが減ります
◎野菜が苦手、料理がめんどう、といったコンプレックスが解消されます
 

トマトのクイズ(サンプル)トマトのクイズ(サンプル)

 

トマトのクイズの答え(サンプル)トマトのクイズの答え(サンプル)

【クイズの一例】

Q  おいしくてあまいトマトはどーれだ?

Q  新鮮なキュウリはどーれだ?

Q  たまねぎサラダ作りで避けるべきなのは?

Q  おいしいにんじんサラダを作りたい!避けるべきはどれ?

Q  買うならどっちのキャベツにする?

Q  じゃがいもがあまくなる保存仕方はどーれだ?

Q  究極の二択! ネギを選ぶならどっち?

Q  イチゴ・リンゴ・ブドウ…どれがまちがった保存方法?

Q  リンゴの一番あまい部分は、どーこだ?

Q  スイカを選ぶならどっち?

Q  なすのおいしいところは、どーこだ?

Q  とうもろこしの「あまさ」をキープする保存法はどーれだ?

 新鮮な枝豆を選びたい!まちがいは、どーれだ?

Q  アスパラガスを選ぶなら、どっち?

Q  あま~いブロッコリーは、どーれだ?

Q  究極の二択! 苦みが減るピーマンの切り方は、どっち?

【著者プロフィール】

緒方 湊(おがた・みなと)

最年少野菜ソムリエプロ。
2008年3月生まれ。幼少期から野菜や果物が大好きで、わずか6歳で野菜づくりを始める。8歳で「野菜ソムリエ」、10歳で「野菜ソムリエプロ」に合格。いずれも当時の“最年少記録”を大幅に更新し、その快挙が多くのメディアで報じられる。2019年には「いばらき大使」に任命。テレビ番組にも「天才野菜博士」としてたびたび出演し、話題となる。現在も、自宅の菜園で日本各地の「伝統野菜」を栽培するかたわら、野菜の魅力を伝えるべく全国のイベントや講演で活躍中。

 
【書誌情報】

『野菜がおいしくなるクイズ』
緒方湊・著
定価1400円(本体1273円+税)
刊行日 2021年7月16日

【出版社情報】
株式会社 飛鳥新社
所在地:東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル2F
http://asukashinsha.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。