予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

創業25年の焼肉店が最適な部位を厳選した”黒毛和牛の唐揚げ”をMakuakeで先行予約販売を開始

株式会社泰成FOOZのプレスリリース

唐揚げ=鶏肉の固定観念を覆し、新たな美味しさの発見に挑戦!

株式会社泰成FOOZ (本社:広島県広島市、代表取締役:大山 泰司) は、8月27日19:00よりクラウドファンディングサイトMakuakeにて、厳選した黒毛和牛を独自の調理法と特製のタレで仕上げた“黒毛和牛の唐揚げ”を先行販売します。

 
”サッと揚げるだけの簡単調理で絶品黒毛和牛をご家庭に”

創業25年、広島にて焼肉店「白李」を運営する当社は鶏肉が一般的な“唐揚げ”の新ジャンルとして“牛肉の唐揚げ”に挑戦しました。牛肉をおいしい唐揚げにするために黒毛和牛の部位を厳選し、旨味を活かしつつ程よい食感にする為に、部位やカットの仕方など何度も試作を重ねました。その結果、噛んだ瞬間の柔らかな食感と共に上品な脂が溶け出し、肉の旨味を存分に味わえる”黒毛和牛の唐揚げ“が完成。キメ細やかで上品な脂である黒毛和牛のカルビと、脂が少なく和牛の肉感たっぷりなモモを贅沢に使用。2つの部位を食べ比べする事が出来ます。他では味わえない”黒毛和牛の唐揚げ”がご家庭で簡単にお召し上がりいただけます。味付け済み、衣も付いた冷凍発送のため、ご自宅でさっと揚げるだけ。鶏肉では感じられない肉々しさと上品な脂が病みつきになる美味しさを体感できます。

 

 

”牛肉×唐揚げ”という新たな挑戦の日々”

ご家庭で手軽に調理ができ、老若男女問わず人気の唐揚げを弊社自慢の黒毛和牛を使用して作り上げたい。その思いからこの挑戦はスタートしました。はじめは「おいしいお肉を唐揚げにすればおいしいはず」と安易な試作は敢え無く失敗。焼肉ではおいしい和牛も、唐揚げとなると火の通り方が変わり、固くなったり、ジューシーさを失ったりと、なかなかうまくいきません。

サシが強く入った方がいいのか、赤身の多いものが良いのか。

固まりか薄切りか、大きさはどの程度がおいしく食べられるか。

など鶏肉の唐揚げとはまるで違う「唐揚げ」を一から考えることになりました。

細部にこだわり研究を重ねついに、肉肉しさと、やわらかさを兼ね備え、ジューシーで旨味が口に広がる”和牛モモ”と”和牛カルビ”の唐揚げが完成しました。

 

”味付けは、焼肉白李特製ダレを最適ブレンド”

”白李”特製の2種類を最適なバランスでブレンドしたタレで下味をつけました。そのまま召し上がってもおいしくいただけます。さっぱりと召し上がる方はお好みでレモンをほんの少しだけ絞ってどうぞ。ご飯もお酒もすすみます!胃もたれすることなく幅広い年代のお客様にお召し上がりいただけます。

 

 

焼肉”白李”について

1996年の創業以来お客様の特別な日に寄り添える店づくりを目指して現在、広島市内を中心に系列店合わせ12店舗を運営する焼肉店グループです。

店舗一覧:https://h-taisei.com/omisewosagasu/

 

“和牛の逸品、厳選黒毛和牛「HAKURI Premium Beef 」”

白李は厳しい基準で牛肉を選びお客様に提供しており、

その基準に合格した牛肉を「HAKURI Premium Beef」と呼んでいます。

「HAKURI Premium Beef」は、筋繊維が細かく、無駄な脂肪が少ないのが特徴です。

牛肉本来の旨味と豊かな風味の本物の黒毛和牛をお楽しみいただけます。

 

“広いテーブル、個室、特別な日を演出する空間へのこだわり。”

白李グループはお客さまがゆったりとしたひと時をお過ごしいただきたいという思いを込めて広いテーブルを採用、特別な日を演出する会話も弾む快適な個室をご用意しております。少人数はもちろん宴会など大人数にも対応しています。お客様のご要望に合わせたご提案で特別な日を心から楽しんでいただける空間を提供いたします。

 

和牛工場はくり

2020年よりご自宅でも”白李”の味を楽しんでいただけるテイクアウト専門店「和牛工場はくり」をオープンしました。白李が厳選する食材と技術を活用して、焼肉白李の味だけではなく、和牛工場はくりオリジナルのメニューもご用意しています。美味しい素材を美味しい調理方法で味わってほしいから、ご注文から調理を開始し、いつでも出来立ての味をご提供、アツアツをお渡しいたします。

 

https://h-taisei.com/shop/wagyu/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。