予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

季節の変わり目で快適。まだ見ぬ古都に直接触れるeXcafe(イクスカフェ)流の京都体験を是非

株式会社インデンスタイルのプレスリリース

猛暑の夏が過ぎ、京都の街も過ごしやすい季節に入る中、京都に「京都嵐山本店」「祇園新橋」「祇園八坂」の3店舗を構えるeXcafe(イクスカフェ)ブランドとともに快適で密を避けた京都観光をお楽しみください。
※祇園八坂は、緊急事態宣言中は休業しております。

過ごしやすいこの時期、京都での体験でより深い思い出に

2021年も9月に入り、祇園伝統の京町家では衣替え。現在ではあまり目にしなくなりましたが、クーラーが無かった時代、先人の知恵として生まれた「すだれ」や「あじろ」といったしつらえが例年夏の京町家には残っています。そして、暑さも収まった今、町家は素朴でありながらも存在感を見せる姿に戻っています。
自然だけでなく、かつての人々によって脈々と受け継がれてきたそれぞれの特徴が、京都の各所に見られ、季節によっても異なる表情を見せてくれます。その京都において、秋の季節もまた特別です。
座禅や写経を始めとした体験も実施しているお寺さんがある中で、快適な気温が集中力を後押し。神社仏閣をより気軽に、そしてより深く歴史を肌で感じることができるのもこの時期の魅力です。

eXcafe祇園新橋
eXcafe祇園新橋

“イメージしていた京都”。されど“ここだけの京都”がeXcafeにはあります

eXcafeも観光に訪れるお客様へ、京都に触れることのできる“ここでしかできない体験”をしていただけるメニューを取り揃えております。
あえてお客様ご自身に七輪で焼いていただいてからお召し上がりいただくのは、お団子やパン。
その他の商品も芸術の季節にぴったりな見た目にも京都らしい盛り付けで、鮮やかでありながらも落ち着いた京都のイメージを再現。目でも楽しむことができます。
勿論、食材の数々も京都を象徴するものにこだわっています。さらに、店舗はそれぞれの立地によってコンセプトは違うものの、3店舗すべてが360度どこを見渡しても心落ち着き、絵になり、京都を感じられる。そんな五感でこの時期の京都を堪能していただけるeXcafe。
皆様にとって、特別なカフェとなれるよう店舗・商品とともに、四季折々の京都を日々紡いでおります。

七輪で焼くeXcafe名物の「ほくほく、お団子セット」
七輪で焼くeXcafe名物の「ほくほく、お団子セット」

eXcafe京都嵐山本店の日本庭園
eXcafe京都嵐山本店の日本庭園

感じられる歴史の息づかい、秋風が吹き始める季節の狭間

夏の名残と秋の気配が溶け合うこの時期の京都は、5日に開催の松尾大社の八朔祭を皮切りに、15日には千年以上の歴史を持ち、日本三大勅祭のひとつでもある石清水八幡宮の石清水祭が行われるなど、宮中の祭事を今に伝える優美な催しが、今年もそれぞれ密を避けた状態で執り行われ、当時から伝わる息吹が京都を包みます。
コロナ禍で例年であれば、開催が中止となったものや観光の際に見ることができるものも限られるかと思いますが、京都は歴史が紡いできた建物やそれよりも遥か昔からそのままの形であり続けています。そんな自然が織り成す魅力が各地ごとに詰まっており、ゆったりした時間を生み出してくれます。
京都市も緊急事態宣言の中で、これまで通りの京都観光の形にはならないかもしれませんが、だからこそ知られざる新たな発見もあるのではと考えております。そして、eXcafeはその新たな京都観光に彩を添える存在となれればと願っています。

景色に映える大人気の「天龍寺パフェ」
景色に映える大人気の「天龍寺パフェ」

eXcafe京都嵐山本店
eXcafe京都嵐山本店
<eXcafe京都嵐山本店>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
TEL:075-882-6366
営業時間:10:00~18:00

<eXcafe祇園新橋>
住所:京都府京都市東山区元吉町57-1
TEL:075-533-6161
営業時間:10:00~18:00

<eXcafe祇園八坂>
住所:〒605‐0071 京都府京都市東山区円山町467
TEL:075‐525‐0077
営業時間:10:00~18:00
 ※eXcafe祇園八坂は現在、緊急事態宣言を受けて休業中
 

本リリースに関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
Mail : pr@inden-style.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。