予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

株式会社Tokyo Bento Labo “冷凍品の新価値”を創造・発信するためのコンソーシアム 『フローズンエコノミーラボ』に参加

株式会社Tokyo Bento Laboのプレスリリース

 ”おいしいごはんの探求と地域貢献”を掲げ、地域食材を活かした弁当惣菜や加工品、冷凍品の企画・製造・販売を行う株式会社Tokyo Bento Labo(東京都江戸川区、代表取締役 関克紀)は、 “冷凍品の新価値”を創造・発信するためのコンソーシアム『フローズンエコノミーラボ』( http://frozen-economy.jp/ )に、パートナー企業として参加したことをお知らせします。

 

■フローズンエコノミーラボメンバー(2021年9月時点)

<家庭用冷凍食サービス提供企業>*幹事企業
まねき食品株式会社 株式会社丸山製麺 株式会社AIVICK 
株式会社パンフォーユー* ゴーフード株式会社
<特別パートナー>レンティオ株式会社
<パートナー企業>
株式会社SUPER STUDIO 株式会社フラクタ 株式会社プレイド 
株式会社スマートメディア 三菱地所株式会社
※今後も、さまざまな業種の企業に参加を呼びかけて活動予定。

フローズンエコノミーラボは、農林水産省の推進する食品ロス削減国民運動に参加しています。

■「フローズンエコノミー」とは
「フローズンエコノミー」とは、 “冷凍品”を活用するサービス提供や事業運営をする企業・団体だけではなく、冷凍技術の進化や調理器具を含めた電気製品、電力供給、資材、物流など、“冷凍品”にまつわるあらゆるものを含んだ経済圏です。

■『フローズンエコノミーラボ』3つのミッション
①食品の冷凍に関する正しい認知の拡大
食品のおいしさを保つための最適な保存手段の1つが冷凍である
②冷凍された食品が流通しやすい環境づくり
家庭や生活圏における施設での冷凍保存スペースの拡大や、流通コストなどの課題解決
③冷凍=フードロス削減の認知の拡大
冷凍により、保存期間や販売手法に変化をもたらすことで、社会課題であるフードロス削減に貢献できる

■『フローズンエコノミーラボ』活動内容
以下の活動を行うことで「フローズンエコノミー」の活性化に取り組んでまいります。
1. 「フローズンエコノミー」普及活動:既存事業者、及びユーザーへの普及活動を実施
2. 勉強会:事業者間や、ユーザー及びその他専門家を招いての市場に関する勉強会の開催
3. 事業者間の交流:事例や運営ノウハウなどを、交流を通じて共有

 

■『フローズンエコノミーラボ』概要

名称:フローズンエコノミーラボ
サイト:http://frozen-economy.jp/

■『フローズンエコノミーラボ』報道に関するお問い合わせ先
担当 :株式会社パンフォーユー(幹事企業)
メール :frozen-economy@yuapan.com

■『株式会社Tokyo Bento Labo』概要

 ”おいしいごはんの探求と地域貢献”を掲げ、地域食材を活かした弁当惣菜や加工品、冷凍品の企画・製造・販売を行っています。また、これまで多くの企業や自治体と連携し、商品企画、開発、製造、情報発信、イベント開催、PR業務に至るまで幅広くサポート。多角的なアプローチで地域社会の発展に貢献します。 https://www.tokyobentolabo.com/

■本件お問い合わせ先
株式会社Tokyo Bento Labo(担当:関)
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-11-1
TEL:03-5636-1451
tokyobentolabo@gmail.com
https://www.tokyobentolabo.com/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。