予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

持続可能な容器包装の実現に向けた目標「容器包装2030」の達成を目指し『アサヒ 十六茶』PET660mlでもリサイクル素材100%PETを使用~10月よりテスト展開開始~

アサヒ飲料のプレスリリース

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女 太一)は、持続可能な容器包装の実現に向けた目標「容器包装2030」において、2030年までに、プラスチック製容器包装(PETボトル、ラベル、キャップ、プラスチックボトル)の全重量の60%にリサイクルPET、植物由来の環境配慮素材などを使用する目標を掲げています。この度、目標達成に向け、『三ツ矢サイダー』PET500mlに引き続き、『アサヒ 十六茶』PET660mlのボトルにも、メカニカルリサイクルによる再生PET樹脂を100%使用し、10月より一部の商品でテスト展開を実施します。今後、テスト展開の結果を検証し、使用の拡大を検討していきます。

 当社は、持続可能な社会・環境への実現を目指し、「新たな資源を極力使わない」「温室効果ガスを極力排出しない」「使ったものを有効活用する」の考えのもと、環境に対する負荷低減に取り組んでいます。その取り組みの一つとして、持続可能な容器包装の実現に向けてリサイクル素材を2019年7月より、「カルピスウォーター」など乳性飲料の一部で採用し、「三ツ矢」ブランドや「ウィルキンソン」ブランドなどボトルの耐圧性が要求される炭酸飲料の一部商品まで拡大しました。

 この度、『アサヒ 十六茶』PET660mlのボトルにリサイクル素材100%PETを使用したものを10月より一部の商品でテスト展開し、また、順次使用するブランドを拡大することも検討し、2030年までの目標達成を目指していきます。

 アサヒ飲料は、今後も、世界の持続可能な社会・環境への実現に貢献するため、CO₂排出量削減等の気候変動対策、プラスチック資源の循環利用、水資源の保全から次代を担う子どもたちへの環境教育に至るまで、さまざまな環境に対する負荷低減の取り組みを進めてまいります。

「カルピス」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。