予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

感染対策に最適!ご好評につき「IoTでの無償換気診断サービス」の提供期間を延⻑します

CMエンジニアリング株式会社のプレスリリース

・IoTによる、施設内の多点でのCO2濃度測定、遠隔監視システムを活用した、無償換気診断サービス
・CMエンジニアリングの知見をもとに、CO2濃度による施設内の換気状況をレポート

施設内の無償換気診断サービスを延長提供します

CMエンジニアリング株式会社では、IoTによるCO2濃度測定をベースとした、施設内の換気状況を無償で診断するサービスを2021年9月末まで実施してきました。

その間、介護施設、飲食店などでの診断において、換気改善の提案がご好評につき、このたび、サービス提供期間を2021年12月末まで延長することとしましたので、ご案内いたします。

第1回感染対策EXPOに出展します

当社では、3密診断サービス、換気診断サービスを、第1回感染対策EXPOでご紹介いたします。

日時:2021年10月13日(水)~15日(金) 10:00~17:00
場所:幕張メッセ
展示会URL:
https://www.medical-jpn.jp/tokyo/ja-jp/lp/ks.html

施設内の換気状況を無償で診断します

施設や店内の換気状況を2週間ほど多点モニタリングして、換気状況の診断と、改善案を提案いたします。

室内の換気ができているかどうかは、CO2濃度の測定によって知ることができますが、室内のCO2濃度は在室人数や室内の換気の状態によって変動します。

そのため、ある一定の期間、室内の複数個所でのCO2濃度を測定し、推移を分析することが必要です。

無償換気診断サービスの概要

当社製のCO2測定機器をお客様の施設に設置させていただき、インターネットを通じて当社のサーバーに測定値を蓄積いたします。
 

そのデータをもとに、分析を行い、CO2濃度の時間推移、在室⼈数の推定から、3密状態を予防するための改善⼿段のご提案を⾏います。

コロナウイルス感染抑制にお役立てください。
 

CO2濃度の時間推移グラフ例
 

CO2濃度状況のマップ例

サービスご提供の背景

新型コロナウイルスの蔓延により、室内の換気の必要性が注目されています。

ウイルス感染の抑制には、室内の換気が有効であり、特に不特定多数の人間が集まる場所(店舗、病院、公共施設、遊戯施設、ホールなど)は積極的な換気により、「密」にならない状態にすることが必要です。

CO2測定機器は、市販製品が多く販売されておりますが、施設内の測定器の設置にとどまっています。

効果的な換気を実現するためには、さらに踏み込んだ有効な対策を検討する必要があり、換気推進の課題となっております。

当社では、IoTを活用したCO2濃度の多点での遠隔監視システムを構築しており、これを活用することによってCO2濃度の時間推移を確認することが可能です。

また、CO2センシングデータによる在室人数の推移の解析、機械学習と予測による自動換気制御システムの開発も進めています。

開発の過程で得られている知見を、早期に幅広くご活用いただくことが、アフターコロナの時代に向けた、未来の安全安心の社会の実現に有益であると考えて、無償での換気診断サービスとしてご提供することとしました。

CO2測定機器

当社では、電池駆動で長時間動作、遠隔監視が可能なIoT対応CO2濃度測定機器を開発しています。
 

サービスをご利用いただくお客様が特別な操作をする必要はなく、機器の設置のみでご利用いただけます。

測定期間

お申込みいただいた施設ごとに、2週間を予定しています。
状況によって、測定期間の延長も行います。

ご要望によって、有償での継続利用も可能です。

お申込みページ

以下のURLをご参照の上、ホームページよりお申し込みを受け付けます。
https://telesentient-iot.com/free_ventilation_check_service_information/

できるだけ多くのお客様にご提供したいと考えておりますが、お申込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

当社開発中の技術(年度内リリース予定)

当社では、換気についての技術開発を積極的に推進しております。

下記の技術を年度内にリリースして、安全安心の社会の実現に貢献いたします。

  • 在室人数の状況把握、機械学習とシミュレーションによる3密の事前予測技術を開発中です。適切な換気のタイミングを、事前に察知します。
  • CO2濃度に応じて、無線で機器の制御を行う仕組みを構築しています。遠隔でのリレー制御で、関連設備のオンオフを制御できます。
Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。