予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

業界初! お客さまの「どこで買えるの?」を即解決 村上農園ウェブサイトに販売店検索システムを新導入

村上農園のプレスリリース

ブロッコリースプラウトや豆苗(とうみょう)などを生産販売する、株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴、以下村上農園)は、村上農園ウェブサイト内に主要商品の販売店検索ができるシステムを10月12日(火)から新たに導入いたしました。これまでは『お客さま相談室』(電話やメール)だけでしか対応ができなかった販売店の照会が、お住まいの地域名などから24時間365日いつでも検索できるようになりました。カスタマーサービスの一部デジタルトランスフォーメーション(DX)※1で、お客さまの利便性の向上を図ります。

▼販売店検索システム
https://murakamifarm.force.com/

【販売店検索システムのポイント】

  • 発芽野菜業界※2で初の導入※3 
  • 住所や店名などから検索でき、検索結果は地図上で表示
  • 営業部門の営業支援システムと連携し、販売店の情報を常に更新

村上農園の『お客さま相談室』に寄せられるご相談のうち、商品の販売店に関するお問い合わせは主要な項目のひとつとなっています。しかし、ご案内できるのはお客さま相談室の受付時間内に限られ、電話かメールでお客さまにお伝えするほかありませんでした。また、販売店の照会の際、各地域の営業担当への聞き取りが必要な場合もあり、回答に時間を要することもありました。

そこでこのたび、村上農園のウェブサイト内に、お客さまの住所などから、最寄りの販売店を検索できる機能を導入しました。このシステムは、営業部門が使っている営業支援システムと連携。各営業担当が日々収集する情報によって更新され、お客さまに最新の販売店情報を提供できるように管理されています。

村上農園は今後、カスタマーサービス以外にも社内のDXを推進し、より良い商品の提供とお客さま満足度の向上に努めてまいります。

​※1:情報技術が社会のあらゆる領域に浸透することによってもたらされる変革、※2:スプラウトやもやしなどの発芽野菜を生産販売するメーカー業界、※3:自社調べ
 

販売店検索システム導入以前と 以後の概要図販売店検索システム導入以前と 以後の概要図

販売店検索システムの使い方例  (スマートフォンの場合)販売店検索システムの使い方例  (スマートフォンの場合)

村上農園 会社概要
【設立】 
1978年1月
【代表者】
代表取締役社長 村上清貴
【売上】 
106億1,500万円(2020年12月期)
【事業内容】  
豆苗、スプラウトなどの発芽野菜や高成分野菜、レストラン向けマイクロハーブの生産・販売
【事業所】 
本社・研究開発部(広島)、生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)、営業所(東京、名古屋、大阪、広島、福岡)
【関連会社】
株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
【加盟団体】
一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
【ウェブサイト】
https://www.murakamifarm.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。