予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

インフォマートと串カツ田中ホールディングスが業務提携し、共同で外食産業の店舗運営マネジメントを支援するアプリ開発を開始

株式会社インフォマートのプレスリリース

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、株式会社串カツ田中ホールディングス(本社:東京都品川区 代表取締役社長:貫 啓二、以下「串カツ田中HD」)と、外食産業の店舗運営の生産性の向上を目指し、10月13日、業務提携契約を締結し、『店舗運営プラットフォームアプリ(仮称)』の共同開発に着手したことをお知らせいたします。

 

< 業務提携の内容 >

①当社と串カツ田中HDは、新たに合弁会社を設立します。当社から代表取締役として箱崎 竜太郎を、
 串カツ田中HDから取締役として大須賀 伸博を派遣します。
②実施項目
【当社】
 ●アプリのシステム設計・開発並びに運用・保守、マーケティング、販売促進活動、販売及びユーザー対応等。

【串カツ田中HDグループ】
 ●飲食店経営に係るノウハウ・知見に基づき、アプリが備える機能・サービス仕様に関するアイデア及び改善案  
  の提示。
 ●運営する店舗において、アプリの実効性を確認するための実証実験。

< 合弁会社設立について >

 当社と串カツ田中HDは2021年10月18日(予定)、共同出資による合弁会社「株式会社Restartz(以下
「Restartz(リスターツ)」)」を設立します。両社の出資比率は、当社が55%、串カツ田中HDが45%です。

< 業務提携の背景 >

 近年、コロナ禍による飲食店の時短営業や休業により、外食企業は大きな打撃を受けています。そのような中で、当社は、With/Afterコロナを見据えた業務効率化支援、デジタル化・DXを推進してまいりました。当社は企業間の商行為を電子データ化することで業務効率化、コスト削減、ペーパーレスを実現するクラウドサービス「BtoBプラットフォーム」を運営しています。このサービスに加え、外食産業ユーザーの利便性の向上を図る新たな仕組みの構築を目指していました。

 一方、串カツ田中HDでは、仮に新型コロナウイルス感染症が収束してもリモートワークの普及や宴会離れ、内食や中食へのシフトの影響が一定程度残ると考えられることから、売上は100%の水準に戻らないことが想定され、収益構造の転換を図ることが必須の状況であること、加えて、長期にわたる休業や時短営業の影響を受け、人材の流出や店舗休業による従業員のオペレーション習熟レベルの低下も懸念されるなど、IT化による業務支援や店舗運営の省人化の実現が必須な状況である、などの理由からアプリ開発を検討していました。

 これらを両社で協議する中で、「ITツールによる業務支援や店舗運営の省人化を図る」という目的が合致し、アプリとして実現することで、店舗運営改善・DX浸透につなげることができ、外食産業への貢献につなげられるとの認識を共有できたことで、今回の業務提携にいたりました。
 
 本業務提携及び合弁会社の設立を通じて、共同で『店舗運営プラットフォームアプリ(仮称)』を開発し、両社で外食産業の生産性向上や人手不足、人件費の高騰等の課題解決を支援してまいります。

<『店舗運営プラットフォームアプリ(仮称)』概要 >

 本アプリは、飲食店の開店から閉店まで行う業務工程を可視化することで、安全かつ無駄のない店舗運営が実現します。今後、就労人口が減少する中で、より効率的に、また劣化させることなく店内サービスを提供し、生産性の向上を図ることができます。

 さらに、社員教育マニュアルをアプリ内で管理できるようになることで、アルバイト・パート社員の教育体制の強化と、店長1名での複数の飲食店管理が可能な体制を構築できます。「聞きたい情報がすぐ確認できる」「業務のリマインド」等の店長の業務負荷をアプリの活用で軽減し、”仮想マネージャー”として店舗運営を力強くサポートします。

【 アプリで実現すること 】

●生産性の向上・自走する仕組みの提供
●教育の簡素化・即戦力化
●人手不足・人件費高騰の課題解決
●社員レス運営や、店長1人で複数店舗の管理を促進

 

 

< 株式会社Restartz 代表取締役 箱崎 竜太郎 のコメント >

 新型コロナウイルスによる生活様式の変化や就労人口減少という社会情勢を受けて外食産業の持続的成長のためDXの必要性が強く求められる時代になっています。

 全国に多くの店舗を展開しIT戦略に積極的な串カツ田中HDと、業務効率改善やDXを推進し続けてきたインフォマート双方の強みを活かし、実効性の高いプロダクトの開発と提供を通じて、外食産業、ひいてはフード業界全体のために尽力してまいります。

 

< 今後の展開 >

 串カツ田中HDはキャッシュレス決済や、モバイルオーダー等、外食企業の中でもいち早く、業務にITを導入している企業です。今回の業務提携を通じて、デジタル化、DXが進みにくいと言われる外食産業の新しい未来に向けて、イノベーションを起こすアプリを両社で開発・販売し、業界の業務効率化、生産性向上を支援してまいります。

 

< 会社概要 >

【Restartz】
会社名:株式会社Restartz
代表者:代表取締役 箱崎 竜太郎
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立:2021年10月18日(予定)
資本金:1億円
事業内容:アプリ『店舗運営プラットフォームアプリ(仮称)』の開発

【串カツ田中HD】
会社名:株式会社串カツ田中ホールディングス(東証一部:3547)
代表者:代表取締役社長 貫 啓二
本社所在地:東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル5階
設立:2002年3月20日
資本金:3億円
事業内容:飲食店の経営、FC開発
従業員数:395名(2020年11月末日現在)
URL:https://kushi-tanaka.co.jp/

【インフォマート】
会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者:代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立:1998年2月13日
資本金:32億1,251万円
事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数:613名(2021年6月末現在)
URL:https://www.infomart.co.jp/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。