予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

薩摩酒造 2021年 新酒完成を祝う児童の書道作品展 最優秀作品をラベル化した新酒を限定発売

薩摩酒造株式会社のプレスリリース

 薩摩酒造株式会社 (代表取締役社長:本坊愛一郎、本社:鹿児島県枕崎市) は、小学生を対象にした書道展を開催し、最優秀賞作品をラベルに使用した『手造り明治蔵 新酒 黄金千貫』『手造り明治蔵 新酒 金時芋』を季節限定、数量限定で11月1日 (月) より発売します。また、友好都市である稚内市でも書道展を開催し、同じく、最優秀賞作品をラベルに使用した『さつま白波 新酒 稚内ラベル』を稚内市で、限定発売します。

 本格芋焼酎造りは8月のサツマイモの収穫から始まり、秋風が吹き始める中秋の頃、新酒が出来上がります。蒸留して直ぐの角のある初々しい味わいはこの時期だけの格別なもので、生活の中に焼酎文化が根付いている鹿児島では、今年の初物を味わおうと酒蔵に人々が集まり今年の出来を称える光景が風物詩となっています。薩摩酒造では、毎年「新酒まつり[※1]」を開催して地域の方々と共に新酒の完成を祝っています。

 そして、子供たちに南薩摩の焼酎文化を知ってもらおうと、薩摩酒造では2000年から枕崎市の全小学生を対象とした書道展[※2]を開催してきました。低学年の児童には「いも」を、高学年の児童には「新酒」を課題として、夏休みに作品を作成してもらいます。

 今年は224点の応募があり、9月上旬に審査[※3]を行い、22点の入賞作品と、最優秀賞1点が決定しました。最優秀賞に輝いたのは枕崎市立枕崎小学校5年の甲斐愛咲 (かいありさ) さんで、その作品は今年の新酒『手造り明治蔵 新酒黄金千貫/金時芋』のラベルに採用され、11月1日から枕崎市にある「薩摩酒造 花渡川蒸溜所『明治蔵』(以下「明治蔵」)」と公式通販サイトで、季節限定、数量限定で販売いたします。尚、受賞作品は明治蔵に展示し、例年「新酒まつり」で行っていた表彰式については、昨年と同様「新酒まつり」が中止のため、11月8日、明治蔵にて行う予定です。

 また時を同じくして、枕崎市と友好都市[※4]である北海道稚内市でも、交流事業として、稚内市内の小学生を対象にした「枕崎・稚内友好書道展」を開催し、20点の入賞作品と最優秀賞1点が決定しました。稚内の最優秀賞は、稚内市立稚内港小学校3年の久保創士郎 (くぼそうしろう) 君が選ばれ、稚内市内で発売される今年の新酒のラベルとして採用されます。表彰式は、11月中旬に予定されている「わっかない新酒まつり」で行う予定です。

 薩摩酒造は、今後も技術を磨きながら、鹿児島から全国、全国から世界へ向けて焼酎文化のさらなる発信に努めてまいります。
 

※1 新酒まつり
 毎年10月の最終日曜日、枕崎市にある薩摩酒造 花渡川蒸溜所『明治蔵』で開催しています。薩摩酒造の焼酎造りを支えるサツマイモの農家の方や、地元の方、観光客で賑わいながら、今年1番の新酒の出来上がりを共にお祝いします。また、この新酒まつりの中で、書道展の表彰式を行い受賞作品を称えます。

※2「書道展」概要

・目的:大人だけでなく、子供まで楽しめる、枕崎が一体となって
    新酒の完成を祝う「新酒まつり」にするため
・対象:枕崎市内の小学校に通う小学生、
    稚内市内の小学校に通う小学生
・課題:低学年 (1~3年生)「いも」、高学年 (4~6年生)「新酒」
・募集期間:2021年7月~8月
・2021年の応募作品数:枕崎市 224点、稚内市 61点
・各賞:最優秀賞 両市各1作品
    白波賞 枕崎市4作品、稚内市2作品
    両市とも、各学年毎に金賞1作品、銀賞1作品、銅賞1作品
・展示:枕崎市 明治蔵で展示中、稚内市 11月中旬予定で調整中
・表彰式:枕崎市 11月8日 (月) 明治蔵にて実施予定、稚内市 11月中旬「わっかない新酒まつり」で実施予定

※3 審査結果:上位入賞者
 9月上旬、鹿児島県立頴娃高校臨時教員の川路広志先生のご協力のもと審査を実施し、下記の各賞の受賞作品を決定。
※敬称略
【枕崎市】
・最優秀賞  :枕崎小学校5年 甲斐愛咲
・白波賞(4名):立神小学校6年 清水羽菜、桜山小学校6年 高橋怜生
        別府小学校6年 下山姫琉 他1名
・総評    :枕崎の作品のレベルの高さを毎年感じ審査も難しい。普段の先生方の指導に感謝いたします。
【稚内市】
・最優秀賞  :稚内港小学校3年 久保創士郎
・白波賞(2名):稚内港小学校6年 久保煌士郎、稚内中央小学校6年 井須桃子
・総評    :子供らしく伸び伸びと書かれた作品が多く、文字から北海道の風土を感じることができた。

※4 友好都市 枕崎市・稚内市
 鹿児島県枕崎市は、日本最南端のJRの始発・終着駅。北海道稚内市は、日本最北端のJRの始発・終着駅に当たることが縁で、2012年、友好都市の締結を行いました。そして、1周年記念には、両駅に「北と南の始発・終着駅」プレートを設置。また、2014年には、出汁を取るのになくてはならない両市の特産品である利尻昆布と鰹節に因んで、縁結びのまち島根県出雲市の出雲大社において「コンカツ結婚調印式」を行うなど、北と南の距離を乗り越え交流事業を行っています。

 

<商品概要>

商 品 名 :・枕崎市:『手造り明治蔵 新酒 黄金千貫』、『手造り明治蔵 新酒 金時芋』
       ・稚内市:『さつま白波 新酒 稚内ラベル』
品  目  :本格芋焼酎
原 材 料 :サツマイモ・米こうじ
アルコール分:25%
内 容 量 :900㎖
参考小売価格:・明治蔵新酒:2,090円 (税込)
       ・稚内新酒 :1,016円 (税込)
販売方法  :・枕崎市:薩摩酒造花渡川蒸溜所『明治蔵』、薩摩酒造公式通販サイト
       ・稚内市:北海道稚内市の業務店、酒販店、料飲店

<会社概要>

企 業 名:薩摩酒造株式会社
代 表 者:代表取締役社長 本坊愛一郎
本社所在地:鹿児島県枕崎市立神本町26番地
設  立 :昭和11年6月21日
資 本 金:2億1,735万円
従業員数 :218名
業  種 :酒類の製造販売並びに輸出入、清涼飲料・果汁その他飲料の製造販売並びに輸出入、
      農作物の研究開発及び生産物の販売、レストラン他飲食店の経営 他
連絡先TEL:(代表) 0993-72-1231
公式サイト:https://www.satsuma.co.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/satsuma_shuzo/

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。