予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

和洋女子大学、「お茶料理コンテスト」で学生2名が入賞  ほうじ茶を使ったデザートが評価される

学校法人 和洋学園、和洋女子大学のプレスリリース

和洋女子大学(千葉県市川市、学長:岸田宏司)家政福祉学科の学生2人が、第27回お茶料理コンテスト(お茶料理研究会主催)、全438応募作から、優秀賞とヤング賞を受賞しました。

受賞した家政福祉学科の学生

受賞したのは、「菓子・デザート部門」優秀賞に柳堀里奈さん作「ほうじ茶といちじくのパフェ」とヤング賞(応募時20歳以下)に矢口萌詠さん作「ほうじ茶香る かぼちゃの秋色タルト」です。
受賞のきっかけは、家政福祉学科の授業「家政福祉セミナー」で、「人々の暮らしと食生活」をテーマに、お茶を用いたレシピを考案したことです。授業で考案された全員の作品をコンテストに応募し、柳堀さん、矢口さんが入賞しました。2人には、賞状と賞金、お茶料理研究会賛助会員の企業から、副賞が贈られました。
お茶料理コンテストは、今年で27回目を迎えました。お茶を料理や菓子に「食材」として使用し、お茶を丸ごと食べることで、茶の健康成分を3倍以上摂ることができるとして、お茶を使ったオリジナルレシピを募集してきました。募集部門は「料理部門」「菓子・デザート部門」「ペットボトル部門※」(※ペットボトル飲料は、茶の樹から生産されたお茶に限定)。審査基準は「おいしさ」「茶の使い方」「作り方の再現性」「ネーミング・オリジナリティー」「総合評価」の5項目です。

優秀賞「ほうじ茶といちじくのパフェ」柳堀里奈さん

ヤング賞「ほうじ茶香る かぼちゃの秋色タルト」矢口萌詠さん

■お茶料理研究会 世話人 岡本由希氏からのコメント
今年度も無事に第27回お茶料理コンテストが終了いたしました。コンテストが始まって以来の、最高数となる438作品の応募がありました。ご応募いただきました皆様には改めましてお礼を申し上げます。今回、中学校、高校、大学をはじめとして、学校関係からの応募も多数いただきました。応募のご指導・とりまとめをいただきました各校の先生方には心より感謝を申し上げます。コンテストの1次審査は5名で行いました。1次審査において、料理部門、菓子・デザート部門、ペットボトル部門で上位に選ばれた作品各20作品前後が2次審査に進みました。2次審査員6名による厳正な審査を経て、審査員長の福司山エツ子氏により、各受賞作品が選定されましたので報告いたします。

厳正なる審査の結果、最優秀賞に輝いた作品は、田中賢治様の「鯛のポワレ香草茶パン粉焼き 煎茶とチーズのリゾット」(料理部門)が選ばれました。そして、優秀賞は、柳堀里奈様の「ほうじ茶といちじくのパフェ」(菓子・デザート部門)と渕元優佳様の「あおによし奈良の都の茶茶っと茶飯」(ペットボトル部門)です。ヤング賞には、矢口萌詠様の「ほうじ茶香る かぼちゃの秋色タルト」(菓子・デザート部門)が選ばれました。皆様、入賞おめでとうございます!審査結果につきましては、お茶料理研究会のホームページでも報告しております。あわせてご確認いただけましたら幸いです。(お茶料理研究会機関紙TeaTime89号より)

■お茶料理研究会
1993年(平成5年)発足以来、食関連企業、茶関連業者、大学研究者など多分野の会員により構成され、茶及びお茶料理を総合的に捉える研究の推進と、その知識の普及を目的として、シンポジウム、お茶料理コンテスト、茶業試験場や茶園の見学、機関紙「茶の世界」、News Letter「Tea Time」の発行等の活動を行っている。

お茶料理研究会のホームページ
http://tea.sweet.coocan.jp/index_o.html

■家政福祉学科の学び
家政・福祉・保育の分野を3本の柱とし、「豊かで安心できる社会」の創造をめざすのが、家政福祉学科の学びです。私たちの暮らしの基盤となる「衣・食・住」、安心できる暮らしの実現をめざす「社会福祉」、子どもの発達や環境を考える「保育」を中心に、家族、消費生活も含めた多彩な知識と技術を体系的に学びます。さらに、実験、実習や現場体験などの授業を通して培われた実践力は、「福祉の視点をもつ家庭科教諭」や「生活についての知識・技術をもつ保育士・社会福祉士」など他に類のないスペシャリストへの道を開きます。

家政福祉学科のホームページ
https://www.wayo.ac.jp/academics/home_ec/welfare/point/tabid/376/Default.aspx

家政福祉学科 紹介動画
https://youtu.be/mkVm8h5n63I

■大学概要
学校名   : 和洋女子大学
代表者   : 学長 岸田宏司
所在地   : 〒272-8533 千葉県市川市国府台2-3-1
最寄り駅  : 京成本線 「国府台(こうのだい、和洋女子大学前)駅」下車 徒歩9分
      : JR市川駅 バス8分
        「真間山下(ままさんした)」下車 徒歩3分
      : JR松戸駅 バス20分
        「和洋女子大前」下車 徒歩1分
アクセス詳細: http://www.wayo.ac.jp/access/tabid/666/Default.aspx
設立    : 1897年(2022年に125周年を迎えます)
URL     : https://www.wayo.ac.jp

和洋女子大学 キャンパス

【人文学部】
●日本文学文化学科
 日本文学専攻/書道専攻/文化芸術専攻
●心理学科
●こども発達学科

【国際学部】
●英語コミュニケーション学科
●国際学科

【家政学部】
●服飾造形学科
●健康栄養学科
●家政福祉学科
 家政福祉コース/児童福祉コース

【看護学部】
●看護学科

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。