予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

【ミヨシ油脂】創立100周年のご挨拶~存在意義(パーパス)制定と映像公開~

ミヨシ油脂株式会社のプレスリリース

 ミヨシ油脂株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長兼CEO:三木逸郎)は、2021年11月17日に創立100周年を迎えました。これまでお世話になりました皆様に感謝するとともに、「存在意義」を制定し、さらに皆様のお役に立つ企業を目指します。

 弊社は1921年、繊維用工業石鹸をつくる会社としてこの世に誕生しました。それから1世紀の間、私たちは油脂の可能性に着目し、暮らしのさまざまな分野でその活用の道を拓いてきました。創業当初から胸にあったのは、「良きものづくり」を通して健やかな社会の発展に貢献したいという思い。その思いは、「人によし、社会によし、未来によし」という、いまの経営理念に受け継がれています。

 この100年間、日本の社会はさまざまな困難に直面してきました。時代の荒波を乗り越え、ミヨシ油脂がここまで事業を続けて来られたのは、消費者の皆様、そしてお取引先をはじめとする皆様の支えがあってこそと、心より感謝いたしております。

 100周年を迎えるに際し、私たちはあらためてミヨシ油脂が、なぜここにあるのかという存在意義(パーパス)を問い直しました。「持続可能性」「多様性」「WELL-BEING」などが重視される世にあって、私たちにできることは何か。その結果、導きだしたのは、「まず、目の前のあなたを幸せにする。」という言葉でした。目の前の人を幸せにできない会社が、どうして遠くにいる誰かや、未来の人を幸せにできるのだろう、そんな思いを込めています。

 これから先の100年間、私たち人類はさらなる課題に直面することになるでしょう。世界の人口が増え、食糧危機や環境問題などの深刻化が予測されているからです。そんな世にあって、ミヨシ油脂は「人の幸せとは何か」を常に考え、日本のみならず、世界が抱える課題の解決に資するソリューションを提供してまいります。

 この社会を持続可能なものとし、未来を守っていくために、私たちは、私たちにできる最善のことを実行していきます。これからのミヨシ油脂に、どうぞご期待ください。

◆存在意義の制定と特設サイト映像公開
「まず、目の前のあなたを幸せにする。」
 本映像は100周年を機に制定した存在意義を映像化したものです。コロナ禍で生活が一変し、厳しい状況が続く中でも、日々自ら仕事を続ける「社員」と、取引先を通じて当社製品を利用する「家族」を主人公にストーリーが展開します。どのような状況の中でも良きものづくりを行い、目の前にいる人、そして取引先やその先の家族の暮らしを支え続けていく、弊社の決意を示しています。
・公開先:ミヨシ油脂100周年特設サイト
https://www.miyoshi-yushi.co.jp/100th/

◆ミヨシ油脂株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役社長兼CEO:三木逸郎)
「油脂の力」で暮らしをニッコリ。それが私たちの仕事です。
「あ、このパンおいしい」「このティシュー、肌触りがいいね」など。ミヨシ油脂がつくる製品は、世の中で販売されているさまざまな商品の中に入って、おいしさや使用感、機能性を高めることに役立っています。一人ひとりの心に満足をひろげるものづくり。私たちは高い技術に基づくすぐれた製品の提供を通して、暮らしのすみずみに幸せをお届けしたいと願っています。https://www.miyoshi-yushi.co.jp/

 

 

 【お客様・報道関係者からのお問い合わせ先】
ミヨシ油脂株式会社 経営企画CC室
担当:堀越
e-mail:info@miyoshi-yushi.co.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。