予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

パタゴニア プロビジョンズ 多年生穀物を使った伝統的な米西海岸スタイルの新作ビール「ロング・ル―ト・IPA」を11月18日(木)新発売

パタゴニア日本支社のプレスリリース

 アウトドア企業のパタゴニア社の子会社であるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社(本社:米国カリフォルニア州ベンチュラ、日本支社:神奈川県横浜市、日本支社長:マーティ・ポンフレー)は、食品事業パタゴニア プロビジョンズから、環境革新的な多年生穀物「カーンザ」を使用したクラフトビールの新製品「ロング・ル―ト・IPA」を11月18日(木)に発売します。

(c) Amy Kumler(c) Amy Kumler

●「ロング・ルート・IPA」
カスケードホップとチヌークホップ、クリスタル40モルト、カーンザを使用し、伝統的な西海岸スタイルで醸造されました。すっきりしたドライな苦みと、モルトのしっかりした風味、爽やかな柑橘系と松の香りが特徴です。

 

(c) Jim Richardson(c) Jim Richardson

 

製品名:ロング・ルート・IPA
容量/ 価格:355ml/  ¥484(税込)
生産:ホップワークス・アーバン・ブルワリー(米国オレゴン州 ポートランド)
販売開始:2021年11月18日(木)
発売場所:パタゴニア直営店、パタゴニア公式サイト
 

なぜ、ビールなのか?
 パタゴニアがビールを開発した深い理由は、素材調達の経験から、農業についてさまざまなことを学んできたことにあります。穀物とホップから作られるビールも、農産物のひとつです。
 現在、工業型農業が世界の地球温暖化ガスの約4分の1を放出していますが、私たちは、農業の未来は別の形にあると考えています。自然を修復して、二酸化炭素の放出を削減し、土壌の生物多様性を促進させ、化学肥料や農薬を使わない効率的な穀物生産を可能にする農業です。
 ウェス・ジャクソンが設立した米国カンザス州の〈ランド・インスティテュート〉では、多年生穀物「カーンザ」の開発により、そのような農法を画期的に前進させました。
 カーンザは、長い根と多年生という特徴により、耕起や農薬なしに成長します。従来の小麦より水を使わず、表土を回復させ、一年生穀物より多くの炭素を大気中から吸収します。そして収穫後に地中に残った根が分解されるとともに、炭素を土に封じ込めます。

【12月9日(木)発売の新製品】

●自然酒 「五人娘」寺田本家
 パタゴニア プロビジョンズで初めて取り扱う日本の製品です。
1673年より続く千葉県神崎町の寺田本家が、全ての工程で蔵付き菌を使って醸造。
地元産の酒米「美山錦」に加え、兵庫県豊岡市「坪口農事未来研究所」がコウノトリを育む農法で、
農薬を使わずに育てたコシヒカリを使った、パタゴニア プロビジョンズオリジナル日本酒です。無ろ過。
 パープルのオリジナルラベルを採用しています。

製品名:五人娘
容量/ 価格:720ml/ ¥1,650(税込)
生産:寺田本家(千葉県神崎町)
販売開始:2021年12月9日(木)※発酵の進み具合により、日程が変更となる場合があります。
発売場所:パタゴニア直営店、パタゴニア公式サイト
 

(c) Taro Terasawa(c) Taro Terasawa

 

(c)寺田本家(c)寺田本家

 

 

●自然派ワイン 「エスタライヒ タイムブラン/ロゼ」 マインクラング
 世界で2番目に広大なバイオダイナミック農場で栽培され、機械は一切用いずに手摘みしたブドウを、添加酵母を一切用いずに天然酵母のみで発酵、熟成。私たちのパートナーは、果実の真の表現を引き出すために、人工的な介入を避け、ワイン醸造を自然のままの進化に委ねます。

 

 

 

 

 

製品名:エスタライヒ ー タイムブラン/ エスタライヒ ー ロゼ
 〇タイムブラン:ピノ・ブラン、タイム
 柑橘系の華やかな味に、タイムのようなハーブの風味が加わった、柑橘系の爽やかな味わい。
 〇ロゼ:ツヴァイゲルト
 ダークフルーツやフローラルな紅茶の風味を持つ、爽やかでスパイシーな味わい。
容量/ 価格:750ml/ ¥2,970(税込)
生産:マインクラング(オーストリア パムハーゲン)
販売開始:2021年12月9日(木)
発売場所:パタゴニア公式サイト(※店頭での販売はありません。)

 

 なぜ、自然派ワインと自然酒なのか?
 手作業で大切に作られた自然派ワインと自然酒ほど、その土地の土壌や天候、植物相、動物相といった自然環境を表すものはありません。私たちが原料に使用するブドウや米は、地元の生態系を枯渇させるのではなく再生させることに深く向き合い、地球を修復する方法で栽培されています。
 発酵から熟成、そして瓶詰めにいたるすべてにおいて、天然の風味を維持し、向上させるために人的介入は最小限に抑えます。つまり、ろ過をせず、もし亜硫酸塩を加える場合でもごく微量のみを添加します。野生の蔵付酵母が活躍し、天候や季節にも影響されます。時間の経過とともに風味は進化し、強まっていきます。
 パタゴニア プロビジョンズのコレクションのコルクを抜いたり、口を開けるとき、飲料が内に秘める純粋かつ自然の息吹へと私たちを導いてくれることを確信しています。

 
 <パタゴニア プロビジョンズ概要>
 責任ある農業や漁業をサポートすることで、私たちの故郷である地球を救うために展開している食品事業。
 天然のスモークサーモン、オーガニックの原料を使用したスープとグレインズとフルーツバー、ヨーロッパのオーガニック認証済ムール貝、さらにより多くの炭素を土に閉じ込める多年生穀物を原料にした環境革新的なクラフトビールなど全31製品を展開(11月18日現在)。パタゴニア本社では2012年、パタゴニア日本支社は2016年から販売。

 
●会社概要
パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社
Patagonia International Inc., Japan Branch
・所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTA タワー東戸塚5階
・設立年月日:1988年8月23日
・日本支社長:マーティ・ポンフレー
・公式サイト:www.patagonia.jp
・パタゴニア プロビジョンズ公式サイト:https://www.patagoniaprovisions.jp/ 
・パタゴニア プロビジョンズ公式インスタグラム:@patagoniaprovisions.jp

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。