予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

洋菓子のSDGsコンセプトショップ出店。創業61年老舗洋菓子店の新たな挑戦。

トリアノンのプレスリリース

株式会社トリアノン洋菓子店(本社:東京都三鷹市)は61年間築き上げてきた企業理念に基づき、新たに「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進を掲げ、『エシカルスイーツ』をコンセプトとした新店を2021年12月3日(金)に新宿にニュウマン新宿にオープン致します。

コンセプト
トリアノンが考える『エシカルスイーツ』とは人と環境に美味(やさ)しいスイーツであること。
ケーキは頑張る自分へのご褒美、そして誰かを喜ばせるためのもの。
トリアノンのケーキ達はそれだけではなく、洋菓子職人、農家、生産者、そして皆様が暮らす環境にやさしいものであることをポリシーとしてご提供して参ります。

明日、トリアノンで
新店舗の名称は
『ドゥマン・ア・トリアノン』
フランス語で「明日、トリアノンで」という意味で、当社が考える新コンセプトにふさわしく、明日を、そして未来を創造する想いを込めております。

厳選された昔ながらの安心・安全素材
トリアノンの洋菓子は、昔ながらの安心・安全な素材だけを厳選して使用しています。特に重要な小麦粉・砂糖・卵・乳製品は、国内主要メーカーから仕入れております。他の材料においても添加物や保存料などが少ないものを使用しています。

 

洋菓子職人の確かな技術
トリアノン洋菓子店の洋菓子職人は、毎年ジャパンケーキショー東京において数々の賞を受賞しております。先輩職人から後輩職人へ、その確かな技術が引き継がれています。

私たちにできることこつこつと
新たな製品開発にあたり、安心・安全な食材を使う事を前提とした上で、先ずはプラスチック資材の利用頻度を控えるというところからスタートしました。例えば、ケーキの上に装飾として乗せるケーキピックはプラスチック素材である事から、廃止に。ケーキ自体を乗せるケーキ台紙についても、可能な限り脱プラ素材に。
一方で課題もあります。テイクアウトを考えた時に、職人がケーキを作ってからお客様がお召し上がりになる過程において、輸送や移動に耐えられる仕様にする為に強度のあるプラスチック素材を使わなければならない現状があります。この点はプラスチックに代わる新素材が開発される事を期待しながら明日の為に、今日、私たちにできることをこつこつと取り組みます。

 

エシカルスイーツ達

◆ドボスアントルメ ホールキーキ (フードロスへの取り組み)

クルミと様々なドライフルーツをたっぷり入れた良質なチョコーレトスポンジの端材を再利用したケーキです。

◆de MITAKA (三鷹の農作物コラボ商品)

クリームチーズをたっぷりと使い、三鷹産のキウイでアクセント。キウイをより引き立たせるオレンジ系のお酒とピールが入った生クリームで仕上げました。容器はCO2削減カップを使用。

◆de MUSASHINO (三鷹の農作物コラボ商品)

三鷹で栽培、収穫された小麦を使いフレッシュバターをたっぷり使用し、しっとり焼き上げました。

◆グリオッティーヌ (2011年度ジャパンケーキショー東京受賞作品 横田典弘作)

ピスタチオ生地にグリオットチェリームース、ピスタチオババロアをサンドした甘酸っぱいケーキです。

◆ヴァンクール (2021年度ジャパンケーキショー東京受賞作品 小浦一紀作)

ビターなチョコムースにフランボワーズジャム、食感にヘーゼルナッツを入れ、トンカ豆のアングレーズが入った香り高い仕上がり。
 

トリアノンの洋菓子職人
洋菓子業界では男性はパティシエ、女性はパティシエールと分けて呼ばれることがあります。かつては弊社でもそのように呼称していましたが、SDGsへの取り組みをきっかけにジェンダー平等の観点と、創業1960年から培われてきた確かな技術と「職人魂」を更に次世代に伝えていく為に、「洋菓子職人」として新たに始動しました。
全員が主役として、ひとりひとりがより輝けるように自由な発想で新製品の開発にすべてのスタッフが携わっております。

 

 

 

 

アライアンスパートナーについて
ドゥマン・ア・トリアノンは洋菓子店として持続可能な目標を達成する為に、地域連携は勿論の事、他企業との連携にも力を入れ様々な視点から社会課題の解決を図ります。

◆株式会社文伸 https://www.bun-shin.co.jp/
1962年三鷹市に設立。現在では印刷会社の枠を越え、出版、映像・WEB制作、イベント等の企画・運営を事業としている。SDGsにもつながる印刷業界の環境基準「グリーンプリンティング(GP)」に貢献 GPマーク 普及準大賞、5年連続受賞。
ドゥマン・ア・トリアノンのリーフレット、包装紙の一部にはGP対応の素材が使われております。

グリーンプリンティング(GP)について https://orchard-704.business.site/

◆株式会社東光 https://package.co.jp/
1961年設立。和洋菓子のプラスチック容器を中心に製造販売し、トータルでのパッケージ提案をしている。近年はカーボンニュートラルなど、環境に配慮をしたエコ関連商材の開発に着手。
ドゥマン・ア・トリアノンではCO2削減したプラカップを使用しております。

◆坂本果樹園 https://orchard-704.business.site/
東京都三鷹市にてキウイ、ブルーベリーを中心に、三鷹産のフルーツの生産及び販売。
ドゥマン・ア・トリアノンではこの『三鷹キウイ』を使用したケーキを展開しております。

 
店舗案内

【オープン日】2021年12月3日(金)
【店舗名】ドゥマン・ア・トリアノン
【所在地】東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 ニュウマン新宿店2F エキナカ(JR新宿駅改札内)
     ※ショップご利用の際には、Suica、入場券または有効な乗車券が必要となります。
【TEL】080-7024-5534 (12月3日より) 
【営業時間】月~土 9:00~21:00/日祝日9:00~20:30
      ※営業日・営業時間は商業施設に準ずるため、施設の都合に応じて変更になる場合がございます。
【ホームページ】https://trianon.co.jp/shinjuku/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/trianon_2021/
【お問い合わせ】 trianon@trianon.co.jp

リーフレット
https://prtimes.jp/a/?f=d90572-20211119-8d4732d4568afdcff71a6a7f747f5754.pdf

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。