予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

伊藤ハムの「まるでお肉!大豆ミートシリーズ」の一部商品にDAIZの植物肉「ミラクルミート」が採用、食感・味・香りに拘りおいしくリニューアル

DAIZ株式会社(DAIZ Inc.)のプレスリリース

 発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・生産するスタートアップであるDAIZ株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:井出 剛、以下「DAIZ」)の植物肉「ミラクルミート」が、伊藤ハム株式会社(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:柴山 育朗、以下「伊藤ハム」)が製造・販売する「まるでお肉!大豆ミートシリーズ」の一部商品の原料として採用されました。植物肉「ミラクルミート」を使った「まるでお肉!大豆ミートのハンバーグ」「まるでお肉!大豆ミートの肉だんご」「まるでお肉!大豆ミートのメンチカツ」は全国の量販店などで販売されています。

■「ミラクルミート」を使用した商品概要

商品名&内容量:まるでお肉!大豆ミートのハンバーグ 150g
価格:330円(税込)
商品特徴:柔らかく食べやすい食感に仕上げた大豆ミートのハンバーグを、赤ワインを使った旨みのあるデミグラスソースで煮込みました。お肉のような食べ応えに加えて「低コレステロール」となっており、 昼食や夕食のおかずにお薦めです。袋のまま電子レンジで加熱ができるので調理も簡単です。
https://www.itoham.co.jp/product/product/detail.html?pdid=1100
 

商品名&内容量:まるでお肉!大豆ミートの肉だんご 150g
価格:330円(税込)
商品特徴:ふっくら柔らかく仕上げた大豆ミートの肉だんごに、まろやかな甘酢あんを合わせました。お肉のような食べ応えに加えて「低コレステロール」で、5粒入り。主菜だけではなく、ちょっと物足りない時の副菜としてもお薦めです。袋のまま電子レンジ加熱ができるので調理も簡単です。
https://www.itoham.co.jp/product/product/detail.html?pdid=682

 

 

商品名&内容量:まるでお肉!大豆ミートのメンチカツ 200g
価格:430円(税込)
商品特徴:玉ねぎの食感が感じられる、大豆ミートのメンチカツです。お肉のような食べ応えに加えて「低コレステロール」の商品となっており、揚げ物の満足感を味わいたいけれど、健康も気になるという方にもお薦めです。
https://www.itoham.co.jp/product/product/detail.html?pdid=1099

※販売店舗:全国のスーパーマーケット、ドラックストア、など

■伊藤ハム株式会社 商品開発部よりコメント

 弊社は世界的食肉需要の増加と供給不足を見越し、2020年より家庭用および業務用向けのプラントベースフードを発売しています。食肉の代替として大豆たん白を主原料とし、食肉加工品で長年培ったノウハウを生かすことで、まるでお肉で作ったような食感・味・香りを目指し、バラエティーのある魅力的なメニューを作り上げています。昨今、プラントベースフードはよりお肉らしい品位が要求されてきており、弊社も常にさらなる品質向上を目指し開発を進めています。
 プラントベースフードにおいて品質の鍵となるのは主原料である大豆たん白であり、私たちはさまざまな大豆たん白を試していたところ、DAIZ社の「ミラクルミート」に出会いました。「ミラクルミート」はしっかりとした食感と旨み・甘味がありそのまま食べてもおいしく、味・食感において開発者一同が納得し「まるでお肉!大豆ミートシリーズ」への利用を検討した結果、製品の食感・味・外観において新たな表現ができるようになり採用を決定しました。「まるでお肉!大豆ミートシリーズ」のコンセプトである「まるでお肉のようなおいしさ!」をさらに向上するため、今後も「ミラクルミート」のバリエーション開発や進化を期待しております。

■DAIZ代表取締役社長 井出剛よりコメント

 この度は、全国に幅広く食肉加工品を展開されている伊藤ハム社の「まるでお肉!大豆ミートシリーズ」の原材料にDAIZの「ミラクルミート」が採用されましたことを大変嬉しく思っております。
 DAIZは、味や機能性を自在にコントロールする「落合式ハイプレッシャー法」や肉様の食感を再現する独自製法をコア技術とした熊本発のフードテックベンチャーです。事業成長戦略として、DAIZは日本が世界に誇る食品技術(フードテック)の結集「オールジャパン構想」を掲げています。これまでに様々な企業との提携を実現し、「ミラクルミート」の価値向上や植物肉文化の啓蒙に邁進してまいりましたが、この度、伊藤ハム社と一緒に取り組みをさせていただくことで、次世代の植物肉「ミラクルミート」をより多くの消費者様に召し上がっていただく機会をいただきました。
 持続可能な地球環境と、人口増加に対するタンパク質の供給のために、植物肉という新たな選択肢を設け、伊藤ハム社と協業することによりサステナブルな食文化を啓蒙してまいります。

■DAIZの発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」について

 DAIZは長年研究してきた独自技術により、従来の植物肉で課題とされていた、①味と食感に残る違和感、②大豆特有の青臭さや油臭さ、③肉に見劣りする機能性(栄養価)を解決し、美味しい植物肉の開発に成功しました。

<DAIZの植物肉「ミラクルミート」の特徴>

特徴1.原料に丸大豆を使用

 

 これまでの植物肉は、大豆搾油後の残渣物である脱脂加工大豆を主原料としていましたが、DAIZの植物肉「ミラクルミート」は原料に丸大豆を使用しています。さらに、オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減しています。

特徴2.旨味や栄養価を増大、肉様食感を再現する独自技術
 味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」*1で大豆を発芽させ、旨味や栄養価を増大させます。その発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)*2にかけ、膨化成形技術*3により、肉のような弾力と食感を再現しています。これらの独自技術により、異風味を低減した植物肉「ミラクルミート」を製造しています。

特徴3.独自製法による価格競争力
 旨味や栄養価が増大した発芽大豆を使用しているため、他の原料や添加物を何も足さずして、植物肉原料が完成しています。発芽タンクを用いた独自の製造プロセスにより、原価低減を実現し、牛肉・豚肉・鶏肉に対し、価格競争力があります。
 

▲DAIZの植物肉「ミラクルミート」の製造工程

*1 大豆の発芽中に酸素・二酸化炭素・温度・水分などの生育条件を制御し、酵素を活性化させることで遊離アミノ酸量が増加し、素材の旨味を引き出す栽培法。(特許第5722518号)
*2 食品加工時に使用される機械。材料に水を加えながら、高温下でスクリューで圧力をかけ押し出すことにより混練・加工・成形・膨化・殺菌等を行う装置。
*3 特許申請準備中。

■会社概要

 DAIZは、「落合式ハイプレッシャー法」をコア技術とした熊本発のフードテックベンチャーです。DAIZが開発・生産する植物肉「ミラクルミート」はこれまでに、大手ハンバーガーチェーンや、大手スーパー各社、飲食店などで採用された実績を持ち、味の素やニチレイフーズなどとの共同開発も進めています。また、2021年6月には、米国・ボストンにDAIZ初の海外子会社を設立し、欧米市場への進出の第一歩となりました。国内外のパートナー企業との提携により、「ミラクルミート」の価値向上を図ると同時に、美味しい植物肉の普及を通じて、グローバルの共通課題となっている地球温暖化やタンパク質危機などの解決に寄与してまいります。

 商号:DAIZ株式会社(https://www.daiz.inc/
代表者:代表取締役社長 井出 剛
所在地:〒860-0812 熊本県熊本市中央区南熊本五丁目1番1号 テルウェル熊本ビル4階
設立:2015年12月1日
資本金:14億6,536万円 (累計資本調達額:42億円)
事業内容:発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」及びその他の植物性食品の開発・生産及び販売

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。