予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

一年のしあわせと健康への願いを込めて、海老せんべい〈ゆかり〉を奉納。

株式会社坂角総本舖のプレスリリース

株式会社坂角総本舖(本社:愛知県東海市、代表取締役:坂泰助)は、2021年11月17日(水)に、
名古屋東照宮にて海老せんべい〈ゆかり〉の奉納を行いました。
※写真右上の黄色い寅型の箱は、12月16日(木)発売予定の年賀限定パッケージ入り〈ゆかり〉。

海老は目が出て「めでたし」、長い髭を持ち腰の曲がった姿から「長寿」の象徴とされています。縁起の良い海老を1枚にたっぷり7尾使用した海老せんべい〈ゆかり〉に、一年のしあわせと健康への願いをこめました。
長引くコロナ禍の不安がぬぐい切れない日々ではございますが、どうかみなさまが、健やかで幸福な年末年始を迎えられますように。

 

  • 株式会社坂角総本舖について

坂角総本舖は、始祖・坂 角次郎(ばん かくじろう)の姓と名をとり、1889年(明治22年)に横須賀(現在の愛知県東海市)で創業しました。
江戸時代に徳川家へ献上されていた「えびはんぺい」に創意工夫を重ねて生み出した海老せんべい「ゆかり」を中心に、自然の恵みを生かしたお菓子づくりをしています。

 

創業年は名古屋の市制開始と同年で、名古屋の町とともに歩んで参りました。
 

  • 名古屋東照宮について

鎮座地:愛知県名古屋市中区丸の内2丁目3番37号
神社名:東照宮(旧 県社)
祭 神:贈正一位太政大臣 徳川家康公
由 緒:社に奉斎する家康公は尾張徳川家中興の祖にして、名古屋の地を開き、城を築いて第九子義直公(尾張藩祖)を以て始めて居城せしめられ、名古屋開府の祖神にし恩神でもあります。
※尾張の初代藩主・徳川義直公が、名古屋の町をつくり上げた父親・家康公の三回忌に名古屋城三の丸に創建。久能山・日光に続いて三番目に作られた東照宮。現在の社殿は愛知県の重要文化財。
 

  • 奉納した商品のご紹介

〈ゆかり〉干支ノ箱BIG[寅]

発売予定日:2021年12月16日(木)
内容量:〈ゆかり〉干支ノ箱[寅]×5箱入り ※海老せんべい〈ゆかり〉80枚入り
価格:6,912円(税込)
取り扱い店舗:オンライン通販はじめ19店舗を予定
賞味期限:製造日より60日
一日にして千里を行き帰る、強い生命力で厄除け魔除けと言われる、来年の干支・寅(とら)をデザインいたしました。

 

  • その他・年賀限定商品のご紹介

 

〈ゆかり〉干支ノ箱[寅]

内容量:ゆかり8枚入×2袋
価格:1,382円(税込)
取り扱い店舗:オンライン通販、直営店舗、百貨店等を予定

 

 

〈さくさく日記〉[セット]

内容量:さくさく日記[海老]6袋入×1箱&さくさく日記[帆立]6袋入×1箱  
価格:1,296円(税込)
取り扱い店舗:オンライン通販、直営店舗、百貨店等を予定

 

 

 

 

〈ゆかり〉慶ノ箱[寅] 

内容量:ゆかり×18枚  
価格:1,620円(税込)

取り扱い店舗:オンライン通販、直営店舗、百貨店等を予定

 

 

〈ゆかり〉慶ノ箱[寅]

内容量:ゆかり×24枚  

価格:2,160円(税込)
取り扱い店舗:オンライン通販、直営店舗、百貨店等を予定

 

  • 【会社概要】

会社名:株式会社坂角総本舖(ばんかくそうほんぽ)
所在地:愛知県東海市荒尾町甚造15‐1
代表者:坂 泰助(ばん たいすけ)
創業:1889年(明治22年)
URL:https://www.bankaku.co.jp/
事業内容:海老せんべいの製造販売
 

  • 【お客様からのお問い合わせ先】

お客様相談室
TEL:0120‐758104

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。