予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

ゴディバの新業態「ゴディバカフェ」誕生から1周年を記念し、ゴディバカフェオリジナル限定品のハニーベアを発売

ゴディバ ジャパン株式会社のプレスリリース

ゴディバ ジャパン株式会社(東京都港区)は、昨年11月26日に新業態である「ゴディバカフェ」を東京駅にオープンし、この度1周年を迎えました。これを記念し、ゴディバカフェのグッズとして「Honeybear(ハニーベア)」をオリジナルで制作。1号店である東京店にて11月26日より先行販売し、12月10日より全店にて取扱をスタートいたします。

ゴディバの新業態として誕生した「GODIVA café」は2020年11月26日に1号店を開業し、これまで都内に5店舗(東京・飯田橋・銀座・みなとみらい・日本橋)を出店。11月30日には大宮店のオープンも控えています。日常の中でゴディバを体感いただく場として、セルフサービススタイルで、コーヒーやチョコレート、カカオを主役にしたメニューを数多く取り扱っています。この度、昨年の1号店開業から1周年となることを記念し、新たなオリジナル商品をご用意いたしました。
 

ハニーベアとは?
身長6.5センチ。手のひらにおさまる小さなクマ「Honeybear(https://honeybear.jp/)」は、幼い時に遊んだおもちゃの思い出をもう一度楽しむように、今、大人たちの間で絶大な人気を誇っています。このハニーベアとコラボレーションし、ブルーのハニーベアをゴディバカフェオリジナル限定品として制作いただきました。

ハニーベアの全身には「フロッキー加工」が施され、ふわふわと柔らかさを感じる見た目と触り心地が特徴です。頭、手、足の関節が自由に動くので思い通りのポーズをとることができます。また、愛らしく豊かな表情を出すために、貴重な極小サイズの「活眼」を使用し、横に寝かせたときには目が閉じるようになっています。足の裏にはゴディバカフェのロゴとハートマークも印字され、座った時に見えるようなデザインになっています。表情やカラーバリエーションが豊富なコレクションフィギュアとして、子供から大人まで楽しめるのが人気の秘密です。
一見同じ顔のようですが、今回はミモザ・レンゲ・クローバーと3種のハニーベアをご用意しました。
 

  • 【商品概要】

■名 称:GODIVA café Honeybear (ゴディバカフェハニーベア)
■種 類:ミモザ・レンゲ・クローバー ※銀座店はミモザ1種のみの販売
■価 格:2,500円(税込)
■発売日:2021年11月26日
■取扱店:東京店で上記日程より先行発売。他店舗は12月10日より取扱開始(なくなり次第終了)
 

ミモザ(中央):元気で思いやり溢れるミモザ。 ぷっくりとした開いたお口が特徴。
レンゲ(右): しっかりもので安らぎをくれるレンゲ。シュッとしたスマートな顔立ち。
クローバー(左): 甘えん坊だけど寄り添ってくれるクローバー。ギュッとつむった口にまん丸の顔が愛らしい。
 

  • GODIVA cafe店舗概要

GODIVA café Tokyo
〒100‐0005東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅構内地下1階 グランルーフ フロント内
GODIVA café ecute EDITION飯田橋
〒102-0072東京都千代田区飯田橋4-17-27JR飯田橋駅構内 ecute EDITION飯田橋2F
GODIVA café Ginza
〒104-0061東京都中央区銀座4-1 丸の内線銀座駅構内 Echika fit銀座
GODIVA café Minatomirai
〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-4 みなとみらい東急スクエア ステーションコアB3F
GODIVA café Nihonbashi
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-3-13東京建物日本橋ビル1F
GODIVA café Omiya
〒103-0027 埼玉県さいたま市大宮区錦町630 J大宮駅構内ecute大宮 M2階

URL:https://www.godiva.co.jp/cafe/
Instagram:https://www.instagram.com/godivacafe_jp/
問い合わせ:info.godivacafe@godiva.co.jp

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。