予約困難な名店から隠れた名店まで、国内各地の飲食店からお取り寄せ「食べログモール」

詩情の泰州 四季の温情

CRI Jiangsu Channelのプレスリリース

泰州の四季は温情で詩情豊かです。春には長江の南岸が緑に染まれ、芳しい桃や柳の香りがあります;夏には百里の堤防、万ムーのハス池があります;秋にはいたるところに稲の花、黄金色のイチョウがあります;冬には栄養を養うのが最も時宜を得ています。

春の風景
三月に入り、菜の花のつぼみが現れ初め、山積み畑は徐々に黄金色に染まれました。興化千積み景勝地では、花が咲くたびに、見渡す限り光彩の流れがちらつき、吹き流れる波が金色の海となっています。桃園は桃に因んで名づけられ、百種類以上、三千六百本以上の桃の花が植えられています。陽春の三月、桃の花が次から次へと満開になり、清新で艶やかな色彩と真っ白な壁、青や黒の瓦が1枚の美しい絵巻を構成しています。天禄湖畔の桜は、雲や霞のように熱烈に燃えています;泰州職業技術学院内の桜の花びらは、夢や幻のように風に吹かれて舞い上がります。市街地の文昌閣で散策すると、満開の桜と古風な建物が互いに照り映え、その美しさははばかることなく、都市に少し古典的で上品さを添えています。溱湖の両岸に柳の新芽が膨らみ始め、春先の最初の早緑に貢献しています。何本かの柳は再び木陰を広げて整然としており、糸が風になびいて春の色に染まられ、酔うような風情があります。細長く垂れ下がった枝が風になびき、一面の湖の春水をかき乱します。興化李中水上森林では、木の上に鳥の巣が密集し、鳥の声がチューチューと鳴り響きます。

世間の四月、日光がほんのりと酔っており、歩くたびに風景が違い、限りなき風光ばかりです。溱潼古町のツバキは赤い花を咲かせ、広漠たる溱湖に無数の渡り鳥を舞い込んできます。鳳城の川沿いをぶらつくと、耳元に鳳楼から祈りの鐘の音が聞こえます。琴・瑟・笙・簫、陳庵の水亭で孔尚任の『桃花の扇』が上演され、梅園の真っ白な壁と青や黒の瓦からまろやかで婉曲な『酒に酔っ払い貴妃』が飛び出します。昆曲は北京なまりと遠くから向かい合って呼応し、桃園の緋色の木全体と梅園の一池の春水を酔いしれます。泰州梅蘭芳記念館を歩くと、春風が暖かく、花の枝がそっと揺れ、庭中の香りが漂います。紅梅、白梅、ピンクの梅、色とりどりの梅のつぼみが非常に華麗で、周囲のあずまやや楼閣と互いに引き立て合って風情を添えます。バラの花がふさふさして群生し、鐘楼巷の民家の門前に咲いています。永定快速道路のバラは隔離柵に絡みつき、美しい花の壁を作っています。

夏の気配
川は天地の外へ流れ、夏の色はその中に尽きます。泰州の長江沿いの生態回廊に川風がそよそよ吹き、高港江畔の春江花月夜公園は夏の夜の納涼や体を鍛えるのに良いところです。

泰興の長江生態回廊は、たくさんの緑を繋ぎ、すでに徐行遊歩道、親水スタック及び湿地公園が建設されいます。ますます多くの人がここに来て川の景色を見たり、川風に吹かれたり、川の波を聞いたりしています。生態修復された靖江長江の海岸線は、空から見ると、まるで翡翠のネックレスのようです。牧城生態園は江畔の真珠で、川の水と緑の植生がシームレスに繋がり、川風が涼しげな水気を含んで顔に迫ってきます。

水は城を取り込み、城は水を枕にし、涼しい水気や清々しい水色で、どんなに暑い夏の日もそう耐えられないでしょう。江蘇省初の湿地公園–溱湖は国家5Aレベルの景勝地です。縦横に交差する川の流れは、さらに人々を静かで涼しい境地へと導きます。

高港の鳳栖湖は寺院に隣接しており、朝の鐘や夕の太鼓、禅の心は清幽です。霧雨の後、服が濡れそうになります。夏日に湖畔を散歩すると、波がかすかに揺らぎ、涼しいばかりです。

2019年、泰州市全体で3.6万ムーの造林を完了しました。堀の横にある人民東路は、特に恋するのに適しており、「恋人の道」という名が付けられています。数十年に亘って養われてきた街路樹は濃密な陰を支え、乾いて暑さをろ過し、暑気を取り除いてくれます。興化李中水上森林は全省最大の人工生態林です。強い日差しに照らされ、その水に潤われた緑はいっそう青々としているように見えます。幽玄な緑からにじむ出るその涼しさは、竹のいかだの下のせせらぎのように肌を透かします。樹齢100年以上の銀杏3800本余りを擁する宣堡古銀杏森林公園は、夏になると枝や葉が茂り、濃い緑に覆われ、多くの撮影愛好家の人気スポットとなっています。1200ムーの敷地を占める興化万ムーのハス池景勝地に、繋がるハスの葉が果てしなく広がり、幾つものハスの花が互いに美しさを競っています。その中で舟を漕ぐと、ハスの風がさわやかになり、ハスの香りが鼻をつきます。水が悠々としており、緑が悠々としており、まるで李清照氏が書いた「うっかりハスの花の奥に入った」かのような境地です。

秋の味わい
泰州の秋は、この世で最も美しい色をコレクションしています。十月の黄金の秋、稲の香りが漂います。そよ風が吹いて金色の波が立ち上がりました。バニラ湾、天徳湖、フェニックス川沿いでは、広いファンデルが満開期を迎え、秋風に吹かれてピンクの花穂が合わせて揺れ、煙のように砂のようになっています。興化千積み景勝地の中心エリアに植えられた1000ムー以上のフレンチマリゴールドが互いに争って咲き乱れています。靖江市西来鎮封家村のヒマワリの花の海が見頃に入り、太陽に向かって生い茂っており、美しすぎて一度に鑑賞しきれません。泰州の道を歩いていると、至る所にモクゲンジの枝の先端に赤い実が見えます。それは、一くし一くし鈴のようでもあり、小さな提灯のようでもあり、盛り上がった「秋の色」を呈し、都市に色鮮やかな魅力的な景色を添えます。

泰州の秋の空、青空が洗われたように澄み渡り、白雲が綿のようで、青空と白雲の下の泰州城は格別に美しいです。絶景の「クリスタルスカイ」の背後には、泰州のより良い生態環境の質があります。泰州の秋の夕焼け、夕暮れ時の都市は黄金色に包まれ、美しい雲が空をひときわ華やかに彩っています。

冬の養生
春に生まれ、夏に成長し、秋に収穫し、冬に蓄えます。時はすでに初冬で、万物が休養状態に入り、ちょうど一年の中で養生と滋養のよい季節です。早朝、味蕾を呼び起こした泰州の朝茶は、新たな一日に元気をもたらしてくれます。この単調で凡庸な日々の中で、平凡さを詩情あふれる美味に変えます。

「口に入ると濃厚で、腹に入ると胃腸に潤いを与える」、煮込んだ魚のスープはミルクのように色が白く、肥えていても飽きず、新鮮で生臭さがありません。滑らかな麺を刺し、まろやかな魚のスープを飲むと、爽やかな味わいが心を包み込み、食客達に温もりを与えてくれます。靖江のカニショーロンポーはこれまで200年近くの歴史を持ち、かつて『舌の上の中国』に登場したことがあります。蒸したショーロンポーは真っ白で透き通っており、皮が紙のように薄く、ほぼ透明です。少し動かすと、中の汁がふわっと揺れるのがわかり、吹けば破れるようなデリケートな感じがします。

寒い冬日には、池いっぱいの温泉水に横になり、湯気が立ち込めて全身をリラックスさせ、気持ちを落ち着かせるのに最適です。国内では珍しい「三元温泉」は、1800メートルの湿地の深部から湧き出ています。50余りの特色ある温泉プールが草花と樹木の間に点在し、様々なファンシーな温泉の入浴方法を体験することができます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。